ワイズロード 新ポータルサイト

.

【石川ライド番外編】ヘッドのゆるみ音鳴りの原因です!(でした)

427
上野アサゾー店】石川 康輔 22年05月14日

20220511_104438

ライドの帰り道、最後の土手を走っているあたりでミシミシとバイクから異音が聞こえました。それなりのトルクで踏むと出るのでBBに砂でも入ったかなと思いましたがちょっと違う感じ。試しにハンドルだけグイグイと力をかけるとミシミシと音が鳴り犯人をすぐに特定することができました。

スタッフバイクメンテナンス

ヘッド周りの締め直しは定期的に行いましょう!手順は以下の通り

DSC_2393

ヘッドの締め付けをチェックするためにまずはステムの固定を緩めます。

次にカーボンコラムの場合はプレッシャーアンカーが緩んでいないか確認をしましょう。

DSC_2392

車種によってこの辺の構造が違うのでご自身のバイクにあったやり方を把握しておいてください!

プレッシャーアンカーのゆるみは比較的でやすいので、固定チェックと仮に緩んでずれている場合はコラムから少し浮き上がってしまうので必ず定位置まで押し込んでから締め直しましょう。特に魔改造している私のヘッドは緩みやすいので特に私は注意が必要な部分です。

詳しくはこちらの動画でもご確認いただけます。

 ステムを固定する前に上のキャップをガタが出ない程度に締めてから最後にステムの固定を行います。写真を撮るために片手で作業していますが、コツとしてはフロントフォークを手で持ち上げて地面から前輪が浮く状態で作業するといいですよ。

ここは強く締めるとベアリングに圧がかかるので、ガタがなくなる程度に適度に締めましょう。例えばステムの固定と同じぐらいのトルクで締めないとガタが取れない場合は組付けに必要な部品、手順の間違いなどあるので要注意ですよ。

DSC_2394

工具は精度が命!個人的におススメしている六角レンチはHOZAN ( ホーザン ) W-110 ボールポイントレンチセット

HOZAN ( ホーザン ) W-110 ボールポイントレンチセット

HOZAN ( ホーザン ) W-110 ボールポイントレンチセット商品はこちら

 角がしっかりとしており遊びが少ない印象でちゃんと使えばなめにくい六角レンチです。ハンドル周りはこのセットで事足りる場合が殆どなのでとりあえず最初の自宅用工具として買うのであればお勧めです!クオリティは高いのに値段もお手頃です。

メンテナンスをご自身で行う事に不安を感じる方もいるかもしれませんが、特別な作業をしなくても普段からバイクの調子を気にして走る事でトラブルが発生する前に不具合を見つけて対処できるようになり、サイクリング中に走行不能になるようなリスクが少なくなると思います。

まずは簡単な所からチャレンジしてみましょう!!

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る