【TEAM・Y】調子に乗って日焼けが酷い......。大磯クリテリウム第6戦参戦レポート!

1879
府中多摩川店】間野 友輔 15年04月27日

Photo: Kotona Iwasa
 

こんにちは、府中多摩川店ふくてんちょ間野です。
いやあ、いい天気ですね。めっちゃ日焼けして痛いの痒いの。
4月26日(日)はお休みをいただき、大磯クリテリウム第6戦(シーズン最終戦)に出場してきました。

同シリーズは2013-2014シーズンからはじまり、都内からのアクセスも良く一躍人気大会となりました。今季は毎月1戦、合計6戦が行われました。秋から初春にかけて、わたくしはシクロクロスをメインに走っていますが、今季は第1戦に参加し、味を占めて今回も出場してみました。

前回出場した11月の第1戦は、下から2番目のカテゴリー(当時は 『ビギナー1』 、現在の 『ビギナー』 )に出場し、まさかまさかの3位入賞。今回はカテゴリーを上げて(5位以内は強制昇格) 『スポーツ』 カテゴリーに参戦しました。
任意でもっと上の 『ミディアム』 カテゴリーにエントリーしたかったのですが、参加基準によれば 「年間5レース以上のロードレース(ヒルクライムを除く)に出ていること」 となっていて、わたくし、まだロードレースは生涯で4レースですので……(笑)
それに前回、自分と一緒に表彰台に乗った人たちも、 『スポーツ』 で走っているようなので、まあ一段ずつ上がっていきましょうということで。

朝6時半の駐車場オープンから逆算し、5時半に自宅を出発。
残念ながら今回はJBCF群馬のレースと重なってしまったため、参加者は少な目なのかな。駐車場は割と空いていて、そのお陰でレース見ながらローラー回せる好位置を確保できました。

今回もバイク2台持参。
150426oiso_02.jpg前回は無風だったこともあり、PROPELを使用しました。今回はレース時刻が昼過ぎなので、海風(横風)が吹いてくる可能性が高く、SUPERSIXかなと思っていました。試走時間が始まって両方乗ってみましたが、まだ風はほとんどない状況で乗って、どうも今日はPROPELのフィーリングが合わず、SUPERSIXを使うことにしました。海風でハンドルをとられないように、前輪にロープロのKSYRIUM125、後輪にCOSMIC CARBONE SLRという前後異なるチョイス。

午前中から地元湘南の知人たちのレースが続き、応援などしていたら、だいぶ日焼けしてしまいました。まったく対策考えてなかったし……。

レース1時間半前から準備開始。腹ごしらえをし、ドリンクに梅丹『電解質パウダー』とグリコ 『クエン酸&BCAA』 を混ぜたものを口に含みながら3~40分ローラー。さらに30分前に 『2RUN』 を服用。眼下では 『ビギナー』 クラスとは思えない1周半の大逃げが決まっていたり……。レベル高いなぁ。大丈夫かなオレ……。


午前のレースが終了し、午後レース全体のライダーズミーティングに続いて試走。試走終了後すぐに自分の出番なので、上げすぎず、しかし攻めるところを考えて踏んだりしてコースチェック&アップを行いました。

この日の自分の狙いは、いちおう一桁。
前回出場時に1時間の引き回しちゃん耐えきったので、アクシデントがない限り置いていかれることはないと思うものの、やはり経験が足りないので自分の実力がどんな位置なのか、まったく分かっていない。でも、でもね。できたら優勝者だけがもらえる番号固定の赤ゼッケンはカッコイイから欲しいな(笑)

前回カテゴリーより2周多い12周回。戦略としては前半から常に集団前方、少なくとも半分から上に位置し、残り4周から位置取りを開始、残り2周で5番手程度に上がって、ラスト半周から仕掛ける、といった感じ。

ちょっと想定外だったのが(どっかには書いてあったのかもしれないけど)、ローリングスタートが前回出場時は半周だったのに、今回は1周半だったこと。その間、集団はかなり密集して進み、ああ、これが上のカテゴリーなんだと実感。逆に、これだけ狭めてくるのは、周りの選手が上手な証拠なので、信頼感はありました。むしろ自分の下手さが心配……。

リアルスタートして、ややペースは上がるものの、予想どおり問題なく対応できる速度で進行。一回だけ、3周目くらいの小田原側の狭いコーナーでやや詰まらせてしまって後続に迷惑をかけてしまったかもしれない。

次第に集団も縦に伸び、コーナー後には中切れも発生したしりて、それを埋めるために脚を使ったりしたけれど、自分の調子はそれで良いことが確認できた。

 

150426oiso_03.JPGPhoto: Kotona Iwasa


残り4周の表示を見て作戦開始。
たぶんこの周回あたりから集中力に欠ける選手も出てくるだろうと予想していたら、やはりその直後の小田原側コーナーで2人がコースアウト。スリップダウンっぽかったから大きな怪我ではなさそうなのが幸い。自分の前で発生した落車だったけど、だいぶ前だったので位置取りに影響なし。

少しずつ位置を上げて、同じように後ろから上がってくる選手にも対抗するために踏む。かなり予定どおりの位置取りができていいた。あとは丁寧なコーナーリングを心がける。とにかくわたくし、コーナーリングは苦手なので。

残り2周回。大逃げがでるとしたらこのあたりから。でも、誰も仕掛けない。

残り1周のジャン。加速はかかるが誰も飛び出してはいない。やはり小田原側コーナーの後だな。

そしてやはり、小田原側コーナーをクリアしたところで先頭の選手がアタック。ん?追走の動きが鈍いぞ。その時点で自分は5番手以降だったと思うけど、このスピードなら一気に抜けると判断し、コースのイン側から踏み抜く。これならいける。軽く登りがあるので牽制が入っているのかもしれないけど、そこはチャンスだと思っていた。ここで躊躇していても何も手に入らない。やって負けるなら仕方ないでしょ。
2番手に上がり、平塚側の大きなコーナーを、とにかく慎重にターンし、立ち上がる。

踏み始めが遅くて、もうトップは捉えられない。あとは自分の順位。
右側の視界にオレンジのジャージが入る。自分は踏み切るだけの筋力がもうない。あ~こりゃダメだ。3位死守に切り替え!

 

150426oiso_04.JPG
Photo: Kotona Iwasa


てなわけで、カテゴリー上げたけど今回も表彰台ゲットできました!
先頭とは1秒差、2位とは0.1秒くらい、4位とは0.3秒くらいの差でした。
150426oiso_05.jpg
この結果、次回参戦時は『ミディアム』クラスに昇格です。
いいのかな?ホントにいいのかな?
まあ、ミディアムに上がると、知り合い多いので、チームプレーも勉強できるかな。

欲しかった赤ゼッケンは貰えないけど、上出来、上出来。カテゴリー上げて、どう考えてもテクニックは上の人たちの中で、狙ったレース運びができたのは間違いない。
ていうか、このレース展開、完全に前回のレースと同じなんですけどw

でも勝ちたかったら、リスクを天秤に載せてでも小田原側コーナーに先頭で飛び込まなくちゃいけなかった。それと、パワーメーターの数値を見る限り、最後のスプリントでまったくパワーが出ていない。ダンシングが下手すぎる。ブラケット持ったままだし。ひょっとしたらシッティングの方がパワー出たかもしれないな。


ちなみに今回のGARMINのログがこちらです。
150426oiso_07.JPG

あとはダウンもそこそこに知人のレースを観戦。

今回初めてお会いした、志木店のお客様でチームY's Roadの荘選手が上から2番目のカテゴリー『エキスパート』に出場していましたが

150426oiso_06.JPG終始先頭を引っ張り逃げ続けての優勝。
ヤバい!かっこいいレースを見てしまいました。

わたくしは自分では展開を作れない消極策なので、こんな堂々としたレースを見せられると興奮もするし、こうなりたいとも思いました。

今回も本当に楽しい一日が過ごせました。運営のウォークライドさんをはじめ、普段の練習仲間やレースをご一緒した皆様に感謝します。

来季?の大磯クリテリウムは10月から開催されるそうです。ロケーションも良く、コース難易度も初心者から楽しめるので、ロードレースに興味がある方にはおすすめです。
わたくしもシクロクロスと並行して2回くらいは出れたらいいなと思っています。折角昇格もしましたしね(ニヤリ)


今後のわたくしのレース予定としては、2か月後に三重県桑名市のGONZO PARKで開催される 『Crifford Round 2』のシクロクロスを予定しています。クリフォードはオフロードクリテリウムでして、BMX的なコースの周回数を競うレースです。

応援宜しくお願いします!



27th April 2015  author : ワイズロード府中多摩川店 まのゆうすけ



【使用機材】
バイク Cannondale 10 Supersix Hi-mod Team
コンポーネント Campagnolo Super Record
ホイール 前:MAVIC KSYRIUM 125 後:MAVIC COSMIC CARBONE SLR
タイヤ MICHELIN PRO4 SC 700x23C
ペダル Speedplay ZERO STAINLESS
パワー計 Stages Power Cannodale Hollowgram SL
コンピューター GARMIN EDGE510
シューズ MAVIC ZELLIUM MAXI
ヘルメット KOOFU WG-1
アイウェア OAKLEY RADER
ウェア Pearl Izumi、le coq sportif(アンダーシャツ、グローブ)
補給 glico クエン酸+BCAA & 梅丹本舗 電解質パウダー、2RUN
アフターレースウェア le coq sportif

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る