注目のロードシューズ! ミドルグレードの最新モデル「RC3」

2955
SHIMANO-WEAR情報 20年08月04日

シマノフットウェアは、多くのライダーの足を測定し、膨大なデータに基づき開発されています。注ぎ込まれた様々なテクノロジーは、足とシューズを理想的なポジションへと導き、ペダリングパフォーマンスが向上します。シマノのロードシューズはRC(Road Competition)モデルとしてラインアップされており、フラッグシップモデルで培われたテクノロジーは他のモデルへと継承されています。


新しく発売されたミドルグレードのRC3は、フラッグシップモデルのテクノロジーが採用されただけではなく、新たに独自の機構も取り入れました。最大の特徴はBOA®ダイヤルの位置。オフセンターフラップにL6ダイヤルを配置したことで、シューズ全体を締めつけることが可能となります。また合成皮革にパーフォレーション(穴あけ加工)を施したコンポジットアッパーを採用することで、軽量でしなやかなフィット感を生み出しています。


ワンピース構造で一体化されたサラウンドラップ構造のアッパー、スタックハイトの低いシームレスミッドソール構造といった、フラッグシップモデル「S-PHYRE RC9」で採用されているシマノ独自のテクノロジーをRC3にも搭載。RC3が「S-PHYRE RC9」の直系モデルであることを物語っています。

一覧へ戻る


LINE相談

Pageの先頭へ戻る