ワイズロード 新ポータルサイト

.

【カスタムの第一歩】自転車に乗り慣れたらペダルを変えてみよう!効率アップの「ビンディング」って何?

838
新宿ウェア館】 22年04月06日

みなさんどうもです(-"-)

スタッフきのしたです

 

 

スポーツバイクに乗り慣れてくると最初よりも長い距離を走ってもへっちゃらになってきて「もっと!もっとだ!」とチャレンジ精神旺盛なりますよね…デキルコトガフエテイクノタノシイ(*'▽')

しかし、そんな方の中にも今の走りにマンネリを感じてしまい、買ったままの仕様ではなく『自分仕様のカスタム』に変えてみたいなあと興味を持たれる方もいるんじゃないでしょうか…!

そこで今回は↑のようなマンネリを感じる方のカスタムへの第一歩に多い『ペダル交換』についてお話しします。

『フラットペダルでの走りにマンネリを感じている方へ』、『ペダルのグレードアップのすすめ』といったところです。

ペダルもいくつかジャンルがあります。その中で今回は『ビンディング』についてお話しします。

『ビンディング』も細かく分けるといくつか種類がありますので、そのあたりも選ぶ過程でのお力添えができれば…ということでざっくりとご案内します。

 

BADF4427-435B-450A-B3A2-7E3541681BA7

 

ではいってみよ~!!

 

乗り慣れてきたスポーツバイク、次なるグレードアップにおすすめなのは…
”ペダリング(漕ぎ)の効率アップ”

この効率アップを行うと何が変わるの?というのは大きく分けて2つあります!

  • ・坂道を登るのが今よりも楽に!
  • ・パワー伝達のムダが減るので長距離乗ったときに疲労感が減少する…かも!?

 ※諸説あります。

坂が苦手な方は今より楽になったらきっともっと楽しく走れますよね(`・ω・´)!

トレーニング志向の方は効率アップが見込めます!

そしてこの効率アップに必要なアイテム…それが

  • ビンディング ペダル
  • ビンディング シューズ

です!

 

ペダルの『フラット』と『ビンディング』違いって何?

フラットペダル

ママチャリやクロスバイク、エントリーグレードのスポーツバイクに最初から自転車とセットとして販売されていることも多い『フラットペダル』

4962625751223

↑フラットペダル(一例)

 

スニーカーで使えるフラットペダルは下へ踏み込むことはできますが、上へ引き上げようとすると… 

当たり前ですが、ペダルと足(靴)が離れてしまいます。

 

『フラットペダル』が使える力は、

フラットペダル + スニーカーで使える力=踏み込む力

ということになります。

 

 

ビンディングペダル

そこそこグレードのスポーツバイクにはペダルが最初から自転車とのセット販売になっていないことが多く、納車まで自分で選んだものをつけることになります。

そういった時に最初から選んだり、今回のようなフラットペダルからのグレードアップに選ばれるのが『ビンディング』ペダルです。

5C00EA61-BC80-4D48-8BB3-8A6593896F2A

↑ビンディングペダル(一例)

 

ビンディングペダルには対応のビンディングシューズが必要

ビンディングペダル&シューズの組み合わせで使う時の最大の特徴は「ペダルと靴がくっつくということ。

これは各ペダルに対応したシューズを合わせて使う事でフラットペダルの時にはできなかった「足を持ち上げてもペダルがついてくる」ということが可能になります。

 

ECB14BE5-CDFA-4B08-8BC2-6829EC1E6256

↑ビンディングシューズ(一例)靴裏にペダルに対応したパーツ(以下:クリート)を取り付けます。

 

このクリートがペダルと合体!(↑赤丸)

これで足をを引き上げてもペダルがついてくるようになります。

 

『ビンディングペダル』に変えて使えるようになる力は、

ビンディングペダル + ビンディングシューズで使える力=踏み込む力 & 引き上げる力

ということになります。

フラットペダルでも使えていた、踏み込む力に加えて『引き上げる力』も余すことなく使えるようになるのがビンディングペダルです。

使える力が増えたことによって、ペダリング(漕ぎ)の効率も向上するというわけなんです。

 

専用の靴「ビンディングシューズ」って普段の靴と何が違うの?

ビンディングシューズと普段靴の違いは大きく分けて2つ

  • ・靴底の硬さ
  • ・クリートを取り付ける前提の作り

というところ。

 

靴底の硬さ

通常のスニーカーは『歩きやすさを考慮した設計』になっていて、靴底が柔らかくしなるものが多いです。

シューズ フラット ソール 説明

↑イメージ

 

しかし、自転車に乗る時に『ペダルを踏み込んだら、靴底が柔らかくしなる』というのは実はパワーロスの原因だったりします。

ぐにゃりと曲がったところから本来ペダルに届けたかったパワーが逃げていってしまい、100%に近いパワーをペダルに届けたかったのに実際は70%60%程度しか届いていない…というような状態になっています。

 

そこで専用のビンディングシューズは靴底を硬く作り、しなりを抑えることで靴底が曲がり過ぎず掛けた力を逃がすことなくペダルに届ける手伝いをしてくれます。

また、ペダルと靴がくっつく設計なのでブレずに力を届けることが可能です。

これによって100%に近い力をペダルに届ける事が出来るようになるので、効率も良くなります。

20B4CA6D-B4A9-45B9-9F57-3C3200055509

ただ、『歩くことをメインに考えた靴ではない』ので種類によっては歩きにくいものもあります。

 

 

クリートを取り付ける前提の作り

ビンディングペダルのポテンシャルを最大限に引き出して使う為には、専用のシューズが必要になります。

しかし、ペダルとクリートは共通でも人それぞれの足の形・サイズに合わせて選ぶ必要があるのがシューズ本体です。

シューズも『ビンディングシューズ』ならなんでもOKではなく『ビンディングの種類』に合わせた靴を選ぶ必要があります。

その「対応したクリート」付けられる台座が組み込まれています。

19881232-9c0d-4df8-ad27-e7c281d4762f-e1641551075697 66b36496-06f7-47ef-a15f-8699ac66f79b1 a5aa2e5d-245f-4f6c-a312-111e1a62dabc-e1599196797413

↑クリート台座いろいろ

 

 

 ビンディングの種類

冒頭や上記にもお話しした通り『ビンディング』の中にもいくつか種類があります。

今回はわかりやすく、2つに分けて説明します。

これはペダルを購入する時に「どっちにしようかな~」と悩んだら参考に出来ると思うのでぜひ覚えてみてください(*'▽')

種類の呼び方は一般的に多く使われている「SHIMANO」のジャンル分けを使ってご説明します(一番わかりやすいんだ…!)

SPD-SLやSPDの「SPD」はSHIMANO PEDALING DYNAMICS の略称だったりします~

 

通称 SPD-SL タイプ

SPD-SL SL ビンディング シューズ 説明

主に舗装路でロードバイクで使われることの多いペダルです。

ペダルやクリートが樹脂製のものが多く、軽量であることもポイント。

靴裏に付けるクリートは大きなものが多い=ペダルと合体する部分の面積が大きいので効率的にパワーを伝える事ができます。

BA3C07E4-EF2F-4933-80B4-8CF426124F3F

  • ・長時間(1時間~)サイクリングが多い
  • ・交通の便としてではなく『自転車に乗ることが目的』という使い方をする
  • ・舗装路での使用
  • ・降りて歩くことは少なく、短時間(休憩)程度、長く歩く時は履き替えの靴を持っていく
  • ・乗っている時の効率重視!トレーニングで使いたい!

↑の方にはSPD-SLタイプがおすすめです!(^^)!

 

 

通称 SPD タイプ

SPD ビンディング シューズ 説明

主に舗装路でマウンテンバイクやグラベルロードで使われることが多いペダルですが、近年では歩くことが多い舗装路のロードバイクやクロスバイク、ミニベロなどでも使う方が増えてきている印象です。

ペダルやクリートが金属製のものが多く、頑丈であることもポイント。

靴裏に付けるクリートは小さいものが多い=ペダルと合体する部分の面積は小さいが、小さいゆえに靴底に『埋め込み』のように取り付けることが可能で歩行がしやすい、というのも特徴です。

15C42EF1-3F79-4494-8F38-C28E2CA34D5D

?SPDはどうして金属製が多いの?

元々、非舗装路などの悪路で使う事を想定したペダルとクリート。

靴の間に泥が詰まったりしても蹴とばして落とせるように頑丈に作られています。

また、ペダル自体も岩や枝にぶつかっても壊れないように頑丈に金属製になっています。

 

  • ・非舗装路で乗ることがある
  • ・サイクリング、観光、散策等を1足で完結させたい
  • ・自転車に乗る時間と歩く時間が半々、歩く時間の方が多い
  • ・通勤通学に使う、自転車を降りたら靴はそのまま生活で使う

↑の方にはSPDタイプがおすすめです!(^^)!

 

 

フラットペダル⇒ビンディングペダル にグレードアップ!
まず何を揃えたらいい??

ビンディングデビューに必要なものはまず3つ

  • ・ビンディングペダル
  • ・↑に対応したクリート
  • ・↑に対応したシューズ

これさえ揃えればすぐにはじめられます。

 

ペダルを新品購入する際は、だいたいペダル + クリートセットとして販売されています

なのであとは対応シューズを買えばOK!

ペダルのおさがりを人から譲ってもらう場合などは別途でクリートを購入する必要があります。

種類の合わないクリートでは使えないので、必ずペダルにどのクリートが対応しているか確認して購入しましょう!

 

また自身でフラットペダル⇒ビンディングペダルへの交換作業を行う場合は別途でペダル交換をする工具が必要になります。そのへんもペダルを買う前に何が必要になりそうか一度確認してみて下さい('◇')ゞ

(ペダルレンチや六角レンチ等、選んだペダルによって使う工具が異なります。)

 

グレードアップでたのしくサイクリング!

微々たるカスタムかもですが、効果は一番実感しやすいペダル交換。

スポーツバイクに慣れて来たら変えてみて下さいね(^^)/

 

新宿ウェア館では圧倒的在庫量でみなさんのビンディングデビューを応援!

困ったらぜひお気軽にご相談ください♪

 

きのした

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る