【ロードバイクメンテナンス】KEOブレードのオーバーホール

610
志木店】野澤 伸吾 17年06月19日

 

LOOK社の傑作ペダル

 KEOシリーズの上位モデルが

   ブレードチタンであります。

2F2A9820

  一年半ほどの使用で 少し異音が発生

 極小さな 音ですが気になりますよね。

 バラして手当てしてみましょう

 まずは。。。。。。

GR091408

   ↑ この 蓋を取ります

GR091409

    ↑ 小さいほうのカッターをこの隙間にいれて

   先っちょを ゴニョゴニョ すると取れます

GR091381

 ↑蓋が取れたら6mmと3mmのアーレンキーで

   回せば シャフトが抜けます。

 ★ 右側は正ネジで 

      左側は逆ネジです

GR091383

    ↑ こんな 構造です。

  はっきり言って 単純な構造。

  だからこそ 軽量ともいえますねえ

GR091398

     ↑ 狭い隙間に。。。。

GR091385

   ↑ 汚れが溜まると異音がすることがあるんです

  このシャフトのスプリングの所も汚れると音がでそう

GR091387

    ↑ 内外のシールドベアリング以外に

    ニードルベアリングが内部にあります

  汚れてました!

GR091392

 ↑和光ケミカルの水無し洗浄

       がまたまた大活躍!

GR091394

    ↑ 狭い部分の汚れ落しは快感!

GR091418

    ↑ 左右の内部だけでこんなに汚れがっ!

   素晴らしく 綺麗になりました!!

GR091395

    ↑ シールドベアリングはいたって健康で

GR091397

   ↑ 内部には手を付けず 外側だけ清掃して

  いったんは 組み付けたのですが。。。。。。

 この 小さなベアリングを見て 思いついちゃったのが

 お隣さんの ラジコンショップ

GR091416

   ↑ ウヒョー!!! 売ってましたよ!

 

  極小セラミックベアリング!!

 うんうん ここだけだが 確かに回転が軽くなった!

GR091403

    ↑ 適正なトルクで締め付けて

GR091405

    ↑ 蓋には ロックタイトを少し垂らして嵌めてやります

2F2A9815

   ↑ スッキリOH完了し リフレッシュ!

  しかも 志木店スペシャル セラミック仕様。

 100km走ったら 20mくらいは前にいそうです

 by野澤

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る