【Cannondale】超ハイコスパのフルカーボンロード、待望の再入荷!!

290
フジグラン広島】小西 真人 19年11月19日

IMG_3255

 

 

 

 

 

 

キャノンデールで、グリーンで、フルカーボン・・・それでこのプライス!

 

 

コンポがTIAGRA?それが??といった感じです。

 

 

 

 

 

 

IMG_3247

 

 

 

 

〇CANNONDALE  SUPERSIX EVO CARBON TIAGRA

 

¥199,000-+TAX  →  ¥ASK!!

 

 

なんですが。

 

その差額で「ZONDA」が買えてしまうかも。

 

 

 

 

 

 

IMG_3273

 

 

 

 

バイクの走りを左右するのは、もちろんフレームの性能。

 

良いフレームに廉価版コンポの組み合わせで、初期投資を抑えるという考え方は

海外では結構一般的なようです。

 

 

リアブレーキケーブルの横に見える小さな穴は、電動コンポ用のケーブル挿入口。

 

このフレームが、電デュラや電アルテのようなハイスペックコンポにも十分対応

できる性能を秘めている証でしょう。

 

 

 

 

 

 

IMG_3277

 

 

 

 

フロントフォークもコラムからエンド部分までカーボン製の贅沢なもの。

 

文字通り「フル」カーボンフォークとすることで、軽量化と振動吸収性両面で

このバイクの走りの質を高めています。

 

 

 

 

 

 

IMG_3257

 

 

 

 

メインコンポはTIAGRA(2×10速)、クランクはFSAの廉価モデル。

 

 

この状態のままでも「ロードバイクの走り」を十分に楽しめるとは思いますが

フレームの高いポテンシャルを引き出すには、やはりカスタムがオススメ。

 

バイクの性能をアップさせていく、という楽しみも味わってみてください。

 

 

 

 

 

 

IMG_3251

 

 

 

 

フレームサイズは48。

おおよその適正身長は165~170cmくらいでしょうか。

 

(詳細なフィッティングはバイオレーサーにて計測いたします)

 

 

 

現行の「S6EVO」は、このモデルと同じ「STD-MOD」カーボンにも関わらず

グランツールを走っている、という話も。

 

 

初めてのロードバイク、初めてのカーボンバイクとしてはもちろん、カスタム

のベースとしても楽しめそうな「S6EVO」。

 

 

チェックはお早目に。

 

 

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る