FARNA SL-ULTEGRA<ミッションはアルミの常識をくつがえすロードバイク>

1296
KhodaaBloom情報 17年04月04日

アルミロードバイクの特徴は優れた加速感や剛性感がある一方で、
重量や快適性はカーボン等に譲っていました。
近年それらを兼ね備えたアルミロードバイクが次々に生まれている中、
やはり日本人にとっては乗り心地が厳しいという声もあります。
基本的に海外製品はその国のライダーが基準に開発されています。日本人がそんなロードバイクに乗って、ライダーとバイクそれぞれの能力を最大限引き出せるのでしょうか?


日本人にはアルミロードバイクよりも、振動吸収性に優れていて軽量な
カーボンロードバイクがフィットする傾向があります。
しかしながら、スポーツバイクに乗る多くの人にとってカーボン素材は高価で、
より扱い方に繊細さが必要になるハードルが高い素材ということもまた事実です。

KhodaaBloomがFARNA SLに追い求めた思い、それは日本人に最適な剛性を守りつつ、
高性能の実現、軽量化の追求、長距離を走れるしなやかさを手に入れること。
そして機材として求めやすく、使いやすい点まですべて妥協しないことです。


<FEATURES>

FARNA SLは、最高峰のアルミフレーム技術である
EAST SL (Ex-Aluminum Shaping Technology Super Light) を用いた
超軽量アルミフレームのロードバイクです。
フレーム単体1100gという圧倒的な軽量性を活かし、リアセンターを405mmと短く設計することで
レーシングバイクとしての反応性を追求しています。
加えて、軽量性と振動吸収性を兼ね備えたカーボン製上下異径フロントフォーク・シートポストを
採用することでシマノULTEGRA仕様完成車重量は7.4kg、シマノ105仕様完成車重量は7.8kgと
カーボンロードバイクに匹敵するアルミロードバイク”世界最軽量”※を実現しています。


また、汚れ防止やスッキリとした外観につながるワイヤー内装式を採用しながらも、
日本人向けの右前ブレーキ・左後ブレーキに対応したスムーズなルーティングが操作性の向上に貢献します。
軽量性を追求する一方で乗り心地や操作性に配慮し、コンポーネントは全てシマノ製ドライブトレインで統一、
レーシンググレードタイヤのMAXXIS COLUMBIEREを標準採用しており、
納車状態のままで長く安心して使えるスペックに仕上がっています。


■FARNA SL-ULTEGRA
メーカー製品情報ページはこちら(リンク先:http://khodaa-bloom.com/bikes/farna/farna_sl_ultegra/)
¥230,000 (税抜) 完成車重量7.4kg

※FARNA SL-ULTEGRA:国内で販売されている完成車アルミロードバイクにおいて。
(2016年9月現在 メーカー調べ)

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る