ヘッドパーツのガタ解消の落とし穴【キャノンデールオーナー必見】

15486
志木店】野澤 伸吾 16年05月14日

 

 イベント参加で 事前に車両チェックある場合

   イチバン指摘を食らうのは・・・・・

 ヘッドパーツのガタなんですね。

1-2F2A4310_R

  一部のアンカー&トップキャップのタイプは

 【キャノンデールとかFSAね】

 ヘッドパーツのガタを 

      解消しようとトップキャップだけを締めちゃ駄目

  何故かというと・・・・

1-2F2A4313_R

    ↑ この システムなので・・・

 

   トップキャップ【6mm】 を締めると

  確かにヘッドパーツは圧縮するのだが・・・

1-2F2A4315

 それだけを続けると・・・・

 

 5mmでの増し締めされない場合、

 アンカーの固定力よりも

 引き上げる力が勝ってしまい圧縮しながらも 

      アンカーがせり上がることがある

 

1-2F2A4316_R

 ↑黒いトップキャップとアンカーが接触

つまり ネジが底着きします

1-003_R

   も ~ これじゃ

ヘッドパーツをプリロードできません。

★この状態で更に回すと固く固着し

  アンカー部を万力に固定しないと 復旧できないよ

 なら  どうするか?

1-2F2A4314_R

    まずは 一旦 5mmでアンカーを緩め

    【反時計回り】  この部品を取り外し

   6mmを反時計回りに回し ストロークを稼ぎ

  ③  部品を元の位置に戻し 【グイッと押し込む】

  ④  5mmを 締めてアンカーを広げて

  ⑤   トップの6mmを締めこむ 【時計回り】

 

  はい そんな感じです。

 要注意!  by野澤

  

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る