ワイズロード 新ポータルサイト

.

スタッフ井上の旅行装備計画その1 バックパック編

266
名古屋ウェア館】 22年08月07日

どうも。9月の頭に輪行で伊豆に行って、2日間泊りがけで走る予定の井上です。
これから少しずつ使う予定の装備をご紹介したいと思います!
今回はバックパック編!

やっぱ自転車用バックパックならdeuterでしょ!

今回は宿に荷物を先に送って、帰る前に家に送り返す予定なので、バックパックはそこまで大きくなくていいはず。
持ってないうえに金欠なのでフレームバッグなどは使わない予定です。
ということで

deuter RACE EXP AIR 14+3

deuter RACE EXP AIR 14+3を使用します。

RACE AIRシリーズは背中が蒸れにくいことが大きな特徴で、長時間のライドでも不快感を最小限にとどめてくれます。

deuter RACE EXP AIR 14+3

背面は全面メッシュ、かつ直接背中に触れる部分は上部と下部の盛り上がっているところのみで、

deuter RACE EXP AIR 14+3

中央部は背中からは離れ、風が抜ける仕様です。このおかげで普通のバックパックと比較すると、背中の発汗量を25%も抑えられます。9月頭なんてまだまだ酷暑のはず。この機能は必須です。

実は私RACE AIR 10という、もう1回り小さいモデルも持っているんですが、今回EXPのほうを選んだのには2つほど理由があります。

理由① 背中側ジッパーを開けると容量が増える!

これが名前にEXPとつく所以です。expansion(拡張)の頭3文字です。

deuter RACE EXP AIR 14+3

通常時はこのサイズ(14L)ですが、ジッパーを開けると...

deuter RACE EXP AIR 14+3

容量が3L増えます。
意外とこれが大きくて、開ける前にパンパンに詰めていても、開放すると菓子パンが2~3個入る余裕ができます。シューズの収納も楽々です。ローカットであれば、トレッキングシューズなどのゴツいものも入っちゃいます。
SPD-SLのシューズで走り、歩きたいところではシューズを変える予定なので、この余裕は必須ですね。

理由② ヘルメットホルダーが標準装備

deuter RACE EXP AIR 14+3

下の方にあるジッパーを開けると、ヘルメットホルダーがニョロっと出てきます。それを上の方にあるループにひっかけると写真のようにヘルメットを入れておくことができます。はみ出ている部分が多いですが、意外とホールド力が強く、山歩きをしても落ちる様子はなかったので結構信頼しています。

こちらはRACE AIR 10のほうには装備されておらず、追加で購入する必要があるためEXPを選んだのです。以上が選んだ理由です!

その他スペックなど

PXL_20220807_063341874

ほかにも反射素材が大きめに入っていたり、

PXL_20210803_080947450

下の方にはクリップタイプのリアライトが取り付けられるループがあったりするので、視認性もばっちりです。
※写真はRACE AIR 10です。

deuter RACE EXP AIR

レインカバー内蔵で急な雨にも対応できます。

最後にお値段紹介!

¥13,200(税込)です!

[ysid 4046051114767]

久しぶりに店頭の在庫も復活しましたので、皆さんもおひとついかがですか!?
持っていると本当に自転車遊びの幅が広がりますよ。
店頭では実際にお手に取ってご覧いただけますので是非どうぞ!
ご来店お待ちしております。

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る