ワイズロード 新ポータルサイト

.

【STAFFBLOG】新ETRTOの罠。

488
大阪本館】小西 真人 22年06月03日

IMG_4967

 

 

タイヤの表記では「25C」となっているのに、どう見ても24Cくらいの幅しかない・・・

 

2020年に変わったETRTO規格

 

IMG_4964

 

今までは15mmのリム内幅を基準にタイヤを設計していましたが、昨今のワイドリムの流行を受けて基準の幅が19mmへと変わりました。

その結果何が起こったかというと・・・組み合わせによってタイヤの太さ(実測値)が変わってしまうという事態が発生。

 

同じ25Cタイヤでも

旧リム(15mm)+旧25Cタイヤ=25mm。
旧リム(15mm)+新25Cタイヤ=23mm。

新リム(19mm)+旧25Cタイヤ=28mm。
新リム(19mm)+新25Cタイヤ=25mm。

こんな感じで実測値が変わってきます。

どうやらリムの内幅が2mm変わるとタイヤの幅も1mm程度変わる模様。

 

マヴィックのキシリウムエリートの内幅は17mmなので、イマドキの感覚ではナローリム。最新タイヤを入れるとやっぱり細く感じてしまいます。

実測値で25Cの幅が欲しければ、新エトルト規格のタイヤだと26C以上のものを選ぶ必要がありそうです。

 

パナレーサーさん曰く

 

IMG_4972

 

最新タイヤの「アジリスト」は新エトルト規格ですが、その他のタイヤは旧エトルト規格で作られているので、組み合わせには気を付けて欲しいという話でした。

タイヤチョイスの際にはご注意を。

 

IMG_4978

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る