ワイズロード 新ポータルサイト

.

【インプレ】新型ULTEGRA C50をメーカーさんからお借りしました!!②

337
新宿本館】 22年05月26日

みなさんこんにちは。とある実業団所属の、新宿本館コダイラです。
前回に引き続きSHIMANOさんからお借りした超話題の新型ホイール、ULTEGRA C50をご紹介。

※C36のインプレ第一弾第二弾はこちら。またC50のインプレ第一弾はこちら。

SHIMANO ULTEGRA C50

WH-R8170-C50-TL

549B4DD2-446B-4FBA-8CBF-A84D1D25549E

 

¥157,300-(税込)
リムハイト : 50mm
ブレーキタイプ : センターロック(DISCブレーキ)
対応段速数 : 11s/12s

プロフィール

 50ABD4B9-5DD4-4B4B-B323-5F4DC02656E8

まずはインプレにおいて最も重要なライダーのプロフィール。
身長は172cm程、基準体重は57.5kg。
自転車の乗り方としてはJBCF(E2/実業団)のレースを中心にそれに向けたトレーニングが主。純粋なサイクリングはあまりしないです。

 使用車体

85291F38-8602-44E4-BA3A-B0AA0F600D29

今シーズンからレース機材に選び、乗り込みを進めていますが今回インプレに用いたのも『MERIDA REACTO TEAM-E』。
カラーリングは変更になりましたが、Bahrain Victoriousがグランツール等にも投入する正真正銘のフラッグシップフレームです。
※車体に関するご紹介はこちら。また車体インプレはこちら

足回りのデータ

1528816E-E3F2-4987-8BDD-6EBFE5D53E83

お借りしたホイールについていたのはVittoria CORSA 25C。
普段はContinental GP5000やIRC ASPITE PRO RBCC 26Cだったので相当久しぶりのCORSAです。
DISCローターはRT-MT900で、フロント160mm/リア140mmです。
普段からタイヤは各社共に6.0bar前後で運用しているのでこの日も同じように。

いざ実走

平坦朝練編

E6693C20-DC4A-471B-922D-CCAC6BB195BD

この日は早朝からいつものメンバーで朝練へ。
首都圏のローディーなら皆さんご存知な彩湖です。たまにJプロツアーを走るライダーにも遭遇出来ます(笑)

主に巡航やペースアップを織り交ぜた形式なので、リムハイトの恩恵が非常に大きいですね。
やはり前回同様速度が伸びて維持するようなタイミングでは価格に対し驚異の走行性能です。

コーナーを抜けて立ち上がりでダンシングをしながらパワーを掛けていると若干剛性感のせいかヨレが垣間見えますが、重篤なものではないのでサイクリングでは決してネックにはならないでしょう。

恐らく先日のJBCF大磯クリテリウムや、同様のレースで戦う選手にとっては物足りない部分があるかな?と言ったところ。
厳しいレース展開で戦うJBCFや学連・高体連レベルで引っ張りまわした時に一部感じるようなイメージです。

改めてお伝えしますがそういった剛性感やスペック面を詰めたい方にはDURA-ACEがあります。12s対応の縛りや価格差はありますがそれこそ適材適所ですね。

物見山編

7E8EF870-D6FC-4222-8B75-CE18E9F7737D

朝練終了後、私はまだ時間に余裕があったのでそのまま鳩山エリアへ向かい物見山へ。 
ここの直前には大東文化大学前の坂があり、ちょうど良い負荷がかけられるので気に入っています。

5EE76977-A520-47DE-B4B0-C4DB7BA3F25B

区間プロフィールはこんな感じ。
実はこの区間、私は全体ランキングの4位に入っており陥落するわけにはいきません(笑)

目標は疲労もあるのでベストから+30s以内でのゴール。
踏み方は慣れもあるので頭に浮かべつつ、ホイールの感触も確かめて参りました。

E0351F90-1899-4A7B-A118-E156C1B09737

 

結果は目論見通りのほぼピッタリ。

登っている最中にわざと乱れたペダリングなども混ぜてみましたが、失速感はありつつもそこまでヨレたりはしない感触。
そのしなりを快適性向上と結びつけるか、パワーロスとしてよりスペックを詰めるかはそれぞれで判断すべきですが、なんにせよTL規格対応のため恐らくタイヤチョイスや空気圧設定でいい塩梅が見つかると思います。

6DCE5DD6-4C41-435F-8D0B-E3C0B2A18E9C

またパワー入力に対するレスポンスはかなり素直で、クセは感じず非常に扱いやすい印象です。

帰路は大東文化大学前の坂を逆に下るのですが、伸びは抜群で回転性能に関しても不満は感じないレベル。
またこの日は途中から風が出てきたのですが、向かい風はもちろん横風や斜め前からの風も良い感じにいなしてくれる感触があり、ハンドリングを妨げる様なシーンは無かったのでバランスとしてもかなり高く感じました。

00CC3161-F1F1-4BB2-A5E7-756D45C5EDE2

この日のデータはこちら。
巡航性能が高いため失速もし難く、アベレージもキープしやすかったです。

超ハイコスパモデルを是非!!!!!

5FEB1D36-15DA-4248-8234-5103DCF176B7

 短期間とはいえ300km程トレーニングペースで漕ぎましたが、『これが15万円代!?!?』という驚異のコストパフォーマンスでした。

予算やスペックと相談しながらお選びいただくのが主だと思いますが、レース良し・サイクリングには十分すぎるスペックを兼ね備えたハイパフォーマンスモデルに仕上げられていました。

C36とC50両方お借りしましたが、『基準』をC36としつつも空力面にもう一歩踏み出したい!!という方には非常にオススメです。

現在当店にはSHIMANOさんのホイールを複数ペアご用意しております。
気になるモデル等御座いましたら、ぜひお気軽にお申しつけ下さい。

ではまた。

 

 

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る