.

【2023年モデル】塗装も空力性能に影響しそうなぐらい空力をこだわった新型FOIL入荷!『FOIL RC』

403
船橋店】下山田 航太 23年08月13日

皆さん、こんにちは。
ワイズロード船橋店の下山田です。

本日は今推しているロードバイクをご紹介いたします!

【2023年モデル】『FOIL RC』

エントリーロードからハイエンドロードまで幅広い層に人気な「SCOTT」
今や多くのミドルグレードに採用されているコックピット内へのワイヤー内装化をエントリーロードに一早く落とし込み、外観のスッキリ度は魅力的に感じている方も多いと思います。

そんな同社より「LIGHTWEIGHT」のADDICT、「AERO」のFOILがラインナップされておりますが、本日は「AERO」のFOILをご紹介いたします。
最先端の技術に基づいたフレーム設計はただのエアロではなく、多用途で活躍できるレースバイクへと進化を遂げました。私もオススメな「FOIL RC」ぜひご検討ください!

空力を意識したフレーム設計を採用

同社が誇るHMX Carbonをフレーム・フォーク共に採用。
振動吸収性と軽さに定評のあるカーボン素材ですが、本バイクだけでなく軽さを意識した「ADDICT」にも採用されています。

多くのメーカーが空力性能にこだわったフレームをラインナップしていますがNEW FOILもかなりこだわって製作されていることがわかります。
分かりやすいのはヘッドチューブからトップチューブにのびるフレーム箇所ですが、気流を乱さないように後ろへ風を流すために従来よりも後方へ伸びた形状となっております。
私だけかもしれませんが、フレームに線のような模様がありますが1つ1つに凹凸ができて空力性能が上がるのかな。なんて思ったりしましたが考えすぎかもしれませんね(笑)

どこか見覚えのあるフレー・・・

断言してしまうと問題なので言いませんが、現在のUCIの定められている規定を考えるとこれが最適解なのではないかなと私は感じています。
見るだけでも空力性能を考えていそうなシートチューブですがこれがまた男心くすぐるカッコいいデザインに仕上がっています。性能面ではトライアスロンも視野に入りそうな万能なバイクとなっていそうです。

色々とフレームの性能を言われたとしても最終的には見た目が好きかどうかですので気になる方はぜひご来店いただきFOILの存在感を体感してください!

シートポストもエアロ

シートステーをトップチューブより下に位置させることで振動吸収性の向上は勿論、空力性能の向上も実現。

一見普通のシートポストに見えますが、実際は横に線が入った黒いパーツがあり、別売りになりますが内臓のリアライトも販売しております。前面のカーボンで振動吸収性を、後ろ側で安全性を!そしてエアロに妥協無し!

平べったいコックピット

※大急ぎで箱から出したためハンドル周りはただ組付けただけです。

組み立てるとこんな感じです。ご安心ください。しっかりエアロです!
ワイヤーも前方から見えなくなり外観のスッキリさと空力性能に貢献しています。

サドルは流行りのショートサドル

エアロフレームにドンピシャのホイール搭載

空力性能が高そうなSyncros Capital 1.0 50。
50mmハイトを採用した本モデルは平地から多少のアップダウンをこなせそうです。用途によっては必要な場合ホイールを交換するのが良いと思います。

コンポーネントはシマノのセミワイヤレス搭載

信頼性と実績を誇るSHIMANO ULTEGRA Di2を搭載。
STIレバーより変速に必要なワイヤーが無くなったためハンドル周りがスッキリとしました。軽いタッチで変速ができるため長距離のライドにもアドバンテージとなります。

在庫・販売価格

サイズ:XS 適応身長目安:165cm~175cm カラー:BLK

販売価格:¥990,000(税込)

[ysid 7615523513482]

一覧へ戻る


LINE相談

Pageの先頭へ戻る