ワイズロード 新ポータルサイト

.

【GARMIN】話題の新作が入荷!旅やサイクリング志向の方やe-bikeに乗られている方にオススメ!

75
船橋店】下山田 航太 22年09月23日

自転車業界だけにとどまらずあらゆる競技シーンで使用されている『GARMIN』
自転車業界では速度やパワー・心拍数を計測するサイクルコンピューターを筆頭に根強いファンを獲得しプロ選手でも使用する方がいるほど人気なメーカーとなります。

【船橋×GARMIN】『GARMIN Edge Explore 2』

こんにちは。ロード担当の下山田です。
人気サイクルコンピューターの地位を確立している「GARMIN EDGE」シリーズから先日発表されたEdge Explore 2が入荷しました。ツーリングやサイクリングに適した新作デバイスをご紹介いたします。

DETAIL


新作デバイス『Edge Explore』に適したユーザーは?

同社ラインナップ中、人気機種の『Edge 530』、『Edge 830』がサイクリング、レースユーザーの位置づけとしたら本モデルはツーリングやサイクリング、さらにE-bikeを乗られているユーザーに適したといったところでしょうか。
本モデルは休日のサイクリングでナビ機能を使用したり大きい画面により数字が見やすいなどメリットが多く、自転車ユーザーの多くが欲しい機能が搭載されています。

Edge Explore の特徴

①サイクリングに特化したGPS地図機能&ナビゲーション
3つの衛星プラス1つの補完による測位システムで、精密で正確な位置情報を提供。全国主要自転車道を備えた昭文社日本詳細道路地図を搭載しており、自動車専用道、サイクリングロードもしっかり表示します。


②約16時間稼働のロングバッテリー搭載
ロングライド・トリップでも十分なタフネスバッテリーを搭載。また3.0インチフルカラーのディスプレイは、タッチスクリーンを採用し、日差しの中でも見やすさに配慮しています。


③直射日光の下でも加熱故障しにくいタフネス構造と見やすいスクリーン
強い日差しや夏のライド時、ハンドルにスマートフォンを装着しナビ機能やサイクルコンピューターとして使用する方も多いと思いますが、直射日光や固定力不足により高価なスマートフォンが故障してしまうおそれがあります。それに比べ本モデルは加熱による故障が起こりにくいタフネスバッテリーを搭載。脱落しにくいマウントも付属。また3.0インチフルカラーのディスプレイはタッチスクリーンを採用し、日差しの中でも画面の見やすさに配慮しています。


④走行車の安全性に配慮した様々な機能を搭載
ルート上の登坂の勾配率や距離、高度をグラフを「見える化」することで無理のないサイクリングをサポートする「ClimbPro」を搭載。またリアルタイム情報を家族や仲間と共有できる「Live Track」で、あらかじめ設定した家族や仲間にリアルタイムで自分の位置情報を知らせることができます。


⑤E-bike専用の機能
互換性のあるE-bikeとパワーマウントケーブルを「Edge Explore 2 Power」に同梱されているパワーマウントと接続することで、「Edge Explore 2 Power」を常時充電することができます。またE-bikeのバッテリー残量など確認することも可能です。注)別売りのケーブルが必要

■GARMIN Edge Explore 2
※センサー別売り

販売価格:¥52,800(税込)

[ysid 0753759310653]

■GARMIN Edge Explore 2 Power
※センサー別売り

販売価格:¥60,800(税込)

[ysid 0753759310660]

フィルムやケースも在庫あります!

[ysid 0753759310691]

[ysid 0753759309763]

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る