採用強化中


チェーンからチューブレス、ブックプーリーまで 【メンテナンス大公開!!】

309
松山店エミフルMASAKI】関 和貴 21年02月23日

s-IMG_3606みなさんこんにちは。Y’s Road松山店 関です。

 

 

 

今回はお客様のバイクの諸々メンテナンスを行ないましたのでご紹介いたします。

 

 

 

 

 

s-DSCN0361

みんな大好きドグマ!!

 

 

 

 

 

 

まずは足周り!

 

 

ホイールは

マビック コスミック プロ カーボン SL UST DISK

 

今回はチューブレスのメンテを行ないます。

 

 

 

 

チューブレスタイヤは乗り心地がしなやかでリム打ちパンクの心配もない、快適なシステムですが、1年前後に一度メンテナンスが必要です。

 

 

 

 

 

 

s-DSCN0344

まずはシーラントの補充。

 

 

USTを含むチューブレスレディシステムには必須のシーラント。

空気を保持し、軽度のパンクなら穴を塞いでくれます!

 

 

シーラントは時間と共に少しづつ乾いてしまうので、半年~1年に一度補充が必要です。

 

⇧の写真も液状だったシーラントが乾いてヨーグルトみたいになっています、、

 

 

空気の抜けが早くなってきたと感じたら補充してみましょう。

 

 

ロードバイクの場合、1年でタイヤが消耗する事も多いので、年に一度タイヤごと交換してもいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

s-DSCN0345

リムテープの交換

 

 

チューブレスホイールで粘着タイプのリムテープを使っているものは長期間使用することで、シーラントがしみ込んだりして傷んでしまうので定期的に交換が必要です。

 

タイヤ交換2回に一度、あるいは2~3年に一度くらいが良いでしょう。

 

 

 

 

s-DSCN0348

マビックのテープは剥がした後にべとべとが残るのでちょっと大変。

 

完全に除去しないと新しいテープにくっついてしまいます。

 

 

 

 

 

s-DSCN0347

専用リムテープを手順どうり貼れば完成!

 

チューブレス用リムテープは硬く伸びないので貼るのも一苦労、、

結構コツが要る作業です。

 

 

 

 

 

 

s-DSCN0343

あとは通常どうりタイヤをはめてシーラントを入れれば完成ですが、今回は空気を出し入れするバルブコアも交換しました。

 

シーラントを使っているとバルブの部分にシーラントが詰まって空気が入れにくくなってしまいます。

ここもリムテープと同じくらいのタイミングで交換しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-IMG_3601

次に行うのはビックプーリーのメンテナンスです。

 

 

カーボンドライのビックプーリーでフルセラミックベアリングのタイプは定期的に専用オイルでの注油が必要です。

せっかくのセラミックベアリングもノーメンテでは性能が低下する一方です、、

数カ月行なっていない場合は急いで行いましょう。

 

 

 

まずはRDを取り外します。

今回はDi2なので簡単に外せましたが、外さなくても作業できます。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_3603

3mmのレンチでプーリーを取り外し。

 

 

 

 

 

s-IMG_3604

戻すときにネジの上下やプーリーの裏表を間違えないように注意。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_3605

外したプーリー。

 

 

白いベアリングのシールの隙間にオイルを数滴注油します。

 

 

 

 

 

 

s-IMG_3607

使うのはカーボンドライの専用オイル!

 

一応チェーンなどにも使えるらしいですが、、もったいなくて出来ません!!

 

 

 

 

 

s-IMG_3608

注油したらオイルを馴染ませるために数分間回転させます。

 

 

 

ちょっぴり手間な作業ですがチェーン掃除と一緒にやってみてください!

 

 

*ご自身で作業する際は手順や固定トルクに十分ご注意ください。

*店舗での作業ご依頼も可能です。工賃は他の作業や車体のタイプによって変わります。

*作業ご依頼の際は専用オイルをお持ち頂くかご注文下さい。

*専用オイルはお取り寄せになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-DSCN0351

続いてチェーンの掃除。

 

 

 

せっかくビックプーリーで駆動抵抗を減らしても、チェーンが汚れていたら意味が無くなってしまいます!!

 

 

特にチェーン内側に砂やヘドロ状の塊が溜まっていたら要注意!

 

 

 

 

 

 

s-DSCN0352

チェーン掃除は通称「ガラガラ」を使うを簡単で汚れが飛び散りません。

 

それでも汁が垂れるので下には段ボールを敷きましょう。

 

 

 

 

 

 

s-DSCN0353

透明だった洗浄液が真っ黒に!!

 

 

 

 

 

s-DSCN0354

クリーナーを使ったら、新しい油を注す前に必ず水ですすぎましょう。

でないと新しく注したオイルも分解されてしまいます。

 

店内では水洗いできないので、ワコーズのフォーミングマルチクリーナーを使います。

これを使えば水洗いと同じ効果を得られ、さらに泡が浸透して残っていた汚れも流してくれます。

 

 

 

 

 

 

s-DSCN0356

数分でこんなにキレイになりました!!

 

内側の隙間ピカピカ!

 

 

 

 

 

 

s-DSCN0357

チェーンがキレイになったらすぐに注油。

 

オイルの種類によっても乗り心地が変わるので色々使ってみるのも楽しいですよ!

 

 

ロードバイクであればウエットかセミウエットタイプがオススメ。

 

さらにヒルクライムやスピード重視・パワー系の方は「極圧が~」と書いてあるものがオススメ!

 

 

お客様の用途ごとにオススメのオイルをご紹介いたしますので、詳しくはカスタム相談カウンター 関にご相談ください!

 

 

 

 

 

 

 

s-DSCN0358

オイルを注したらしみ込ませてからしっかりからぶき。

 

オイルを注すと古い汚れがまだまだ出てきます。

 

 

 

からぶきはしっかり行ないましょう。

表面のオイルは全て拭き取ってしまう勢いで!

 

 

 

 

 

s-DSCN0359

これが完成した状態。

 

 

汚れが無く、ローラー部分に適度にオイルが入り、表面には余分なオイルが残っていない、

最高の状態です!

 

 

 

 

 

 

 

 

s-DSCN0349

チェーンがここまできれいになれば、スプロケも掃除しなければなりませんね!!

 

 

 

s-DSCN0360

完成!!

 

 

こだわりチューンの清潔駆動が出来上がり!

 

 

 

チェーン周りの掃除は簡単な洗車と合わせて、慣れれば1時間くらい。

 

ちょっとのスペースと水道とやる気があれば意外と簡単に出来ます。

 

 

そして、駆動周りをしっかり掃除&注油すれば、効果が実感できるし、絶対に気持ちよく走れます!!

 

 

是非やってみてください!

 

 

 

 

 

詳しいやり方は、YOUTUBEでY’SROADと検索するか、店頭で聞いてください。

 

 

 

 

*なお、現在店頭で「洗車のみ」は行なっておりませんが、点検やオーバーホールなどと同時であればお受けできる場合もあります。お気軽にご相談ください。

料金は状態により¥1,600+税~です。

 

 

 

 

 

派手なカスタムやオーバーホールは見ごたえ(やりごたえ)があって楽しいですが、日々のメンテナンスがあってこそ、高性能なパーツが力を発揮してくれます。

皆様も春に乗り出す前にチェーンやパーツのメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか?

 

以上、ロードバイクのメンテナンスいろいろでした。

 

 

 


 松山店ではアルバイトスタッフ急募中です!!

最新のパーツに触れたり、簡単な整備をしたり、自転車好きにはたまらない仕事です。

交通費、スタッフ割引、社員登用、あります。

未経験者歓迎!!

お気軽にご相談ください

アルバイト募集


 シクロワイアード_レコメンドショップバナー


 

IMG_7108 (2)

⇧カスタム記事バックアップ 12/1更新⇧


Twitter_Logo_Blue FB-fLogo-Blue-broadcast-2 d_300x

 

 

一覧へ戻る


オンライン


採用強化中

Pageの先頭へ戻る