新型Madone SLR

441
TREK情報 20年07月24日

2021年モデルの新型Madone SLRは、見た目は変わりませんが、中身が大幅にアップデートされます。

Project Oneでの受注開始は7月17日からとなり、同時に他のモデルも含め、Project Oneが2021年のカラーパレット、新しいペイントスキーム、新型ホイールなどのオプションが選択可能となります。

自転車, 座る, 駐車, 大きい が含まれている画像

自動的に生成された説明自転車, 屋外, 座る, 駐車 が含まれている画像

自動的に生成された説明



1. OCLV 800を採用

Émonda SLRで話題になったOCLV 800シリーズカーボンをMadone SLRに採用します。これにより、前作比でフレーム単体で80gの軽量化を果たします。



2. T47 BBを採用

Domane、Émondaとカーボンロードで採用しているT47 BBをMadoneにも採用します。



3. 47cmを追加

以前から強い要望を頂いていた47cmサイズのMadone SLR Discが追加されました。



4. チーム仕様の完成車で最高450gの軽量化

フレーム単体では80gの軽量化ですが、下記のアップデートによりエアロ性能を変えずに450gの軽量化を達成しています。



重量減のブレークダウンは以下の通り

・新しいOCLV 800を使用したフレーム -80g

・新型Aeolus RSL 37 ホイール(XXX 4とほぼ同等の空力性能) -100g

・新型Aeolus RSL Bar/Stem(Madone専用2ピースハンドルバーとほぼ同等の空力性能) -160g

・塗装の軽量化によりチームカラーのフレームを軽量化 -50g

・SRAM DUB クランクの採用 -60g



■塗装の軽量化について

男女両方のチームペイントにスモークカラーと呼ばれる色付きのクリアコートを採用することでペイント重量を50g軽量化しました。

DomaneやÉmondaのチームペイントもスモークカラーを採用し、こちらも軽量化に寄与しています。スモークカラーを使ったProject Oneカラー選択でも軽量化となります。

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る