【比較してみた】ブレーキの船はどう違う?(主に重さ的な意味で)

14165
船橋店】村松 太陽 16年01月06日

br1

シマノのブレーキシューセット(船付き)は上記写真のラインナップがあります。

 

すべて[R55C4(BR-9000)]と表記されて色が違うくらいにしか見えません。

 

しかしウラを見てみると、

br2

br3

br4

デュラエース・アルテグラ・105とグレードごとにきっちり分かれています。

 

シューは同じ物採用しているので違いは船の部分。

 

素材・表面処理・加工の違いがグレード差になっています。

 

ちなみに具体的なことに関しては企業秘密だそうです。

 

価格は、

○Shimano    BR-9000 R55C4    ¥3,080+税

○Shimano    BR-6800 R55C4    ¥1,410+税

○Shimano    BR-5800 R55C4    ¥1,292+税

となっています。

 

わき道にそれますが、シューのC4というのはダイレクトマウントブレーキ対応になっています。旧式のC3はシュー前方に溝が無く比対応になっています。

 

 

 

 

さて値段の差を具体的に見て活きたいと思います。

長いです。過分に自己満な内容なので役に立つかは不明です。それでもよろしければ↓

 

手持ちが無かったので比較がBR-9000とBR-5700とサードパーティとしてBBBのTECHSTOPの3つです。

 

まずはBR-5700。

5800とほぼ同じかと思われます。

br5

参考までにシュー付き、新品状態。

 

br6 

船だけ、オーソドックスな形です。

 

br7

シューストッパーのねじ1g。

 

br8

固定ねじ10g。

 

br9

船本体15g。

 

合計26g。

 

 

お次はBBBのTECHSTOP。

購入当時前後セットで5000円くらい。

br10

こちらも参考でシュー付き新品。

 

br11

船だけ、軽量化と冷却効果狙ってと思われる肉抜き。

 

br12

コンマ以下なしの計りだと表記出来ない。

 

br13

固定ねじ、8g。

 

br14

船本体、10g。

 

合計18g。

 

 

最後にBR-9000。

br15

カーボン用シュー入れているのでこのままだと比較にはならない。使用中のもの。

 

br16

使用しているので汚くてすみません。BR-5700と形状は同じだが、中央に溝があり軽量化してある。BBBの穴あき場所と同じなので強度的に削れる場所なのだろう。

 

br17

 シューストッパーねじ、BBB同様計測不能。まぁ1g以下は軽量化マニア出なければ不要な数字かと。。。そこまでこだわった軽量バイク組んでみても面白いかもしれませね。いつかやろう。

 

br18

固定ねじ6g。

 

br19

船本体、汚れが目立つ8g。

 

合計14g。

 

結果はデュラエース万歳!ってことですね。

ではなくてぱっと見同じで値段がだいぶ違いますがそれだけ違いがありますよということでした。

 

シマノさんが教えてくれなかったので)憶測ではありますがデュラの固定ねじはチタン素材ではないでしょうか?アルミなどを使っても軽くなりますが、命を預けるブレーキの固定なので強度もしっかりしているチタンが安心ですかね。

また位置調整機能を省いてたりするのもありますがそれもシューのあたりがうまくいかないと効きに影響出るのでやめといたほうがいいですね。

 

 

一覧へ戻る

newポータルサイト

.

福袋予約受付中!!

福袋予約

.

福袋店頭受け取り特典

.

たくさんのキャンペーン実施中!

スマトレ

Pageの先頭へ戻る