ワイズロード 新ポータルサイト

.

【競技コラム】ホイールの選び方:剛性って何??

444
川崎店】 22年09月18日

ホイールひとつとっても
MAVIC,ZIPP,FULCRUM,BONTRAGER,SHIMANO...
など挙げればきりがありません。

IMG_9688

あらゆるサイクル系競技でよく言われることの一つに
「剛性」が挙げられます。
とはいえ、剛性がいったい何か、
なぜ重要なのかを完全に説明するのは難しいです。

今回は剛性について徹底解説し、重要なポイントをご紹介します。
ホイールの選び方やフレームのチョイスに役立つ知識
になりますので是非ご一読ください。

イントロダクション:剛性=力の跳ね返り度合い

端的に言うと剛性はかけた力、自転車であれば
「踏んだ力に対してどれだけロスが少ないか
という概念になります。

そして一般的に剛性は物体の硬さに依存しており、
硬ければ硬いほど剛性は高くなります。

なので極論を言うとクロモリ等の方がカーボンより剛性が高いです。
しかしカーボンが重宝されるのはその軽さが重要だからといえます。
せっかく剛性が合っても重すぎてクライムがしんどい・・・
となってしまってはどうしようもありませんからね(笑)

かけたエネルギーに対するロスが少なければ
それは高剛性である、といえることになります。

余談ですが
軽さと剛性は意外と難しいもので
両立させようとすると値段が・・・
となってしまうんですね。

各メーカーの技術者は
日夜この2点の両立と戦っています。
その中で3KカーボンT1100Gなどの繊維が
使われており、ブランドごとで色が出ています。

メインテーマ:剛性は勝利に直結するのか

先程も紹介した様に剛性だけで重くては戦えません。
一方で、軽くて剛性があるから性能が良く、誰が使っても強くなれる
という文言に対してYESかといわれると
半分は正しい」が正解だと私は考えます。

というのも確かにエネルギーロスが少ないのはメリットですが
かけた力の分だけ自分にも負担がかかる
作用反作用の原理が問題となって来ます。

例えば10かけたら4返ってくる素材であれば負担は4ですが
10かけたら6返ってくる素材では負担が6となり、
2余分にしんどい思いをする事になります。
倍率だけで見ると1.5倍の負荷がかかることになります。

グランツールなどの足が完成したバキバキのサイクリスト
であればそんな負担は大したことないかもしれませんが
我々は話が別ですよね。

負担に脚力が追い付かず、
せっかくの性能が生かしきれない・・・
といった事態が起きてしまったりします。

以上のことから結論としては
「高剛性で軽ければ絶対的な性能は良いが、
それが自分にとっての最適かどうかは一概に言えない
というべきでしょう。

より詳しい剛性と疲労についてにコラムはコチラ

あなたにとっての最適な剛性は?

IMG_9687

プロのライダーのように機材が潤沢にあれば
状況に合わせた機材を使えるので苦労はしません。

しかしそうもいかないですよね。
こんな時に役立つのが「試乗」です。

当店ではMAVICシリーズのホイールが揃っております。
COSMIC SL,SLR,KSYRIUMなど
5種類以上のホイールの扱いがございます。

約2週間の貸し出しが可能ですので
使いながらどれが最適なホイールかを選ぶことが出来ます。
是非ご来店下さい。

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る