.

パワーメーターの有用性!MMPを意識したペース管理で久しぶりのヒルクライムでも最後までヘタレない!

2330
名古屋ウェア館】尾林 佳史 21年08月28日

4月にペダル型パワーメーターを導入して、
短時間での効率的なトレーニングにより
何とか体力の維持が出来ている
名古屋ウェア館・尾林です。

そんな私が愛用しているパワーメーターが、
コスパ最強と名高いコチラの商品!

 

スタッフ愛用のペダル型パワーメーター

C1969D3E-9764-46FB-8AF1-57266E42E00DDD72C8F2-E57E-40BD-9FA8-81ECE9515688
【⇑⇑製品紹介はコチラ⇑⇑】 

Favero(ファベロ)
Assioma DUO(アシオマ デュオ)
¥88,000(税込)

コチラはLOOKのKEOクリート互換のタイプで、

 

シマノペダル対応モデルも新発売

 3125E19B-199A-422D-91B7-9ADFA18D96B3
Favero
Assioma DUO-Shi
¥82,610(税込)

シマノの105・アルテグラグレードのペダルに
対応したモデルも在庫しております!

 

 

坂バカブルべライダーの過去のインプレ

まずはということで、
【インプレ第一弾】
上記リンク先にて『ちょっとした感想等』をご紹介し、 

【インプレ第二弾】
『そもそも何で今、パワーメーターを導入したのか!?』

『パワーメーターで何ができるの?』
といったところに着目してのインプレをし、 

 【インプレ第三弾】
『ほぼ通勤と週一ぐらいのZwiftだけでFTPがアップしました』

購入から一ヶ月半の成果を報告したので、 

 【インプレ第四弾】
レースにおいての有用性!』
Zwiftのクリテリウムに出た時のデータを元に、

パワーベースのペーシングの重要性を書いてます。

今のところ第四弾まで書いており、
今回はインプレ第五弾として
実際にヒルクライムをした時の
ペーシングの有効性をご紹介したいと思います。

 

 

山岳ライドに行ってきました♪

675800A7-F15C-4896-B060-AF7B1466C756 

先月のことですが、
以前から行きたくて仕方がなかった
とあるカフェへとサイクリングしに行ってまして、
その時に久しぶりのヒルクライム!
雨沢峠でのタイムアタックにチャレンジしたのです!

 

 

自己ベストよりは遥かに遅いが・・・

C1969D3E-9764-46FB-8AF1-57266E42E00D

さすがに乗り込んでた時と違って
ベストより2分近く遅いですが、
画像下部分の負荷分析で平均237wという値は、
体重が56kgの私だと体重比4.23倍
最近のFTPよりちょっと高めなので
その時の私の理想タイムとも言えるでしょう。

これはパワーメーターがあったからこそ
狙って出せた値であり、
久しぶりの実走にもかかわらず
自分の限界値に近いタイムになった理由です。

 

 

MMPで自分の理想パワーを意識する

94A05355-AAAE-42A3-9372-8E3273F8B6F8

上記画像が私の時間ごとのMMP(最大平均パワー)でして、
今回の峠は20分ほどで登れると知っていましたので
20分の数値である243wを意識します。

これは20分間の平均パワーの自己最高が243wなので、
『私だと20分であれば243wを出し続けれる』
ということになります。
(もちろん最高値ですし平均なのであくまで目安です)

 

 

負荷分析からみるヒルクライムの結果

EF4DF90A-71D0-4641-A95F-ACF95CC06FEE

さすがにウォーミングアップも無しで
久しぶりのタイムアタックということもあり、
理想値で走り続けるのは無理だと判断して
230wを目安に踏みすぎないように意識して
ペーシングすることで
途中でペースダウンすることもなく
一定したパワーを出し続けることができ、
最後にスパートをかけることもできました!

この様に初めての峠だったとしても
距離や獲得標高でおよそかかるであろう時間が分かれば、
MMPに基づいてペース管理することで
その時のベストタイムに近い結果を出すことができます!

なので、
インドアサイクリング(Zwiftなど)が活発化しており、
レースイベントや友人たちとのサイクリングまで
実走する機会がなくて不安だという方でも、
どのペースなら疲れないか。
どのペースなら維持できるかが分かるので
安心してサイクリングを楽しんでいただけます♪

 

 

まとめ

FBE8C9A4-2781-4F78-BE0E-AF9BC1B27081

 

D6238053-2B21-483F-BE21-6EA5508E04F0

ヒルクライム時のパワー管理や
グループライドでのペーシング、
グルメも堪能して愛車の写真もゲットと
色々詰め込んだ一日でしたが、
その中でもパワーを確認しながらの
サイクリングはとても有用性を感じましたので、
パワーメーターに興味のある方は是非!
ワイズロード名古屋ウェア館へ
ご来店下さいませ!

お待ちしております♪

2021/08/28  オバヤシ ヨシフミ

 

一覧へ戻る


LINE相談

Pageの先頭へ戻る