ワイズロード 新ポータルサイト

.

【Cannondale】鮮やかなブルーのアルミロード、CAAD OPTIMO1が新入荷!!

221
大阪本館】小西 真人 22年05月25日

IMG_4870

 

 

想像以上に良く走るアルミフレームのエントリーモデルとして評価が高いCAADオプティモの、新色「アルパイン」が到着!!

 

C社によるアドバンスなアルミデザイン

 

IMG_4849

 

〇CANNONDALE 2022 CAAD OPTIMO1 ¥187,000-(税込)

 

スタンダードな6061アルミを使っていながらも、そこはCAADシリーズ。

レーシーな「13」とはまた違う金属フレームならではのしなやかさを前面に押し出しすことで、非常に乗りやすいエントリー機となっています。

 

乗りやすいのにきちんと速い

 

IMG_4864

 

リアセンターの長さが目に付きますが、それ以外のジオメトリーはかなりレーシーな味付けというのがちょっと意外。

短いヘッドチューブに立ち気味なヘッドアングル、低すぎないBBハイトを採用しているのでスポーツライドはお手の物。

SAVEとドロップドステーを組み合わせることで、リアバックの快適性も良好。ロングライドからレースイベントまで余裕でこなす実力者です。

 

105コンポはレースへの入り口

 

IMG_4859

 

搭載コンポはシマノの105(2×11速)。

変速機周りのスペックは文句なし。105のリムブレーキも効きは十分。

このままの仕様でガンガン乗り込んで、ディスクブレーキじゃないとこれ以上コーナーを攻められない!という段階になってからディスク車に乗り換える、というのもアリなのでは。

 

13の弟分に相応い、高い完成度を誇る1台

 

IMG_4854

 

フレームサイズは48と54。
おおよその適正身長はそれぞれ165cm/175cmくらいでしょうか。

(詳細なフィッティングはバイオレーサーにて計測いたします)

 

明るめのメタリックブルーのフレームに、少し濃いブルーのロゴを重ねたスッキリしたグラフィックも〇。

アルミのキャノンデールと自ら謳うだけあって、フレームのポテンシャルはかなり高め。

ホイール次第で化けそうな気配もあるので、手持ちのパーツを組み込んでカスタムしてみるのも面白いかもしれません。

 

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る