【イベント参加レポ】富士チャレンジ200

928
船橋店】村松 太陽 12年09月25日

9月22日に行われた「富士チャレンジ200」に参加してきました。

今年もソロ200kmで登録。船橋サンデーライドからは2名の参加。

 

当日は朝一からやらかしてしまい、寝坊しました--;

一時間くらい遅れての出発になってしまいましたが、幸いにも当初の予定に近い時間につくことが出来ました。

 

思った以上に肌寒く、寝不足もあったのでひと眠りする。ちょっとして起きるがどうも調子が悪く少し頭痛がする。

ともかく準備して試走を行う。2周、少し強度を上げ目で体をいったん起こしておく。

戻って来てからまた一休み。スタート前30分前くらいに再度コースへ。コースがオープンになりスタート地点へ、思ったより後ろになってしまった。

 

9時スタート、1周目はローリングスタートでゆっくり・・・なわけはなく先頭はだいぶ先に。ホームストレートで本スタート時はだいぶ縦長の状態に。そこからがんがん前を詰めていく。

2周目が終わるころにやっと集団後方?と思われる位置まで来る。ただこの位置だとすぐ中切れ等で千切れてしまうのでさらに前へ上がっていく。

今年はニッポとアイサンのメンバーが主に集団のコントロールをしていく。おかげで速い速い、登りもアウターのまま(例年は脚温存でインナー)行かないとおいてかれてしまうし、ホームストレートもガンガン踏んでいかないと付切れしてしまう。*3周目は6分フラットで周回!@@

 

そんな中5周目、第一コーナー曲がった時点ですでに中切れ発生。そんなに後ろにいたはずではなかったのに。うまくブリッジ出来そうな人も見当たらないので1人踏み倒してアドバンコーナーあたりで追いつく。この時これでもかというくらいシッティングで踏んだ為かなり脚をやられた、しかしそれだけやらないと追いつかない程先頭は例年より速い。

追いついた~と思ったらすぐにまた中切れ発生。ダンロップコーナー手前で起きていて、先ほどの追走と苦手な登りということでじわじわと離されていく。最終コーナーを曲がったところからの加速がいつも速いが今年はいつも以上な感じで完全においてかれる。

 

しばらくは少人数で走る。少しづつ人数が増えてそれなりの集団となる。しかしいまいちうまく回っておらず分裂と吸収を繰り返すこととなる。

それでもラップは6分40秒前後を推移して少し安定する。

5周程そんな形で走るも、何回目かの分裂で自分のいた集団は少しペースが落ち6分55秒前後に少しラップタイムが落ちる。

一度目の周回遅れを食らう頃には先頭は20~30名ほどまで減少。まだ4分の1が過ぎたくらいなのに・・・相変わらずアイサンとニッポがコントロール。

 

70km過ぎから早くも脚が攣りはじめ、練習不足がたたり始める。脚の攣りをだましだまし走り続けるも徐々に膝に違和感が出てくる。19周目に入り痛みが出始めてきたのでDNFを決める。とりあえずキリのいい100km・22周をこなすことに。

2度目の周回遅れ、先頭集団7名くらい。佐野選手が暴走中でアイサンが2名、一般参加は4名程。その10秒くらい後ろに10名弱の第2集団、必至の追走で誰もが余裕はなさそうだった。100km弱の距離では見かけない光景。

残り2周くらいはとろとろ流して、100km越えたところでピットに戻りDNF。ちょうどのタイミングで雨も降り始める。

 

走行集団.JPG

 

結果(100km・22周時点) 

2:34:02.87 08:32.28 86位 (87位)

 

Avは38.8~9くらい。ろくに距離を乗る練習をしなかったつけがでた。

次の日は「秩父宮杯」。 

 

一覧へ戻る

newポータルサイト


オンライン


たくさんのキャンペーン実施中!


スマトレKIT

Pageの先頭へ戻る