.

【バカ正直インプレVol.6】アルミ最高峰の名は伊達じゃないのか?サンデーライドで使ってみた

11139
船橋店】下山田 航太 23年03月18日

皆さん、こんにちは。ロード担当の下山田です。
本日はサンデーライドで試乗したホイールを私なりにインプレッションさせていただきます。

【バカ正直インプレVol.6】「MAVIC KSYRIUM SL」

約半年ぶりとなりましたインプレッションのご紹介です。過去のインプレはこちらから見れます!

今回は3/12まで開催した「MAVICブランドキャラバン」でもラインナップにある「KSYRIUM SL」を一足先に先日のサンデーライドで試乗しましたので私が感じた正直な感想をご紹介させていただきます。

まずは簡単にインプレホイールのご紹介

独特なリム形状を採用

リム高が22mmを採用しオールラウンドに走行ができます。
リムはマヴィックの誇る切削加工技術である『ISM』を施すことで剛性に不要な箇所を無くし軽量に仕上がっています。
リムとニップルにネジを切ることで密閉性を向上させた『FOREテクノロジー』を採用。
上記技術を採用することでチューブレスを使用するうえで重要な空気漏れを大幅に防ぐことが可能となりました。

空力性能を考慮したスポーク形状を採用 

本モデルはマヴィック特許の楕円形状エアロスポークを採用。空力性能の向上と軽量化に貢献しています。

ハブには『INSTANT DRIVE 360』を採用

ペダルを踏み込むとハブ内部にある2枚の歯車が噛み合い駆動力が向上し、踏み込まないときにはフリーボディが浮くことによりパワーロスが減少されます。 

■MAVIC KSYRIUM SL

メーカー希望小売価格:¥110,000

⇒ワイズロード特別価格:¥99,000

[ysid 22025036]

タイヤは人気モデル「PANARACER AGILEST」

人気な理由!(私が思っている)
①転がりの軽さ
②価格(¥7,370)

以上の2点と思っていますが皆さんはどうでしょうか?でもこの2点だけでも超優秀だと思います!だってタイヤは消耗品なのだから。物価が上がっている昨今、維持費を節約するためにも通勤や通学といった日常使いの方はジャパンブランドに交換をしてもいいかもしれませんね。

[ysid 4931253024030]

インプレッション

漕ぎ出し

試乗した当日は風がかなり吹いておりインプレッションとして本モデルを試すにはあまり好条件とは言えませんでしたが軽い力でス――と前に進む。軽いというわけではないが(重くもない)同社が目指している「走りが軽いホイール」の実現度が高いと感じました。
多くのロード用ホイールに採用されている「INSTANT DRIVE 360」が相まって漕ぎ出しの軽さ、速さを演出してくれている印象。

多少の登り

今回のサンデーライドコースではほぼ平地だったため前日に少しアップダウンのあるところを走った感想になってしまいますが、ダンシング時の踏み込んだパワーを余すことなく前に進んでくれるため、ヘタなカーボンホイールだとよれてしまうところが、本モデルではアルミ最高峰の名に相応しい万能ホイールだと感じました。
リムの剛性が高く、横剛性に強い本モデルの力を最大限に活かすことのできる走行シーンだと再確認しました。

唯一のデメリット

巡行の楽さ

22mmのリムハイトを採用した本モデルでサイクリングロードを走っていると物足りなくなってくるのが空力性能。
アルミリムの高ハイトは重量増の観点から需要はあまりないと思うので仕方ないが明らかに40~50mmハイトのカーボンホイールと比べてパワーを使いすぎてしまうためサイクリングロードや平坦路を多く走るユーザーにはリムハイトの高い「COSMIC SL40」や「SCIROCCO」をオススメします。
1本でロードからシクロと幅広い用途で対応し、タイヤの装着もしやすくなっているため、アップダウンコースやサイクリング、ヒルクライムに使うなら間違いなく買いの1本だと思います。(あくまでも個人の見解です)

[ysid 22024992]

[ysid 8050046167603]

9万円台のホイールに求めるのはおかしいですが、軽さや空力性能、快適性で求めてしまうとカーボンホイールの方が優れた性能を兼ね備えているとは思います。ですが逆に言えばここまでの完成度を9万円で販売しているのはユーザーファーストなところがあるのではないでしょうか。
気になった方は当社ブランドキャラバンにて各店を回っていますので試乗してポチっちゃいましょう

[ysid 22025036]

一覧へ戻る


LINE相談

Pageの先頭へ戻る