【お客様の1台】DE ROSA×PININFARINA=SK

2857
福岡天神店】嘉悦 賢 16年03月01日

IMG_2135

 

 2016 DE ROSA 話題のSK。

先日バラ完で組みあがりました。

まさに工芸品です!

T様、この度は当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

 

IMG_2147

DE ROSA / SK pininfarina Blue Gold Glossy

 

 

 

昨今注目が集まっているエアロロード、デローサが手掛けるとこんな斬新なフレームに仕上がっています。

 

各社、空力では大きなノウハウを持つ様々な自動車メーカーと協力していますが、デローサはあのフェラーリをはじめ船舶や家具、オリンピックの聖火台まで、多くの美しく斬新なデザインを手掛けてきたピニンファリーナとタッグを組みました。

 

SKはその両者のノウハウと経験が活かされ、イタリアンな美しさまで備えた車体です。

 

IMG_2142

 

このお客様の1台は日本限定カラーBlue Gold Glossyです。

 

IMG_2130

 

IMG_2144

 

 

IMG_2131

 

 

最も印象的な箇所はタイヤに覆い被さるようなシートチューブでしょう。

ぎりぎりまで詰めたリアタイヤとのクリアランスはスムーズな空気の流れを促し、ダイレクトマウントブレーキと臼式シートクランプもエアロ効果に貢献。

チェーンステーはわずかに屈曲しており、快適性の向上が見て取れます。

 

 

IMG_2136

 

IMG_2134

 

素材は60T,40T,30T,24Tの4種類を剛性、快適性それぞれ求めるところに適材適所に配置。

見た目はかなりスパルタンな印象を受けますが、約6割がT800カーボンが採用されていることから、様々なインプレでもあるように剛性一辺倒でなく良質なバランスを備えている印象を受けます。

 

また3Dプリントを使用した特殊なINNER MOLDTOOLINGという製法で成型することで先代のSUPER KINGより15%の軽量化としています。

ただ、ホリゾンタルに近いジオメトリーという点ではSUPER KINGの後継と言えるものの、キャラクターは異なるようです。

 

フロントフォークはとても薄く、ダウンチューブと共にカムテール形状でピニンファリーナの風洞実験施設でのテストを重ねられた結果、正面、横方向の風に対しても空気抵抗を減らす設計に。

トップチューブは上面は水平となっており空力効果が見込め、個人的にはトップチューブラインのスマートさもポイント高いです。

 

BBは386EVO規格採用で幅いっぱいに広げられ、なめらかなデザインで空力と剛性両方を高めた設計に感じます。

少しだけ見えるアルマイトブルーのBBはSUGINOのセラミックタイプのBBでスムーズで抵抗の少ない回転で快適なペダリングを可能にします。

 

IMG_2133

 

 

 

コンポーネントはULTEGRAで必要十分な快適な操作が可能。

ホイールはまだまだグレードが上がっていくことでしょうが、SCIROCCOにPRO4で小気味良い加速が楽しくなると思います。

バーテープとサドルはfi’zi:kで合わせて性能は第一に見た目のスマートさも考慮して決定。

特にサドルのVERSUSシリーズは穴あきではなく溝加工されており、中央がくぼんでいることに対する違和感を感じずに快適さを感じていただけると思います。

 

総重量は7.7kgでした。

電動化も対応していますし、まだまだカスタムの余地があり、カスタム方面でも楽しんでいただけると思います。

ぜひ、またご相談ください。

 

 

現在、店頭にはBlack Red Matte サイズ48(身長165cm前後対応)を在庫しています。

ご興味のある方は是非1度店頭でご覧になってください。

 

ご来店お待ちしております。

 

 

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る