【お客様の一台】更に完成形に近づいたDOGMA F10【BORA WTO 45】

695
船橋店】下山田 航太 19年05月30日

 

 

4

 

【お客様の一台】更に完成形に近づいたDOGMA F10【BORA WTO 45】


 

 

去年、船橋店にてバラ完いただきましたお客様が更なる高みを目指すためホイールのアップグレードにご来店いただきました。

 

 

今回のカスタムテーマは『軽く・快適性が優れオールラウンドに使えるホイール』ということでいくつか候補を挙げていきました。それに加えお客様の自転車はイタリアメーカーであるピナレロなので統一感を出すことも重要になります。

 

 

そこで今回、悩まれた末に出した答えは、風洞実験をいくつもこなしエアロダイナミクスを最適にすることで軽さと優れた空力性能を誇り、更に2WAY-FITにより快適性に定評があるチューブレスとしても走行可能な『BORA WTO 45』をチョイスいただきました。

 

 

それではホイールとタイヤの商品紹介を私なりにご紹介致します。


 

 

6

 

ウェット時での制動力向上と従来のBORAとは異なるリム形状を採用。

 

 

本商品の特徴でもある新設計のリムはモデル名にもある『WTO=ウィンド・トンネル・オプティマイズド』の略称になります。

 

数多くの実走テストや風洞実験を基にエアロダイナミクスを追求することで今までのBORAシリーズよりも横風に煽られにくく、パワーの節約が可能になりました。

 

 

リム・ブレーキ面にはBORAシリーズで定評である『AC3』を採用。

 

ブレーキシューが接触する箇所のカーボン・ファイバー・テキストのデザインを見直すことで、ドライ時の制動力は勿論、ウェット時でも他メーカーのホイールと比べて制動力が優れています。


 

 

5

 

7

 

リム同様に新設計された前後ハブを採用。

 

ハブ中央部はスリムに設計しフランジ側をワイドにすることで様々な風の状況に対応しております。

 

USBセラミックベアリングを搭載しているのも魅力の一つです!

 

スポークパターンはG3を採用し、空力面とホイールの剛性面を向上させました。


 

 8

 

タイヤはチューブレス界では有名なメーカーの一つ『HUTCHINSON』をチョイス。

 

 

同社ラインナップの中でも耐久性と走行性能のバランスが取れている『FUSION5 PERFORMANCE』を装着しました。

 

 

完成まで3年を費やして生まれたコンパウンド『11STORM』を採用したタイヤにより、耐パンク性が向上しており、トレッド面には雨天時や山の下りなどでグリップ力が劣らないように溝を配置することでライダーの安全を考えています。


 

 

【BEFORE】

1

 

【AFTER】

 3

 

今回のカスタムで更に楽にライドが楽しめると思います!今度は車体のオーバーホールや更なるカスタムをお待ちしております。

 

ちなみに今、GARMIN EDGE 520Jご購入いただくと凄いポイント付きますよ!詳しくはお問い合わせください。

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る