【シーズンイン!!乗り出しSALE!!】 夏のライドの必需品! 保冷力の高い大容量ボトルが超特価!大量入荷! 

172
船橋店】中橋 知之 19年08月13日

 

23

 

【シーズンイン!!乗り出しSALE!!】

夏のライドの必需品! 

保冷力の高い大容量ボトルが超特価!大量入荷!


 

 

毎日、毎日暑い日が続いていますが、体調など崩されたりしていませんでしょうか。

 

ただこんな夏こそが自転車乗りの多くの方が1番テンションがあがって好きな季節ではないでしょうか。

  

ジャージから出た手足や、サングラスの跡がはっきりするくらいの日焼けをしながらも乗ってしまうのはなぜなんでしょう。 

 

ただこの時期バイクだけに関わらず、外での運動では水分補給が必須となります。

 

どうせならこの暑さの中『キンキン』に冷えた飲み物を飲んで少しでも体内の温度を下げたい!という願望をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

 

コンビニや自販機で毎回買うのは面倒くさいし、冷たいと感じるのはその瞬間だけかもしれません。

 

そこで求められるのが【保冷力】と【容量】と【扱いやすさ】ではないでしょうか。

 

そんなすべての要素を満たしてくれるボトルがこの度特価にて大量にご用意いたしました!

 

23

 

言わずと知れたボトルOFボトル。

 

2重構造+保冷素材で2倍の保冷性。冬は温かい飲み物の保温も可能。軽く握るだけで水分補給、理想のサイクリングボトルです。

 

何と言っても飲み口が画期的で他のサイクル用ボトルの飲み口は前歯などを使って開けていましたが、意外とこれが面倒だったり・・・。

そのままにしておくとこぼれてしまうし・・・。 しかしそんな悩みは一切不要!

 

その訳は・・・

 

 

段はこのように飲み口部分は閉じていますが、ボトルの真ん中あたりを押すと・・・

 

 

このように飲み口が『ッオッ!』と開き、開いた時のみドリンクが出てくる仕様になっています。

 

念の為のロック機能も付いていますが、カバンの中などでの漏れ防止のためなので、ボトルケージに挿している間はずっとオープンでOKなのです!

 

容量も通常タイプで620ml、BIGタイプだと750mlとかなりの大容量です。

 

氷を多めに入れてもしっかりドリンクが入ります。

 

この超高機能ボトルが【船橋店限定!シーズンイン!!乗り出しSALE!!】にてお買い得価格でのご提供&超大量入荷してまいりました!

 

すでに人気カラーは数える程度になってしまっておりますが、この時期の必需品、絶対に買いです!

 

CAMELBAK

ポディウム・チルボトル(620ml)

通常販売価格¥1,750+TAX

⇒シーズンイン!!乗り出しSALE!!価格:30%OFF ¥1,225+TAX

 

ポディウム・ビッグチルボトル(750ml)

通常販売価格¥1,800+TAX

⇒シーズンイン!!乗り出しSALE!!価格:30%OFF ¥1,260+TAX


 

 

2019_夏_第二弾

 

【シーズンイン!! 乗り出しSALE!!】

 

さて、じめじめと嫌な梅雨がようやく明けました。

シーズン到来です!

夏は自転車。

未踏の地へ、冒険もいいでしょう。

梅雨の間に鬱積したもやもやをすべて発散してしまいます。

 

 2018~19年モデルのお買い得品が大量にご用意ございます。

 

対象車種は150台以上!

 

「TREK」や「CANNONDALE」、「PINARELLO」、「COLNAGO」、「MERIDA」

といった定番どころから、このブランドも!?という物まで、これでもかと大量入荷!!

 

売り場狭しと並べられたお買い得品の数々は一見の価値ありです!!

今後も店長の暴走によって物凄い特価車体が現れるかも!?

 

引き続き船橋店ブログをチェックお願いします!


 

 

作業予約制_チラシ

 

ワイズロード船橋店では
修理、点検等Y’s Techの作業は予約制とさせていただいております。
  
大変お手数ですが、事前にお電話でご来店日時をご指定いただいた上で、
お持ち込みいただきますようお願いいたします。
 
 
◆一般車の修理は承っておりません。
 
◆当店にて取り扱いのないメーカー車体に関しましては、
 作業をお断りさせていただく場合が御座います。
 

  

shop top1

 

shop5

 

■店舗面積250坪/県下最大級規模の売り場に完成車400台以上展示!!■

 

駐車場完備/ビビットスクエア3Fにてお待ちしております

 


  

bnr_ausonpo_740_100

 

 

funabashi_sokuno_03[1]

 

 

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る