ワイズロード 新ポータルサイト

.

パンクして知ったフォーミュラプロの凄さ。

633
京都店】 22年05月14日

FBD2E545-8936-461B-811C-886BF6C8E7B5

 ~5月定休日のお知らせ~

いつもワイズロード京都店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
5月の定休日と営業時間を変更をお知らせさせていただきます。

定休日
第二月曜日

9.16.23.30日

営業時間
12:00~20:00

12:00~19:00

お客様には大変ご迷惑をおかけ致しまして誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

____________________________________________________________________________

 

こんにちは京都店 吉野です。

先日、お店の定休日に合わせてスタッチに行ってきました。
わたしはチューブレスレディなので特にチューブなども持たずにナメきった軽装で挑んだわけですが。

パンク!我ながら見事なオチです。

SPD-SLで2㎞ほど歩いてチューブを購入。

FBD2E545-8936-461B-811C-886BF6C8E7B5

道端でパンク直すおじさん

 

なにかを踏んだっぽい後はあるものの貫通した様子はありません。小さな穴が開いたんだろうとブートを当ててをチューブドにしてとりあえず完走する事が出来ました。

 

チューブレスレディなのにそんな小さい穴でパンク?自走不能?
シーラントが埋めてくれるんじゃないの・・・?

と思う方も多いはず。私も思いました。
そう、タイヤを剥がすまでは・・・

 

吉野、痛恨のミス!まさかのシーラント入れ忘れ!

やらかしました。よりによってビワイチで。

 

まぁそんなわたしのうっかりミスは自己責任なので
いいのですが、一つ注目したいのは

「シーラントなしで、ほとんど空気抜けも気にならずに2ヶ月快適に乗れていた」

ということです。

 

使用していたタイヤは

 

IRC FORMULA PRO RBCC

80B5951E-33E9-4FE1-96BD-07ED2147F98A

9,240円
(22/5/14 価格が間違ったものを掲載していましたので編集しました。申し訳ございません。)

 

以前、紹介しましたので
よければそちらもご覧頂ければと思います。(コチラ

あの時のわたしにモノ申したい、
「それシーラントはいっとらんで。」

 

以前も少し触れたのですが、フォーミュラ プロは軽量タイヤの【S-Light】以外は「チューブレス」と箱にもタイヤサイドにも明記されています。なのでRBCCにはシーラントは要らず、ホイールがマビック キシリウムプロ USTなのでこちらもシーラントは不要ですが万が一の保険にシーラントは入れておくのが安心です。

 

相性にもよりますが普通はシーラントを入れないと空気漏れがひどかったり、なにかしらの不具合に見舞われることが多いのですが、なんと不思議なことに交換してかれこれ2ヶ月、ただの一度も空気漏れに悩まされることなくライドに出かけていました。

なんて恐ろしい!
というのは置いといて、

シーラントなしでもしっかり空気を保持できるフォーミュラプロとマビックのリムの相性の良さに驚きました。入れ忘れて気が付かなかった言い訳としてはこの相性の良さのおかげでシーラントが入っていない事実の発覚が遅れた(もはや事後)というわけです。

なんの言い訳にもなってませんね・・・

 

IRC ( アイアールシー ) パンク修理キット チューブレスレディータイヤ用シーラント 60ml

IRC チューブレスレディータイヤ用シーラント 60ml

 484円

 

 

基本的にはチューブレスレディはもちろん、チューブレスでもシーラントは入れています。それは万が一小さな穴が開いてしまった場合、空気よりも先に漏れ出したシーラントが硬化して穴を塞いでくれるので余程のダメージを受けない限りは自走不能にはなりません。

少なくともわたしはチューブレスにしてからパンクというものを経験していませんでした。(ちゃんとシーラント入れていたので)

 

今回とんでもない形でIRCとマビックの相性の良さ、空気の保持力を実感しました。

みなさんもロングライド前にはきちんとシーラントが入っているか確認して、
最悪の場合チューブドにできるようにチューブは持っていきましょう。

 

 

 

____________________________________________________________________________

↓↓キャンペーン情報↓↓

 mavicrnt

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る