【PINARELLO】2020モデル、漆黒の「PRINCE」。

318
フジグラン広島】小西 真人 19年11月18日

IMG_3157

 

 

 

 

 

 

マットブラックにグロスのブラックを乗せた「BLACK on BLACK」。

 

 

色やデザインで個性を出せない分、フレーム形状でしか差別化できなくなって

しまう、ある意味では非常に難しいカラーなのですが・・・

 

ピナレロにはそんな心配など無用なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

IMG_3138

 

 

 

 

〇PINARELLO  2020  PRINCE 105  ¥385,000-+TAX

 

 

 

世にエアロフレームは数あれど、シルエットだけで「ピナレロだ!」とわかる

デザイン性の高さはさすがの一言。

 

 

 

 

 

 

IMG_3172

 

 

 

 

もちろん、見た目だけでなく性能もハイレベル。

 

DOGMA F10の高い空力特性をベースに、使用するカーボンの特性に合わせて

(柔らかい分肉厚)各部の形状を見直した上での再構築が行われています。

 

 

単に見た目を似せているというだけでなく、「PRINCE」という伝統の名前を

受け継ぐバイクに必要な走りがしっかりと突き詰められているのが〇。 

 

 

 

 

 

 

IMG_3177

 

IMG_3176

 

 

 

 

タイヤを地面に押し付けるようなカタチをしたONDAフォーク&バック。

 

路面をグッと掴むような高いグリップ力とコーナリングの安定感はピナレロ

ならではのキャラクターとして愛されています。

 

 

 

 

 

 

IMG_3182

 

 

 

 

「T700」カーボンをメインで使用したフレームは、硬すぎず柔らかすぎずの

ちょうどいい塩梅を狙ったもの。

 

とはいえ、GAN・RAZHA系ほどマイルドに特化させているわけでもないので

レースやトレーニングといった「速さ」を求める使い方にも十分に対応可能。

 

 

12Kカーボン特有の大きな網目も、UDカーボンのあっさりした見た目が普通に

なってきた今では 、カーボンバイクらしいルックスに一役買っています。

 

 

 

 

 

 

IMG_3150

 

 

 

 

メインコンポは105。

フレームのポテンシャルからすると、足回りに物足りなさを感じるので・・・

 

後々「WIND40C」や「レーゼロNITE」といったリムサイドまで真っ黒系の

高性能ホイールへの交換も視野に入れてあげましょう。

 

 

 

 

 

 

IMG_3143

 

 

 

 

フレームサイズは515。

おおよその適正身長は170cmくらいでしょうか。

 

(詳細なフィッティングはバイオレーサーにて計測いたします)

 

 

  

しっとりした乗り味と、ピナレロらしいどっしりした走り応え。

 

意識的に「力強いペダリング」を心掛けてあげれば、ミドルグレードとは

思えない気持ちのよい加速を見せてくれることでしょう。

 

そのまま速度を上げていけば、エアロフレームの効果も堪能できます。

 

 

そんなピナレロらしさが詰まった「PRINCE」。

 

伝統の名前が与えられているのは伊達ではありません。

 

 

 

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る