【池袋チャーリー本日の作業日記】気になる『音鳴り』は意外な原因!?実は高性能な特性を証明していたッ!!

1343
池袋チャーリー店】津森 弘晃 17年09月13日

 

 

 

せっかくの楽しいスポーツバイクライフを半減させてしまう嫌~な現象。

 

 

 

 

『音鳴り』

コッ、ココッ、コ・コ・コッ………、う~ん気になる⤵

 

 

 

 

 

 

池袋チャーリー本日の作業は、

 

0913_音鳴りP9097205

 

謎の異音?!音鳴りの正体を突き止めろッ!!

 

 

 

 

 

 

 

まず『音鳴り』の多くは踏み込んだ時に受けとなる「ペダル」や「クランク」、「BB(ボトムブラケット)」が歪んたり撓んだりして音が鳴る事例が最も多く、例によって緩みが無いかチェック。

 

 

 

 

う~ん、しっかりと締まってますね。

 

0913_音鳴りP9137216

 

 

各部しっかり固定を確認して再度試乗したところ音鳴りに変化はなく、コッ、ココッ、コ・コ・コッ………と気になる異音は継続中

 

 

 

 

 

 

 

と、ココでお客様のお話しと試乗の際に感じたあることに気付く!!

 

 

 

 

『シッティングのペダリング時に音が鳴る』

 

 

 

 

そうかサドルもしくはシートクランプの緩みが原因か!!これで解決だぜ♪…と、コレで簡単に解決しないのが「音鳴り」の嫌~な所。

 

 

0913_音鳴りP9097199

 

もちろんサドルもシートクランプも各固定ボルトは適正トルクでしっかりと固定されており、サドル付近に手で力を加えても試乗時に感じた「音鳴り」は再現できず…。

 

 

 

 

 

実は…、

 

 

さらにこの先に原因が隠れていた!?

 

 

 

 

そもそも核となるフレームはRIDLEY HELIUM X。薄いシートステーが適度にしなりマイルドで振動吸収の高い快適な乗り味に定評にあるモデル。

 

 

0913_音鳴りP9097204

 

軽さを活かした登坂性能もさることながら快適性もGOOD♪

 

 

 

 

 

組み込まれていたシートポストはフィッティング系パーツで人気の高いDEDA ZERO1アルミシートポストだったのですが引き出してみると…少々長めかな?

 

 

0913_音鳴りP9097201 

 

…って実はこの長さが音鳴りの原因!!

 

 

 

 

 

※イメージ

 

0913_音鳴りシートポスト

 

シートチューブ内に隠れていたシートポストの長さはボトルケージダボ穴には干渉せずとも直上付近。シッティング時にカーボンのしなりが発生することで芯となるシートポストが内部で干渉して音が発生しておりました。

 

 

 

 

 

という訳で余分な分をカット!!

 

0913_音鳴りP9097203

 

見た目で分り辛かった心地よい乗り味を生むカーボンのマイルドなしなりがこのような意外な理由で照明されたことが何だかちょっぴり感動。再度、試走して確認したところ音鳴りもしっかり解消しました♪

 

 

 

 

一見、BB・クランク周りかと思われるものも実は意外なところに原因がある「音鳴り」

 

 

0913_音鳴りP9097202

 

※あくまでも原因の1つ!!

 

 

 

 

音鳴り解消は1つ1つ潰して原因を探り・潰していくため時間がかかる根気のいる作業。音鳴りでお悩みの方は視点を変えて隠れた部分もチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る