.

【忖度無し大実験!】渋峠にてOniベアリングを試してきました!

493
川崎店】 23年05月26日

今回、GWの初日に渋川市から渋峠へ向けてロングライドをしてまいりました!せっかくですのでOniベアリングがどれほど効果が有るか実験して来ました!

実験データ

今回のロングライドメンバーのパワーなどはこんな感じ。

Aさん(仮名)

FTP 239W 体重 59kg(4.05倍)

パワメ:GIANT POWER PRO(誤差±2%)

Bさん(仮名)

FTP 274W 体重 68kg(4.02倍)

パワメ:Favero Assioma DUO(誤差±1%)

FTP 240W 体重 65kg(3.6倍)

パワメ:GARMIN RALLY RS200(誤差±1%)

単純な数値では私が最低倍率のパワーでした。Oniベアリングはどれほど効果があるのか、楽しみですね。

ルート

 IMG_1887

道の駅よしかわより進路を草津に取り、渋峠まで一気に登るという過酷なルート。行きが85km強,獲得標高2500mオーバーのなぜそんな登るのかと自問自答をしたくなるコースでした。特に渋峠は最終盤になると稜線沿いになるため、アップダウンがかなり厳しいコースとなります。そのため、目的地の雪の回廊や国道最高地点の石碑までは二度ほど騙されては急坂を登るという過酷な体験を強いられることとなります(笑)
前置きもほどほどに、Oniベアリングの効果について見ていきましょう。

序盤:低ケイデンス高トルクではイマイチ効果を感じにくい

 IMG_1889

よく考えてみたら当然の事ではありますが、駆動抵抗を低くしているのでOniベアリングの効果を得たいのであればケイデンスを上げるべきでした。実際ほかの二人と比べても10低いケイデンスで最初の40kmを巡行していたので店長に何と言って謝ろうか考えていました(笑)
怒涛の勢いで置いて行かれ、途中休憩所の草津のコンビニに5分遅れで到着。このままではいいデータが取れることなくおめおめと帰ることとなり、実験が失敗に終わってしまいます。しかし、Oniベアリングが真価を発揮するのは草津を超えてから。常識を逸脱した、まさに「規格外」ともいえるスペックを発揮します。

草津~渋峠:ケイデンスを上げた時に常識外れのスペックを発揮する

IMG_1890

いつもよりギアを軽くし、ケイデンス型に切り替えて登ったところ、効果てきめん。序盤こそFTP差で置いて行かれていったものの、ロスが圧倒的に少ないので体力の減衰が断然少ないです。下のグラフから見ていただいてもわかるように追い越し、突き放しています。なんとその差は6分以上。次点のBさんでさえ3分差をつけ、登っていく時も心臓に余裕さえあり、相当の余裕を残して雪の回廊へ到達しました。まさに「機材ドーピング」を実証する「反則級」の強さでした。

スクリーンショット (2)

山頂からの絶景!

 IMG_1746

写真映えするスポットがいたるところに!!ロッジの生チョコレートココアが最高でした(笑)

IMG_1754

本題:Oniベアリングは本当に効果があるのか??

効果の推定

今回の検証では行きの平均ワットからFTPに対する比率から検定していきます。

比較

IMG_1883IMG_1884

私(Ave 147W,FTP240W) vs A(Ave156W,FTP239W)

FTP比率
147/240=0.61
156/239=0.65

以上のことから4%パワーを減らしても同じ実力で巡行できる、という結論となりました。しかしこの結論は以下の問題点があります。

検定の問題点と展望

この実験の問題点として挙げられるのが

1. タイヤや車体が異なる
→ほかのパーツによるノイズ(BBやチェーンオイルなどの駆動抵抗)が含まれている可能性があります。
2. 選手ごとのコンディションが違う
→同じコンディションで同じ天候下で実験すべきですが、残念ながら難しいですよね。
3. 純正MAVICとの比較がない
→これは今後の実験課題にし、よりよいデータを得られるよう努めて参ります。
4.実験回数が1回しかない
→本来はもっと試行回数を増やしたうえで仮説検定などを行うべきですが、そのころにはきっと馬のような脚になっているでしょう(笑)

理想を言えば
同じ人が同じコンディション,同じバイク,同じ天候下で実験するべきですが、それは不可能なので真のデータを「推定する」形となっています。3.がデータとしては欲しかったのですが、これはまた別の機会に実施したいと思います。

是非ご試乗を!

 IMG_1885

当店ではCOSMIC SL 45,SLR32,45DISC+Oniベアリングの試乗を承っております。圧倒的軽さのOniベアリングを是非ご体感ください!

 

 

 

一覧へ戻る


LINE相談

Pageの先頭へ戻る