.

【ロード】よりエアロになったLOOKの新型KEO BLADE!2グレード店頭にそろっています!【ペダル】

152
横浜ワールドポーターズ店】松野 望士 24年06月11日

横浜ワールドポーターズ店松野です。

 

現在のロードバイク用のビンディングペダルの原型と言えば…LOOK!

そんなLOOKの最新ペダルが在庫あります。

 

 

LOOK KEO BLADE  CERAMIC Ti

6C3F8FAA-792B-4A92-A594-DB1C878C6F4C

販売価格:¥50,600(税込)

 

 

LOOK KEO BLADE

0443EE48-FA1C-406A-82D0-DB1BF290CB4E

販売価格:¥25,300(税込)

 

よりエアロな新形状

ロードバイク用のビンディングペダルと言えば、モデルチェンジの度に面積がどんどん大きくなっていっています。

DEFF6BC4-1494-473B-AC19-231A9F40BCB5

今回もまた大きくなったのか…と思いきや、旧モデルが700mm^2であったのに対して新型は705mm^2と、ほんのちょっとしか大きくなっていないようです。どれぐらいなのかと言うと、切手一枚の面積の144分の1ぐらいです(笑)なので面積はほぼ同じと言ってしまって良さそうですね。

 

 

56C94E37-BB18-4C3B-9DFD-0E91AF3E13EC

横から見るとわかりやすいのですが、前作よりもエアロを意識した形状になっています。KEO BLADEは金属のスプリングではなくカーボンの板バネ(リーフスプリング)を使用するため、ただでさえ空力性に優れていましたが更にアップデートされたようです。

 

 

 

使いやすく高耐久に!

踏み面の拡大(?)と空力性能についてはほとんど体感できないかもしれません(笑)
しかしそれ以外にもアップデートされた所があります。

 

3EC23A7B-BE13-456F-ADDC-8A29368B24E1

まずはベアリング周りの構造が大きく変わりました。LOOKのペダルは分解不可なので見比べることはできないのですが、回転がほんの少し重たくなったのと引き換えに耐久性が大幅UPしたようです。なんでもグリスも高品質なものに変更したんだとか。

ベアリングが傷んでしまうとペダルごと買い替えるしかないので、少しでも長持ちしてくれるのは嬉しいポイントですね!

 

 

 

あとはボディー形状が変わったことで、ペダルそのものの重心位置が変わったので…

2540059A-B616-4ADA-BAE6-51FDEFA69AAC

今までよりも垂直に近い角度で勝手に止まるようになりました。これのおかげでキャッチがしやすくなったそうです。

 

 

クロモリ VS チタン

店頭在庫のふたつのグレードの違いはシャフト素材とベアリング、プレートの硬さです。

 

高価な方はチタンシャフト&セラミックベアリングなので軽量です。

2CDD70B3-7D93-4BBC-BC72-F0E9E13DAEAE

ひとつ注意として、クロモリシャフトは8mmアーレンキーで付け外しをしますが、チタンシャフトは6mmアーレンキーです。当然ながら6mmの方が舐めやすいので、輪行などで頻繁にペダルを外すかたはクロモリがオススメです。

 

 

 

KEO BLADEはカーボンのしなりを利用している為固定力の調節が出来ません。(その代わりに軽量です)

C8FAA931-FB39-49D1-8B2E-AF5566685777

クロモリでは8Nmのプレートですが、セラミックチタンの方は16Nmが付属します。

こちらは後から交換が出来ます。ガチガチに固定したい方には20Nmなんてものまであります。

 


 

 

ペダルは気が付かないうちに劣化し、ガタが出たり固定力が弱くなっていることもあります。

これを機に最新モデルに交換しちゃいませんか!?

一覧へ戻る


LINE相談

Pageの先頭へ戻る