ブレーキシューの細かな違い….「Vブレーキ編」

101524
大阪本館】 15年10月25日

IMG_8196

 

上記のブレーキシュー2つですが違いがわかりますでしょうか??

 

 

 

色が違う??

 

 

 

形が違う??

 

 

 

価格が違う??

 

 

 

適応するキャリパーが違う??

 

 

 

実はどれでもなく…

 

 

 

 

スクリーンショット 2015-10-25 0.50.48

 

 

 

 

ほんの少しだけ型番が違います。

 

 

 

SHIMANOさんのカタログより抜粋しましたがSHIMANOのVブレーキシューは下記のような種類があります。

 

 

 

ブレーキシュー2

 

 

 

 

今回の写真左のM70T4はサイドがシルバーで切削加工されているホイール《SHIMANOのホイール等》に対してウェット時によく効きリムに優しく音なりもしづらいです。

 

 

 

写真右のS70Tはドライでは制動力が高いですが消耗が比較的早めです。

 

 

 

このように同じように見えて実はかなり種類が豊富なSHIMANOのシューです。

 

 

 

作業スタッフ的にはM70T4が全天候型で磨耗も少なくホイールへの攻撃性も少ないため非常にオススメです。

 

 

 

また音鳴りも発生しにくいです。

 

 

 

M70T3やS70T等は制動力は高めですがシューの減りがM70T4に比べ比較的早くなりますので制動力を重視する方以外はM70T4がオススメです。

 

 

 

またM70T2,M65T,M55T等は現在一般的に販売されているVブレーキとは互換性がなく少し特殊な商品になります。

 

 

 

現在販売されているクロスバイク等に使われているVブレーキと互換性のあるブレーキシューはSHIMANOではM70T3,M70T4,M70W,S70T,S65Tです。

 

 

 

基本迷ったらM70T4で間違いなしです!!

 

 

 

大阪本館では主にM70T4を在庫しております。

 

ちなみに説明文中に登場しているDIN規格とはドイツの工業規格なんだそうです。

 

以上普段あまり触れることのないVブレーキシューに関する情報でした。

 

 

定休日設定ブログ用

2015.10.24 takuya okumura

 

一覧へ戻る

オンライン


たくさんのキャンペーン実施中!


スマトレKIT

Pageの先頭へ戻る