日帰り・一泊二日のロングライドならこのバックパックがおすすめ!!

1791
大阪ウェア館】向井 未来 17年11月03日

 

 10月は週末の度に台風やら雨やらで

なかなか走ることができない日が多かったですが、

11月こそは…!!ってロングライドの計画をされている方も多いのでは?

 

紅葉狩りにもちょうどいい季節になってきましたし、

温泉が最高に気持ちいい季節にもなってきましたしね( *´艸`)

 

 

そんなロングライド、荷物を持ち運ぶのに必要なカバン。

まだお持ちでない方はぜひこの機会に用意しちゃいましょう!!

 

 

日帰り・一泊二日のロングライドにおすすめの

【deuter】バックパック

 

揃ってますよ~!!

 

 

 

ちなみに先日、私が行ってきた

一泊二日の島根県輪行旅

ではお馴染みのこのバックパックを使用しました。

 

 

容量12L+2.5L、

ファスナーを開放することでマチが広がり容量が増やせるタイプですが

今回はコンパクトにして背負いたかったのでマチ部分は使用せず。

だいたい12Lの容量で一泊二日の荷物を詰め込みました('ω')ノやればできた

 

結構重量があるモデルなので、

本当は軽いモデルに新調したかったんですが…

狙っていたモデルが入荷間に合わなかったので今回はこれで。

一日中背負って走るにはやっぱり重かった…(;^ω^)

 

 

そんな自分の体験も踏まえた、おすすめモデル。

 

 

 

deuter レースX  ¥8,500+TAX

容量12L、重量600g

 

 

日帰りライドはもちろん、荷物が少なめの方なら一泊にも十分な容量と軽さ、

扱いやすさナンバーワンの定番中の定番モデル。

日帰りならもう一回り小さい『レース』(10L)も人気です。

 

※ヘルメットホルダーは別売り(¥1,750+TAX)になりますので、

バックパックにヘルメットを固定したい場合はそちらを併せてご用意ください。

 

 

deuter バイクワン14  ¥10,000+TAX

容量14L、重量750g

 

 

狙っていたモデルが間に合わないとわかった時に、

次点で購入を検討していたのがこちらのモデルだったりします。

(今使っているものより300g以上軽いので…)

 

ヘルメットホルダー&レインカバー搭載、

スポーティすぎない、カジュアルシーンにも合わせやすいフォルムで

容量も一泊にちょうどいいくらいの14L。

 

女性向けスリムモデルで容量も少し多めの18Lタイプ(¥11,000+TAX)

荷物の多い方向けの20Lタイプ(¥11,500+TAX)もあります。

 

派手めカラーでコーディネートにアクセントをつけるのもおすすめですよ♪

 

 

deuter スピードライト15(左) ¥7,500+TAX

容量15L、重量380g

 

スピードライト20(右) ¥10,000+TAX

容量20L、重量530g

 

 

とにかく軽くしたい!!って方にはこちらのモデル。

ヘルメットホルダー&レインカバーが付属しませんが、

その分とことんまで軽量化されています。

 

 

deuter XV3  ¥15,000+TAX

容量21L、重量1,040g

 

 

荷物の多い方ならNEWモデルのXV3がおすすめ。

従来の大容量シリーズ『トランスアルパイン』よりもカジュアルテイストで、

普段着と合わせたり観光地に行ったりしてもよく馴染みます。

 

通勤・通学などにも使いやすいですよ~。

 

 

 

サイクリングに最適な今のシーズンに合わせ、

deuterバックパックコーナー充実させています!!

 

お出かけスタイルにぴったりのバックパック、ぜひ見つけてくださいね!

 

 

 

by ムカイ

 

 

 

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o*:.。..。.。o ○*:.。..。.。 o*:.。..。.。o*:.。..。.。o○*

 

 

 

大阪ウェア館 facebook・instagram始めました!

フォローお願いします!

 

 

↓↓↓クリック↓↓↓

facebook

 

 

 

 

 通販できます!詳細はこちらのバナーをクリック♪

↓↓

 

 

 


 

 

 

定休日案内ブログ用画像

 
  
 

 こちらのブログでお知らせしています情報は全てブログ掲載時のものとなります。

在庫は常に流動しておりますので、

気になるアイテム等ございましたらお電話でお問合せ下さいませ。

  

 

関西最大級90坪を誇るサイクルウェア専門店でスタッフ一同お待ちしています ★

 




大阪ウェア館ご案内 MAP

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る