.

眼鏡ユーザーさんにも、街乗りにも!万能型入門ヘルメット!

788
大阪ウェア館】向井 未来 24年01月17日

悩ましいヘルメット選び

ヘルメットの着用努力義務が施行されてそろそろ一年。ヘルメットの重要性を理解してお求めくださる方が日々たくさんいらっしゃいますが、街中を見ているとまだまだ浸透しきっていないなぁという印象です。

ご自身の身を守るために、自転車に乗るなら是非ともかぶっていただきたいヘルメットですが、やはり「見た目が気になって…」という方が多いです。「ガチっぽくて抵抗感がある」「ダサい」といった声が聞かれますが、昨今のヘルメットはだいぶイメージが変わってきていて、見た目もスポーティすぎずカジュアルシーンにも馴染みやすいカラーのものや、スタイリッシュなデザインのもの、すっきりしたシルエットのものが増えています。ママチャリ利用の方でも意外とかぶれちゃうようなアイテムもありますので、敬遠せずにじっくり見てみていただくのがおすすめですよ~!!

初めてのヘルメット、おすすめは?

一部のレースやライドイベントにおける競技連盟公認シールの有無や競技規定のあるヘルメットを除き、基本的に「このヘルメットはロードバイク専用」とか「MTBに乗っているのでMTB用のヘルメットを」という明確な決まりや制限はありません。もちろん、「ヒルクライムに最適」「街乗り仕様」といったような、ヘルメットをかぶるシーンやライドスタイルに特化したモデルも多数あり、合わせていただくことでより快適に、より馴染んだルックスでサイクリングをお楽しみいただけますが、サイズさえ合っていればお好みでどれをかぶっていただいても大丈夫です。

とはいえ、種類があまりに多くてどれをかぶればいいかわからない!って方もいらっしゃるかと思います。初めてのヘルメットはどれがおすすめか?というご相談も多いですね。コスト、価格を重視する場合は1万円アンダーのモデルをご案内しておりますが、そうでなければ少し価格帯とグレードを上げていただくことで通気性や重量面の快適さが向上したり、サイズ展開が増えてご自身のサイズが見つかりやすくなったりするので、だいたい1万5千円~2万5千円くらいのものをおすすめしています。この価格帯のアイテムは全体的なバランスが良く、万能タイプのものが揃うので扱いやすくてサイクリングを快適にサポートしてくれますよ~!

今回はそんな万能タイプのヘルメットの中から、初めてのヘルメットにもおすすめの1点をご紹介したいと思います!

ヘルメットに関する諸々をまとめた記事もありますので、良かったら併せて読んでみてくださいね!
↓↓

【専門店が解説】自転車用ヘルメットの選び方とおすすめ7選を紹介

万能型入門ヘルメット

1万5千円前後の価格帯のアイテムはエントリーモデル(入門モデル)寄りのミドルグレード、もしくはその中間くらいの位置づけで、初心者さんの初めてのヘルメットにもおすすめ。1万円以下の価格帯の入門モデルと比較して、通気性と重量、車種や乗る場面を問わない見た目、複数サイズの展開など様々な面でブラッシュアップ、バランスが程よいのが特徴で、価格も比較的手ごろなので人気も高いです。

そんな程よいバランスの『万能型』かつ『入門モデル』ヘルメットとして今回Pickupさせていただくのがこちら!!

OGK KABUTO VITT
¥16,500-(税込)
サイズ:S/M、L、XL/XXL

優れた安全性能を確保しながら、シェルとライナーの一体感を意識し、コンパクトで派手さを抑えた造形デザインを採用し、初めてヘルメットをかぶるという方でも違和感なく使用できるよう設計されています。カラーラインナップが一新されてからはマット(ツヤ消し)カラーのみになり、スポーティなサイクルジャージスタイルはもちろん、普段着で自転車に乗る方にも馴染みやすくなっています。

JCF公認ヘルメットなのでレースイベント等にも使用できますし、落ち着いたデザインなので街乗りにも◎。ロードバイクやクロスバイクはもちろん、小径車に合わせていただいてもOK!様々なシーンに順応するシンプルなヘルメットです。

すっきりコンパクトめのシルエットであまりボリューム感を感じさせない設計。S/Mサイズは女性の方でもかぶりやすいサイズ感、頭の大きめの方にはXL/XXLと大きめサイズの展開があるので、どなたでもかぶっていただきやすいです。

最大の特徴はこちら!ヘルメット本体に内蔵されたマグネットにより、シールド(※ライトスモークが標準装備)を装着可能。シールドはUV99%カットに加え、目の周りを広く覆うため、虫や飛び石などの飛来物から目を守るのに有効。

眼鏡をかけている方は眼鏡の上から装着できるので(※眼鏡の形状によってはご使用になれない場合があります)、サングラスの代用にもなります!コンタクトにできない方やサングラスをお持ちでない方には手軽に使用できるシールドは大きな魅力!

付属しているのは写真の『ライトスモーク』カラー。やや明るいスモークカラーなので、真夏のギラついた日差しなど眩しさを軽減したい場合は別売シールドで濃い色のシールドをお求めいただくのがおすすめ。逆に、夜だとライトスモークでも暗くて…という方は真透明な『クリア』や『クリア調光』がおすすめです。

ちょうど神戸店の眼鏡をかけたスタッフがお店に来ていたので、眼鏡の上からの装着写真を撮らせていただきました!!眼鏡の上からでも問題なくかぶれて、見た目のシルエットもかなりコンパクトなのがおわかりいただけるかと思います。

オーバーグラスは重いし、インナーフレームは視界が狭いし、度付きサングラスはコストが気になる…シールド付きヘルメットなら眼鏡のまま気軽にライドへお出かけできます♪

横から見るとこんな感じ。ちなみに、眼鏡じゃないユーザーさんはシールドよりもサングラス(アイウェア)を使用いただくのがおすすめです。シールドはサングラス単品でかけるのと異なって目との距離が遠いので、見やすさはやっぱりサングラスに軍配が上がります。

シールドはもちろん使わなくてもOK。必要に応じて装着してください。お店に入る時など一時的に外したい場合はこのように逆さ付けができますよ~♪

シールド付きで万能型のヘルメットを要check!

シールドが付属で眼鏡ユーザーさんにもイチオシ!!初めてのヘルメットにもおすすめ!様々な場面に対応するシンプルでコンパクトな万能型ヘルメットを是非チェックしてみてくださいね!!

[ysid 4966094614775]

[ysid 4966094614744]

[ysid 4966094614881]

[ysid 4966094614850]

[ysid 4966094614829]

[ysid 4966094614799]

[ysid 4966094614706]

店舗受取が便利!

現在ワイズロードではECサイトを強化中!!全店舗の取り扱い商品をまとめてご覧いただけます。ワイズロードオンラインに掲載されている商品であれば、オンラインサイトでの購入時に【店舗受取】をご指定いただくことで、店頭で試着した上で持ち帰る/キャンセルを最終決定することができます!現物を確認してから決めたいな…という方は是非ワイズロードオンラインの【店舗受取】購入をご利用ください!

https://ysroad.co.jp/osaka-wearkan/2023/12/07/107924

気になることはチャットで簡単解決

商品の選び方、仕様、愛車にあうのか…など気になることがあればチャットで質問してみてください。全国のワイズロード店舗から選ばれた知識・経験豊富なスタッフがサクッとチャットでお答えします。お気軽にご相談ください。
チャット相談を見てみる >>

一覧へ戻る


LINE相談

Pageの先頭へ戻る