【お客様の1台!!】バラ完の神髄、ここにあり!こだわり満載の一台ができました! 〜LOOK 675 LIGHT〜

1265
名古屋本館】鈴木 幸貴 17年03月20日

【Y's Road名古屋本館】

kako-KurG2CgNMWU6wbMc

 

 

どうも。

スズキです。

 

 

 

早いもので2017年を迎えてから3ヵ月が経とうとしています。

3月も後半ですから当たり前っちゃ当たり前なんですが、

ここ最近急にあたたかくなってきましたね。

今日なども最高気温18℃まで上がったとかなんとかで、

いよいよもって本格的なの訪れを感じます。

 

 

そうなってくると、もう、

自転車ッ!!! 乗らずにはいられないッッ!!!

 

 

というわけで(?)

今回の

お客様の一台

は、

 

そんな春に向けて新調されたお客様のニューマシンをご紹介致します!!!

(実は1ヵ月ほど前に納車していたのですが、諸々あってUPが遅れてしまいました…)

 

 

IMG_3022

LOOK 2017 “675 LIGHT UD”

(w/Campagnolo CHORUS + SHAMAL ULTRA Wheels)

 

 

 

我々名古屋本館のバラ完コーナーを代表する人気ブランド

looklogo

 

その中でもベストセラーと言えるのが、

レーシー・エンデュランスバイクと位置づけられるこの675 LIGHT

2013年のデビュー当時はその先鋭的なルックスゆえにかなり話題沸騰でした。

 

今期は新色として投入されたレッドが大注目!!!

ここまで潔い赤は最近のLOOKでは無かったですからね。

 

 

今回はコレをCampagnoloのコンポーネントで組みます。

悩みに悩まれましたが…

IMG_3028   

 

IMG_3033

 

IMG_3034

 

IMG_3039

上位グレードのCHORUSをフルでアッセンブル!

カンパならではの、機械式ながら多段シフトアップ操作が可能なULTRA-SHIFTはこのCHORUSより上のグレードにしか採用されていませんので、よりカンパらしい操作感を味わうという意味では大正解のチョイスです。

 

 

そしてホイール。

こちらも結構最後まで悩んでおられましたが…

 

IMG_3035

「アルミリム・クリンチャーホイールの最高峰」

SHAMAL ULTRAにけってーい!!!

 

IMG_3041 

将来的には、チューブレスタイヤにも興味がある…ということで2-WAY FITを選択。しかし初めはクリンチャーで、

 

選んだのは当店でも現在プッシュ中の

IMG_3036

VITTORIA CORSA OPEN TUBULAR

勿論、ワイドリム化されたSHAMALに合わせて25Cです。

 

 

 

ところでこの675LIGHTはいろんなところが専用設計で、

ステムはフレームセットに付属してきます。

それゆえこの流れるようなルックスが実現できるわけですね。

 

 IMG_3028x

ハンドルはfi’zi:k

 

 

 

上位機種の795とか695とかだと専用パーツをこれでもかと多用してきますが、

この675に関してはシートポストはごく一般的な規格で、Φ27.2mmの丸ポストがふつうに使えます。

ですのでハンドルと同じくfi’zi:kで揃えることもできるのですが

 

IMG_3042

ここはコダワリを発揮してLOOK純正のカーボンシートポストをチョイス!!!

さすがに純正だけあって統一感が出てますねー。

 

IMG_3032

サドルはSelle ITALIAの名品Fliteシリーズから、

カーボンレール採用の軽量モデルKIT CARBONIOを。

どうやらこのホワイトは現在廃番になっているようですが、そこは我々Y’s Road全店のネットワークを駆使してご用意させて頂きました!

 

 

 

ここまでこだわった車体ですから、当然細部までぬかりなく。

IMG_3038

LOOK純正カーボンボトルケージをON。

フレームグラフィックに合わせた、×の2色使いがまたニクいですね!

 

 

 

 

 

実はこの675 LIGHT UDのレッド、

 

002s

 

PHOTO© EUROSPORTS INTEGRATION Co., ltd.

 

SHIMANO105組みの完成車もラインナップされています。

「リーズナブルに赤いLOOKを手に入れたい!」ということならばそちらも

全然アリだと思います。

 

しかしそこをあえてこだわり抜くことにこそ、

「バラ完の神髄がある」と言えるのではないでしょうか!!

 

 

ちなみに今回の1台、車体重量は約7.3kg(ボトルケージ×2込み)

個人的には、このぐらいの重量が一番扱いやすいのではないのかな、といつも思ってます。

 

くだんの、105組み完成車がカタログ値で8.69kgですから、いかに軽量にまとまったか一目瞭然ですね。

 

 

そんな感じで仕上がった、今回のLOOK 675 LIGHT UD。

オーナー様の新しいパートナーとして、これからのロードバイクライフをさらに楽しく彩ってくれること間違いなしです!

 

IMG_3025

 

どうか末永く大切に乗ってあげてくださいね!!!

この度はご注文誠にありがとうございました!!!

 

 

2017-03-20

スズキ コウキ

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る