【PEARL IZUMI】遂に5℃帯ジャケットの出番到来か??

119
フジグラン広島】小西 真人 19年11月18日

IMG_3229

 

 

 

 

 

 

今週の水曜・木曜あたりに、結構な冷え込みが予想される広島県。

 

明け方~午前中にかけて「5℃近く」まで下がりそう・・・なんて予報も。

 

 

 

というわけで。

 

晴れてこの手の「防風冬物ジャケット」の出番となるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

IMG_3232

 

 

 

 

〇PEARL IZUMI  ウィンドブレーク スウィッシュジャケット

 

¥16,000-+TAX

 

 

 

以前ご紹介した「3500」と同じ、外気温5℃向けの防風ジャケットですが

こちらのモデルは、より走りに特化した「レースフィット」を採用。

 

中に多少着込む余裕がある「3500」と比べ、若干細身なシルエットなので

アンダーウェアを使い分けて暑い・寒いの微調整をしてあげるのが〇。

 

 

 

 

 

 

IMG_3241

 

 

 

 

背中側。

 

 

肩口から肩甲骨辺りにかけての、若干色が濃い部分がウィンドブレーク素材。

 

背中中央と腰から下、腕の後ろ側とジャージ部分の面積が大きいことからも

このジャケットが発熱量が大きい=運動強度が高いライダーをターゲットに

していることが分かります。

 

 

 

 

 

 

IMG_3235

 

 

 

 

ジャケット内側。

 

グレーの部分がウィンドブレーク素材、パープルの部分がジャージ素材。

どちらもしっかり起毛されていて、着心地も抜群。

 

 

 

 

 

 

IMG_3237

 

 

 

 

ファスナー部分には防風フラップを装備。

暑くなってきて、ちょっと上を開けた時にロゴが見えるようになっています。

 

パールらしくない洒落っ気・・・なんて言ったら怒られますね。 

 

 

 

 

 

 

IMG_3234

 

 

 

 

袖口も長め&タイトにフィットする素材にすることで、グローブの隙間から

入り込んでくる冷たい風もシャットアウト。

 

 

 

 

 

 

IMG_3221

 

 

 

 

カラーは全部で4色。

 

 

基本的に、この中に着るのは冬用のアンダーウェア1枚のみ。

 

乗り始めはちょっと寒いかもしれませんが、ガンガン走ることで体温を上げ

丁度いいウェア内環境に持っていくのがこのジャケットの正しい使い方。

 

 

冬でもしっかり走り込む、実走派の方にはこちらがオススメです。

 

 

 

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る