BORA クリンチャーシリーズ

2170
Campagnolo情報 15年05月22日

ボーラ・クリンチャー
新しいボーラ・クリンチャーの登場です。
カンパニョーロは 2015 ボーラ・ファミリーのリリースに引き続き、ライダーの大きな要望に応え、パフォーマンス・
ホイール・ラインの最新モデルを発表します。
カンパニョーロのボーラをここであらためて紹介する必要はないでしょう。すべてのライダーがその優れた性能を
知っているはずです。プロフェッショナル・レースで最も数多くの勝利を挙げたホイールのひとつであり、決戦ホイー
ルとして多くの人の羨望を集めてきたボーラ。そのボーラが性能、信頼性、機能の面で、さらに大きな進化を遂げま
した。
これまでのボーラは、最初期モデルから継続モデルまで、すべてがチューブラー・バージョンでした。チューブラー・
ホイールはプロフェッショナル・ライダーにとって信頼できる選択肢である一方、サポート・カーが後ろにいない一
般のライダーにとっては、クリンチャー・ホイールよりも少し使いにくい部分がありました。しかし、カンパニョー
ロのエンジニアたちは地道な努力を積み重ね、ついにボーラのクリンチャー・バージョンを世に送り出したのです。こ
れからはもうタイヤの心配をすることなく、ボーラ・ファミリーのパフォーマンスを享受することができます。
35 mm と 50 mm、2 つのプロファイルを持ったクリンチャー・バージョンが加わり、カーボン・ホイールの卓越し
たパフォーマンスを自由に選択することができます。ハイペロン、ボーラ 35、ボーラ 50 で、ロード・レース用リム・
プロファイルの大きなシェアを獲得していますが、クリンチャー・タイヤの安定した性能も大きな選択肢のひとつに
なりました。
新しいボーラ 35 とボーラ 50 は、クリンチャー、チューブラーともに C 17 のワイド・リムを採用しています。徐々
に人気が高まっている大きな径のタイヤを装着することができ、エアロダイナミクスの恩恵を受けることができます。
24 mm のワイド・リムは剛性が大きく向上し、ロードでの走
行性能はさらにアップしました。
リムのブレーキ面には 3 Diamant テクノロジーを採用し、ウ
エット・コンディションでもドライ・コンディションでも、プ
レーキ性能は大きく進化しました。3 Diamant のブレーキ面
は、カーボン・ホイールでありながら、アルミ・ホイールと同
等の確実な制動力を発揮します。
ボーラ・ウルトラ、ボーラ One ともに、35 mm と 50 mm の
プロファイルが用意され、ライディング・スタイル、走行条
件、予算に応じたモデルが選択できます。

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る