【国内最速⁉インプレッション】「PIRELLI ZERO VELO TT」 生粋のレーシングタイヤを実践投入してみた結果。

795
神戸店】盛山 新太郎 17年09月13日

 

 

 

 

 

 

イタリアの老舗タイヤメーカー「ピレリ」。

 

 

モータースポーツ好きでなくとも一度は聞いたことがあるであろう有名なこのメーカーが自転車向けタイヤをリリースしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店頭在庫分の入荷はもう少し先になりますが、今回1セットのみレースの為に支店から分けていただき先週末行われました「ヒルクライム大台ケ原」にて実践投入してきましたのでそのインプレッションをしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しいレース中の様子などはまた時間がある時にゆっくりとご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP1024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回使用したのはピレリの自転車向けタイヤシリーズ「ZERO VELO」の中で最も軽量で路面抵抗の少ない「ZERO VELO TT」700×23C。

 

 

 

 

 

 

 

1本当たりの価格は¥6,900+税です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重量はカタログ値で1本165gと数あるレーシングタイヤの中でもトップクラスに軽いです。

手で持った感触は非常にしなやかで薄い。多くのタイヤの搭載されている耐パンク層は採用しておらず、その分軽量でしなやかに仕上がっているのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

チューブも軽量なラテックス素材のものにしたいところですが、カーボンホイールとラテックスチューブはバーストの危険性がありますので軽量なブチルチューブで定評のあるパナレーサーの「R-AIR」を使用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP1026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☝タイヤを新調したついでにホイールバランサーも施工。

ホイール、タイヤ共に非常に精度が高かったためか前後とも約3g程度のウェイトで仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

元から回転の軽いフルクラムのUSBハブが更にぬるぬる回転するようになって非常にGOOD

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピレリのタイヤラインナップの中で「ZERO VELO TT」のみ唯一トレッドの溝がないスリックタイプとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP1023

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザインは非常にシンプルでカーボンホイールとの相性も◎

取り付けた瞬間から早く走りたい衝動に駆られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0785

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒルクライム大台ケ原のコースは、序盤1/3は高速平坦コース、中盤1/3は平均勾配10%越えの激坂区間、終盤1/3は激しいアップダウンとバリエーションに富むコースプロフィール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段使っているタイヤとの違いを特に感じたのが中盤の激坂区間。

リムハイト40mmのセミディープホイールを履いていたにも関わらずダンシングの振りが非常に軽く感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕のダンシングはハンドルを左右に振りながら走る、めちゃくちゃ良いように言うとコンタドール風(笑)のダンシングなのですが、明らかに左右への振りが早くタイミングが取りやすいように思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、路面抵抗も非常に少ないようで序盤の40km/h巡行の際や、終盤のアップダウン区間でそんなに踏まなくても車輪が勝手に転がってくれているような印象を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終盤の一番大きな下り坂ではこの日の最高速61.6kmを記録。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピレリのタイヤは稲妻型のトレッドパターンとすることでコーナー時のグリップ力を高める仕組みになっているそうですが、今回使用した「ZEROVELOTT」はそのラインナップの中で唯一トレッドパターンがないスリックタイプ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その代わりに耐パンク層を排除し、しなやかさを高めることでグリップ力を高めているのかもしれません。

そのおかげかその後に待ち構える下りからの高速コーナーも安心して突っ込むことが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果、タイムはトータル2分短縮。

自己記録を更新することができました‼️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで総評して非常に完成度の高いタイヤだと思いました。

耐パンク性能や耐摩耗性能はまだはっきりと判断することは出来ませんが、それ以外の能力がずば抜けて高く大事なレースの際には必ず使用したいと思う、そんなタイヤです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段のツーリングや練習はパンクにも強い別のタイヤにしておいて、ここ一番という時にだけこのタイヤを使ってみて下さい。

レース前、このタイヤを取り付けしている瞬間からモチベーションをグッと高めてくれるそんなスペシャルな1本になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店頭在庫分は次回入荷時期未定。

 

 

 

 

 

ご予約は受け付け中ですので、気になった方はまずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 9月キャンペーン情報


bnr_order_cam170830

 

 

フレームから自転車を組み立てる「バラ完」ご注文のお客様には・・・。

・フィッティングサービス「バイオレーサー5000」を¥3000で施工!!

・ホイールの性能を極限まで引き出す「ホイールバランサー」を無料で施工!!

 

 

 

 

 

 

ホイール在庫強化中!!!

IMG_7355

 

 

 

 

 

 

【金利1%】低金利ローンで憧れのモデルを手に入れましょう!【スペシャルローン】

Print

 

 

 

 

 

 

【CDJ】ビッグプーリー、続々と搭載中!!

CDJばなー

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る