【2020年モデル】TOPSTONEに負けるな!キャノンデールの元祖グラベルロードCANNONDALE「SYNAPSE DISC 105」

170
上野本館】金澤 義彦 19年11月08日

 

A01

 

【2020年モデル】

TOPSTONEに負けるな!キャノンデールの元祖グラベルロード

CANNONDALE「SYNAPSE DISC 105」

 


 

キャノンデール大好き、スタッフ金澤です。

 

ここ最近はCAAD13やEVO、TOPSTONEなどモデルチェンジされたニューモデルを紹介してきましたが、今回紹介するSYNAPSEは継続モデル。フレーム自体はおそらく昨年モデルと変更の無いものですが

シナプスだっていいものですよ!!(とシナプス乗りの私が語ります)

 

ロードラインナップ中もっとも長いヘッドチューブ長から導き出されるゆったりポジションと、

太めのタイヤ・SAVEステーによる快適性から

「楽に、長時間走る」ことに重きをおいたグランフォンドバイク。

 

同じ用途でTOPSTONEを引き合いに出される事も多いですが、個人的には

「ある程度未舗装路の走行も想定しているならTOPSTONE」

「舗装路オンリーでの走行しか考えていないのならSYNAPSE」とオススメすることが多いです。

 

「速く走る」よりも「楽に走る」ロードが欲しいあなたにオススメしたい一台です。

 


 

A12

 

A06

 

キャノンデールのロードラインナップ(SYSTEMSIX/SUPERSIX EVO/CAAD13/CAAD OPTIMO/SYNAPSE)の中でも最も長いトップチューブ長をもつシナプス。

ゆえに「ハンドルポジションが高く、前傾姿勢の緩い楽なポジションになる」というのが特徴。

 

また、トップチューブが後ろにいくにつれて大きくしたに下がる、いわゆるスローピングフレームなのも特徴の一つ。

 

シナプスのシートポストは直径25.4mmと、一般的なロードバイクよりも細いピラーを採用していますが、スローピングにすることによりシートクランプが下がり、想定的にシートピラーを長くすることによって、しなりを強くしようという考えです。

 

もちろん、単純に跨ぎやすいってのもメリットですね。

 


 

A03

 

A05

 

メインコンポはシマノ105。R7000系です。

もはやキャノンデールあるあるですが、BB規格がBB30のためクランクはシマノではなくFSA製です。

ギア歯数はフロント50/34、リア11-34。

 


 

A09

 

A10

 

ブレーキシステムは機械式ディスクブレーキ。

キャリパーはTRPのスパイアを採用。

 


 

A02

 

タイヤサイズは700×30c。

昨年モデルにあった「SYNAPSE SE」ではチューブレスレディでしたが、2020年モデルはクリンチャーです。

 


 

A08

 

A07

 

リアステーはキャノンデールを代表するマテリアルのひとつ、「SAVEステー」が。

シートステー・チェーンステーを偏平加工することで、縦方向の振動吸収性を向上させ、横方向の力にはフレームが変形しにくいという特性があります。

 


 

A01

カラー:BBQ サイズ:51

 

■ 2020 CANNONDALE / SYNAPSE DISC 105

販売価格:¥170,000+tax

 

※Ys CLUBメンバーの場合

(現金支払い時:ポイント3%¥5,100 / クレジット支払い時:ポイント0%)


 

アフターサポートパック(盗難補償)、自転車サービスパック(ロードサービス&自転車保険プレゼント)

 

修理に関するお知らせ

 

住所:東京都台東区上野3-16-3 鈴木ビル1F&2F

電話番号:03-3836-6168

 

営業時間:月~金/12:00~20:00

土日祝/11:00~20:00 

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る