ワイズロード 新ポータルサイト

.

【スタッフバイク】FOXのFACTORY vs PERFORMANCE!!カシマコートの効果は!?【MTB】

532
横浜ワールドポーターズ店】松野 望士 22年03月23日

横浜店MTBコーナーから松野です。

 

買ってから2か月ぐらい経った
TREK 新型TOP FUELのリアサスペンションのお話です。

 

 

完成車に付属のモデルはFOX DPSPERFORMANCEモデルです。

 

098BAD03-6978-41FA-9ED8-0D90033432F1

 

同じくDPSのFACTORYモデルに交換したのですが
内部のダンパーの設定が違うので初期から動きすぎてしまうので
FOX国内代理店のマムアンドポップスさんに依頼して

リニア⇒ディグレッシブ へと変更をして頂きました。

 

778FDED8-D005-4D6D-8258-2EFF01651538

メーカーは違うんですが内部のこんなパーツ変更です。

ピストンやシムの種類や枚数、厚みで減衰がデザインされているのですが
カシマコートの違いは果たして松野でも違いが分かるのか!?

乗り比べをしてみました!!

 

 

ユニットの違い

上記の通り内部の設定は全く同じなのですが
FACTORYとPERFORMANCEでは違うところがあります。

 

その① カシマコート

最大の違いがカシマコートですね!

 31469557-8386-462E-A266-9F53D3C84E25

 

FACTORYの「エアスリーブ」と「ダンパーボディー」には
抵抗が小さくスムーズな動きのカシマコートがされています。

 

 

kasima

1.メインのエアシール
2.メインピストン
3.ネガティブ側エアシール
4.ダストシール
5.IFP

 の5か所がカシマコートされたパーツと接しています。

 

 

PERFORMANCEでは通常の黒いハードアルマイトです。

 F0BF2C60-0284-4534-AF81-2DF1AD954100

 

光の反射具合で何となく判別がつくかもしれませんが
カシマコートの方が表面の平滑度が高くつるつるしています。

 

 

その② オープンモードアジャスター

 

5601F5DF-4A44-44FB-914C-64961F17B838

 

PERFORMANCEモデルでは赤いリバウンドダイヤルと
青い3ポジションレバーがあります。

 

CCF47614-5894-4559-ABDF-8F5C8EBD2BCB

 

FACTORYではさらに黒いダイヤルがありまして
オープンモードでのコンプレッションを三段階から選べます。

 

 

実際に乗ってみた!

実際に乗ってみました!

サスペンションはシール類の馴染みが出ると
更にスムーズに動くようになるので事前に両方しばらく乗りつつも
セッティングを出しておきました。

 

 

最初はFACTORYで走って
その後PERFORMANCEへ交換。 

 BFC56A8D-3EA3-425E-8CF9-95784D95C7B7

 

 

慣らしもかねてそのまましばらく乗った後
よく行くトレイルに持っていきました。

26CF67D2-867A-4FCD-A2B9-D608BB8272EC

 

 

数本走った後にお昼を食べてから
いよいよFACTORYモデルへ交換しました。

 

6C4A4B84-09FA-4E00-875D-8D93E7F82B5D

 

 

どちらもエアボリュームスペーサーの容量や
空気圧と設定は全く同じです。

 

BE150155-E25C-43A8-98A5-FD0F0A924583

 舗装路ではほんの少しの差しか感じませんでしたが
やっぱりオフロードでは全然違いました!!

衝撃を受けてサスペンションがストロークする時の反応が良く
伝わってくる衝撃が非常にマイルドになりました。

 

 C57E74DA-43BC-4E6A-8762-8F5D1D05E209

 (自分のGoProがうまく取れていなかったので後ろを走っている人のGoProからのキャプチャです。)

 

スピードの出る下りで木の根の多いところでは顕著に差が出ました。

ガツン!とくる衝撃が非常に小さくなるのでスピードを維持したまま
突っ込んでも全然大丈夫でした。

「このスピードでこっち走ったらしんどいかな…」と考えてしまう
ラインでも走れるようになりました!

 走行タイムは測っていませんが(測ればよかったです)
スピードアップしているのでタイムも縮まりそうですし
何より下りがとても楽になったのでいつもより体力に余裕がありました!

 

 

 

PERFORMANCEモデルの方は常にスコスコと動くような感覚なのですが
FACTORYモデルではオープンモードアジャスターのおかげで好みに調整できます。

 

CCF47614-5894-4559-ABDF-8F5C8EBD2BCB

 

「2」のポジションではペダリングロスもある程度防げますし
路面からの情報も伝わってきてかなりいい感じでした。

 

 

 

他にも気が付いたのは音です。

 3DE87DD3-3D18-4B83-8BE8-4998A8A5CF7A

コンポはSRAM GX EAGLE AXSなのですが
RDが重たいせいか、荒れたところを走るとスプリングのテンションに負けて
RDそのものがバタついてしまい、チェーン周りから音がする時があるのですが
FACTORYに交換した後はこの音がほとんど聞こえなくなりました!

 

 

あとは気になるのはやっぱり耐久性でしょうか。

こればっかりは長期的に乗らないとわからないところではあるのですが
PERFORMANCEの方は肉眼でもわかりにくいレベルで縦筋が入りました。

 

 26F02E37-389E-4BDC-8251-4671BE33CF5A

 

本当にごくわずかなストロークの跡のようで、エアが漏れたりなどは全くなく
光に当ててよく見ないとわからないレベルの物です。

 FACTORYではこの跡は全くなくピカピカの状態を保っています。

やはりカシマコートの方が摩耗や傷に強いみたいですね!

 

 

 

最後に……やっぱりカシマコートはかっこいいです!

 A39B9D1A-F7CB-49CA-A072-827A173EF5D4

 

カシマコートにも色の個体差があるようなのですが
ちょっと濃いめのカシマコートとバイクのロゴの色がピッタリです。

性能だけではなく所有欲も満足させてくれるのがカシマコートです(笑

早く次も走りに行きたくなっちゃいました!!

 


 

 個人的に超イチ押しなFOXのサスペンションですが
やっぱりコロナウイルスの影響で依然手に入りにくい状態です。

既に22年モデル完売の物も多くあるようなのですが
サイズによってはまだ手に入るかも…!?

ご相談ください!!

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る