ATHLETEQ10の効果が嬉しい!【コエンザイムQ10】

80
茅ヶ崎店】高橋 功 19年11月18日

今年私は今年56歳を迎えました。

30代半ばから40代半ばまで、わけ合って運動を控えましたが、それ以降も継続的にRUN,BIKEを続けるも、年齢が上がるにつれ、しっかり(?)成人病の仲間入りしてしまいました。

同時に

トレーニングを重ねるほどダメージが残り、毎回パフォーマンスが下がっていくような感じ

ちょっと頑張って(時間)トレーニングすると、翌朝もマラソンを走ったような倦怠感

を日々感じるようになり、体力の維持はおろか、降下速度を下げることすら大変に感じていました。

そんな時、たまたま知ったのがこのATHLETEQ10でした。

 

¥3、500-(税別)

この様なサプリは正直眉唾物と思っていましたが、商品紹介の中に有ったこのグラフをみて、文字通り私の心(心臓)をつかまれました。

(体内に存在するコエンザイムQ10量の経年変化)

実は今年の1月頃から数か月ほど動悸と倦怠感に悩まされ、MRIや24時間心電図他精密検査をすることになりましたが、”異常なし”の診断を受けました。(脈をとった看護師さんも触診で脈が飛んでいると言っていましたが・・)

有酸素系の運動を継続していたのに何故?という感じです。

結局、悸落が落ち着いてきた7月からBIKE通勤とRUNを開始しましたが、運動後の疲労感は残り、歳のせいかな?と強引に自分に納得させようとしていた10月半ばに、このATHLETEQ10を知り、本当に”試しに”という気持ちで服用してみました。

現在は自宅から店舗までの17kmを週3回ほどジョギングで通勤、休日は20kmジョグや10km走などペースは遅いですがモチベーション高く継続かつ、筋肉痛はあるものの倦怠感などは全くなし!もちろん毎日ATHLETEQ10を飲んでいます

今月はRUNで合計130km走っています

飲んだら力がもりもりとか、疲れがすっきり取れるとか夢のような体感ではありませんが、明らかに翌朝のモチベーションUPと倦怠感減には表れています。

(主成分の)コエンザイムQ10について色々調べてみると、不調の原因に思い当たる節がいくつかあり、妙に納得!

思い当たったことについては後日追記させていただきます

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る