【TEAM・YsROAD】実業団レポ・JBCF群馬CSCロードレース2Days~

1133
船橋店】村松 太陽 15年04月28日

「第7回JBCF群馬CSCロードレース」に参加してきました。

 

このレースは2日間開催で2日間とも出走すると獲得ポイントが20%アップのお得(?)なレースです。

天候が崩れやすい山の上にある群馬CSC、寒いことが多く時には吹雪になったりな開催もありましたが今年は2日間とも快晴でとても暖かく日向でじっとしてると暑いくらいです。

 

初日E3一組目

150426gunma-1.jpg

金井選手

150426gunma-2.jpg

関根選手

150426gunma-3.jpg

相川選手

 

E2、私が完走ぎりぎりであえいでるなか先頭では圧倒的スプリントで勝利!

150426gunma-4.jpg

河合選手一発昇級、2日目はE1での走行です。全日本にも出走なのでE2でのんびりしてるわけにはいきませんね。

150426gunma-5.jpg

おめでとうございます!

 

E1キャプテン。

150426gunma-6.jpg

群馬CSCは心臓破りの坂はあるものの割と高速コースですのでディープリムの割合が高かったですね。特にカーボンモデルなら重量的なデメリットもあまりないのでコースにはぴったしだと思います。

 

 

 

レースレポ(E2)

1日目、前日入りで朝宿から自走(ヒルクライム)で会場入り。初めての自走コースを通ってみたが激坂オンパレードでアップもなしに走るのは無謀だった。いきなりということを差し置いても脚の状態というか体全体が重くて今日は登れないなと感じました。

チームと合流してE3のレースみてスタートへ。体が重く最初から先が思いやられる。ローリングスタートで下り終わったあとのストレート区間からリアルスタート。思ってたほど集団のスピードは上がっていないようだが自分が駄目すぎて集団最後方にずるずる下がる。

心臓破りの坂で早速千切れかける。レース前記事でそれなりに登れるとか書いてましたが、あくまで重くなった割に且つマイペースでならという結構な条件付でのみだったみたいです。くだりを使ってホームストレートまでには何とか追いつくもすでにいっぱいいっぱい。

2周目の下り終わりからのアップダウンでじりじり引き離され心臓破りの坂で完全に集団から千切れました。同じように千切れたメンバーでなんとなく列車作って走行。その後はメンバーが入れ替わりしつつ3~5人くらいの小集団で推移。2周目から3周目にかけてやっとエンジンかかった感じで少し走りに力が出るが既に脚も心肺も売切れ寸前。

3周目、なんとなくローテーションして完走目指して完全に売り切れないようにしながら走る。

4周目の心臓破り手前辺りから小集団からも千切れて単独走。なんとか5周目突入できて完走確定。練習と割り切って最後までへろへろながら頑張って踏んでいく。最後は巡航したままゴール。

 

結果 96位/122名出走(110名完走) Time 52:34   top差 06:44   Av. 34.24km

 

2日目、前日同様の展開なのでほぼ割愛。ゆっくり休んだつもりだがベースが低くて回復しても結果には代わり映えしない。あがきで上野店店長高橋さんにスタート前マッサージしてもらって(ありがとうございました!)しっかりアップしたが無い脚はまわらないということで、周回数が増えて6周になった2日目は5周目入る直前で足きり。レースペースで登れないとどうにもなりませんね。

 

結果 DNF/144名出走(120名完走)

 

練習量が足りてなくて太ったのが全てですね。

 

実業団の次戦は「大井埠頭ロードレース」、ド平坦の集団スプリントレースです。体重増加でもこなせてしまいそうですが、以降「第11回富士山ヒルクライム」「第14回石川ロードレース」とのぼり系のレースが続くのでしっかり落としたいと思います。

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る