ワイズロード 新ポータルサイト

.

【レースレポート】JBCF群馬CSCロードレースに参戦しました!

532
新宿本館】 22年04月26日

こんにちは、Y’sRoad実業団所属、植竹です。

4月23日~24日に開催された、JBCF群馬CSCロードレース4月大会に参加しました!

先日開催された西日本ロードから1週間後の開催と、あまり期間が開いていないので、がっつりトレーニングはせずに疲労を抜いて臨みました!

 

JBCF群馬CSCロードレースDay1

コースプロフィール

1周6kmのアップダウンのあるコースを8周する、全48kmのレース。いつも通りの時計回りで走り慣れているコースでした。天気は良かったのですが、風が強かったので横風でふらつかないように気を付けて走りました。

 

出場選手

エントリーはオープン参加を含めて28名、出走は26名と女子にしては多めでした。

 

レーススタート!

view_image1

女子のレースはいつも先頭集団が5名くらいなので20人以上の集団で走るのは楽しかったです。そしていい匂いがしました!下りはリスク回避で集団の前の方を位置取って走るようにしました。1周目の心臓破りの登りは結構なハイペースで 登ったのですが、集団は縦に伸びたくらいで大きなままでした。2周目は集団の様子を見ながら走っていましたが、先週と比べると身体も動いたので、3周目の心臓破りの登りでアタックを掛け、そのまま速度を付けて下りました。

view_image3

すると先頭は私と、岩元選手、伊藤選手、米田選手の4名に絞られました。4周目の下りが終わると後続集団との差は1分弱くらいに開いていました。

view_image5

3人でローテーションして米田選手がツキイチで周回をこなす。そして最終周回、独走に持ち込む作戦で心臓破りの登りでアタックを掛けました。後ろを見るとドラフティングが効かないくらいに差が開いていたのでそのまま下りも踏み続けました。ホームストレートに入って後ろを確認して勝利を確信。1位でゴールしました!

view_image6

 

表彰式

 身体の調子も悪くなかったので自分から仕掛ける積極的な走りができました。

view_image7

 

レース後

翌日もレースなので、宿に着いてご飯を食べてからマッサージをしてもらい明日に備えました。

バイクはメカニックの池田さんに洗車してもらい準備万端です!

2493AD28-F2D5-4675-8EA2-E85B77E59096

 

JBCF群馬CSCロードレースDay2

天気は曇っていて気温も少し低めでしたが風がなかったのでそこまでの寒さではありませんでした。

コースは前日と同じですが、周回数が10周でした。前日の疲労が残っているのでどこまで走れるか不安でしたが、強気に走ろうと思っていました。

レース前にはアップオイルを塗ってもらい、体を温めます。

E9A20259-B921-4B4C-AC08-B208B4A1D6ED

 

出場選手

Day2はエントリー27名、出走25名でした。出場選手は前日とほぼ同じ、SARISサポートライダーの本田選手は2日目のみの参戦でした。

 

レーススタート

7BDF89C5-20B3-4B67-87C6-CECBB3319A90

1周目は様子を見ながら集団の前の方で走っていました。2周目の登りで岩元選手がアタックをかけて集団は10名ほどに。

61B6F50E-8C45-4545-A201-927A5417F3FA

ただ半数ほどの選手は先頭交代はせず後ろについている状態で、私と岩元選手、伊藤選手が中心に先頭交代をして周回をこなしました。今シーズンから油圧ディスクブレーキを導入したので、下りがとても安心感があり楽に感じました。コーナー前も先シーズンより突っ込んでいけるので下りが楽しかったです。

7周目、下り終わってからのアップダウン区間でアタックを掛けると岩元選手と2人逃げ状態に。後続集団は人数多いので追い付かれるかもと思ったけれど、すぐに1分くらいの差が付きました。

FAFAD3A0-A591-4DE0-B559-DA1475C668C0

この時点でかなり脚が疲れていたけれど、岩元選手はトラック競技もやっているのでスプリントに持ち込んだら不利だと思い、アップダウン区間や心臓破りでペースアップを図る。しかし、岩元選手はピッタリくっついてくる。

最終周回の心臓破りを終え、いよいよ岩元選手とのスプリント勝負に…。岩元選手は私をコースの左端に追い詰めて私のコースを塞いでからスプリントを開始!うわ、やられた!と思った時にはもう遅く、私は緑のコーンをよけてから遅れてスプリントを開始。出遅れた差は縮められずそのまま2位でゴールしました。

E14AE0A2-6A21-45B1-A5E3-F8B8010888E2

 

表彰式

前回の広島に続き、スプリントで負けてしまいました。トラック競技もやっている学生はスプリント力があるので、1日目のように独走に持ち込むか、レースで勝てるくらいのスプリント力を身に付けたいと思いました。

7E81D9FD-EFFF-4A0B-95B0-CDD736FF1A59 

2位でしたが、リーダージャージはキープしました。

06F6B49F-E1C2-4D92-9F8E-4AE5992711C8

 

レース後

身体がバキバキだったのでマッサージをしてもらい、バイクは綺麗にしてもらいました。本当に有り難いです。

F342C4B6-1E9E-4A94-B929-DA762D83DF74

お昼ご飯を食べた後、午後のE2にはチームメイトも出場するので応援をしました!

AA9984BE-A78C-4FC8-9CFF-8507990E0994

 

感想

今回の2連戦は1日目が調子よく感じたので、2日目もガンガン行けるかと思いましたが、予想以上に疲労が溜まっていて思うように走れませんでした。スプリントやアタック力などの瞬発系の強化や、2日目のレースもしっかり走れるように地脚の強化をしていきたいです。

最後になりましたが、 帯同して下さった方々、サポートして頂いた方、応援してくれた方、ありがとうございました。次回以降のレースも頑張りますのでこれからも応援よろしくお願いします!

 

使用機材

uetake3

フレーム:COLNAGO V3-RS DISC
コンポ:SHIMANO R9270系 DURA-ACE Di2
ホイール:SHIMANO WH-R9270-C50-TL
タイヤ:Continental Grand Prix 5000S TR
ハンドル、ステム:DEDA VINCI
サドル:PROLOGO DIMENSION NACK
ギア:フロント52-36T、リア11-30T
チェーンルブ:Muc-Off LUDICROUS AF
ペダル:SHIMANO DURA-ACE R9100
サイコン:GARMIN EDGE530
ジャージ:PEARL IZUMI エアスピード ジャージ
ソックス:R×Lソックス 550R
シューズ:SHIMANO S-PHYRE RC902
ヘルメット:ABUS AIRBREAKER

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る