【CX Team】1年ぶりのGONZOに忘れ物を取りに行く。Crifford参戦レポート!

1627
府中多摩川店】間野 友輔 16年06月25日

160619crifford_01 
府中多摩川店てんちょの間野です。

諸般の事情によりご報告が遅くなってしまいましたが、先週6月19日(日)はお休みをいただき、レースに出場してきました。昨年も出場させていただいた、Crifford(クリフォード)というオフロード系イベントです。『フリースタイル・ダートクリテリウム』と銘打って、小さな周回で競うレースです。今年の1月には、愛知県新城市の廃校になった高校の校舎内をも使ったレース『スクールクロス』を開催したことでも知られているかと思います。
 
今回の会場は三重県桑名市のGONZO PARK
IMG_6841

DSC_1235

BMXやMTBのためのコースが整備されています。バンクのようなコーナー(バーム)やジャンプセクションなどがあり、縦の動きが多いコース。上手いか下手かは別として、わたくし大好きなタイプです。我が大都会府中から片道380kmもあるのがアレですが、去年はなかった新東名が延伸され伊勢湾道に直結になったおかげで、非常にアクセスしやすくなりました。
 
いつもであればボッチ参戦なのですが、
今回は名古屋店から2人が参加し、Y’s Road CX Teamとして参戦!
 

そう、今年から試行段階ではありますが、
ワイズロードのシクロクロスチームをはじめます!

取り急ぎInstagramアカウント作ってみましたので、よかったらフォローお願いします‼
 
 
IMG_2488

前からダートマスター安川、 シリアスレーサー(自称)マサ☆篠田、そして安川の肘に隠れているのがわたくし。青い三連星状態w
最初にやられるのがわたくし、踏み台にされるのが篠田……ではなくって。
 
この日はあいにくの雨模様になってしまいました。スケジュールは前半にシクロクロス、後半にMTBのパートで、シクロクロスの時間帯はまだ湿っている程度だったので良かったです。
 
レースはCX&MTB混走のMASTERSからスタート、次にCX C1、CX C2、CX C3という順で進んでいきます。
 
わたくしの最初の出番はCX C2。ここには安川も出場します。ちなみにAJOCC(日本シクロクロス競技主催者協会)傘下の大会では、わたくしはカテゴリー2、安川はカテゴリー1ですので実力は圧倒的に安川の方が↑
 
スタート!
 DSC_2455
 最初はモリモリと坂を上っていきます。わたくし、登りは苦手な方なのですが、ここは去年も走ってみて、登りはコツをつかめばそれほど消耗せず上がれると分かっているので、出し惜しみせずにスタート踏み込んだら……ん?なんかみんなついてこないぞ!狙ったわけでもないのにホールショットを獲得。ちなみにホールショットとは最初のコーナーを1番で曲がることで、シクロクロスではホールショットを獲るのは栄誉のひとつとされています。実際ホールショット獲ったのって5年レースやってて1回しか記憶にない。
 
IMG_3698

このコース、ほとんどがシングルトラックなので抜きどころが少ない。前に出てしまえば有利で、後ろになればなるほど詰まって追い上げがキツくなる。レース時間も25分なので程よく追い込めるわけです。とはいえ、この1週間ほとんど自転車に乗ってなかったわたくし、どこまで逃げられるか……。
 
グネグネした登りを、バームの壁を回り込むようにしていくと意外と楽に登って行ける。登り切ると軽いドロップオフを入れてから下りコースがはじまる。途中1か所、コースが2つに分かれる場所があって、最短コースは大きなドロップオフに続いて大きめなコブが連続するジャンプセクションを通過する。遠回りコースは距離があるけど難易度が低い。わたくしは試走時に最短コースを練習しなかったので、基本的に遠回りコースを選択。最初のほうの周回はそれでも合流までに抜かれることはなかった。
 
意外にも最初の周回をトップのまま通過。しかし2周目の中盤からやはり速い選手が追い越していきます。ちょっと運動不足が祟ったか、脇腹も軽く痛くなってきたw
 
IMG_7805

2周目くらいに安川にパスされる。さよーならー。ほぼ最後尾スタートでじわじわ追い上げる戦略だったという安川、勢いが違うし、こうなったら優勝狙ってもらいましょう。わたくしはマイペースで。


 IMG_3889
こっち見るな!w 
 
 
IMG_3885

ここは先が大きなバームのついた右コーナーになってます。
こうやってみると安川のボディバランス、なかなか興味深い。

 
 
とはいえ、抜かされ過ぎたな……。

 
 
DSC_2758
飛ぶならもっとカッコよく飛びたいものだ……

 
 
最終周回。
明らかに狙っている選手が後ろについて、たぶん二股に分かれるジャンプセクションで抜こうと考えている。これがもう1周あったら譲るところだけど、もう最終周回で下るだけなので、ブロックするために最短コースに突っ込んでみた。後続から軽く悲鳴のような声が聞こえ、してやったりだったのだが……試走でも走ってないコブに手間取り、結局抜かれる
www

 
 
結果は8位でした。半分以内に入ったかと思いきや、13人しかいなかった(笑)
ちなみに安川は途中で落車があって6位でした……。お互い、残念。
 
この後、雨が強くなってきてしまう。CX C3の時間帯がキツくなるものの、一旦小康状態になったのでMTBを引っ張り出す。そう、今回はMTB初レースなのであります。ホントならちょうど1年前、ここで初レースしていたはずだったのですが……。試走中に落車して右肩亜脱臼しちゃったんですよね。詳しくはこちら。なので今回は、その時の忘れ物を取りに行くレースでした。

 
 
出場カテゴリーはMTB C4(MTBのいちばん下)
そして今度はマサ☆篠田との対決!
しかし篠田がわたくしよりMTB慣れしているとは言っても、出走30人で、わたくしは前から2列目、篠田は後ろから2列目くらいで圧倒的に有利なんですけどね。それに既に1レースやっていると、試走では分からないペース配分なども分かっていて有利です。とはいえ、今度はたった15分。
ペース配分も何も、最初から最後まで全開でOK!
(ってのがわかるのも1レースやってるから)
 
DSC_1748

スタートして戸惑ったのがひとつ。シクロクロスと違ってハンドル幅が広いので、シクロクロスだったら突っ込める隙間に突っ込めない……。そんなわけで若干出遅れる。
 
しかし進んでいくとわかったのが、この人たち。
MTB最下層カテゴリーだけど、下りのコントロールはいい。
下りはいいんだが、登りがね、

DSC_3170

えーとなんていうか、ちょっと言いにくいのですが……皆さん苦手なんですかね?
登り苦手なわたくしが言うんだから間違いない
今回、このコース得意!大好き!っていうメンタルコントロールが上手くいったとも言えるかな?
そんなのもあって、登りで前を詰めていき、抜かしどころを探るレース展開。

IMG_8416向こう側に篠田が見える。この段階でコースの1/3くらい、おおよそ300m差かな?

 

DSC_3469

 ちょっと酷い顔しとるなコレ。
だんだん跳ぶのが楽しくなってきて、積極的に跳んでます。
でも高さもなく、ウィップとかまだ入れられない。

 
 

DSC_3316

 客観的に見ると視線が下がってるし、まだおっかなびっくりって感じ。

 

そうこうしているうちに、ギャラリーから前走者に対して「今、5番手!」とか声がかかるので、「え、そんな前の方なの?」とか思わず返す(笑)
特に勝ちに来たつもりはないのだけれど、まだまだ攻めれるな~。
しかし、前の人を抜きたいんだけど、抜かせないな、抜かせないな、ってやってるうちに、背後には小学生くらいの2人が追い上げてきた。
 

IMG_5049

 

MTBでは代表選手も輩出するような有名ショップチームのジャージ。大人としてここは譲っておくべきか、いや、将来を見据えた若手を甘やかしちゃいけないか。悩んでいるうちに上の写真のコーナーでインを突かれて抜かれた。おお、やっぱこういうとこ上手いな~。
 
だけど最終周回、周回遅れの方が絡んで登りで団子になってしまったので、隙をついて踏み跡がないコースの脇を強引に追い抜いた。同じパックのライダーがそこを抜けなかったので、あとは独走でゴール。アナウンスで4位って言われた気がしたけど、リザルト見たら3位/30人だった。おお、やったぜ。ちなみにダートマスター安川が3位入賞って書いてるけど、この大会は1位しか表彰されません(笑)
 
順位よりもね。
めっちゃ楽しかったからなんでもいい!
この大会を念頭にMTB買って、本当に良かった。シクロクロスとは違う爽快感がありますね~。
 
 
ちなみに篠田は13位でした。

若干絡みがあると面白かっただろうけど、ぜんぜん絡まなかったな……。「悔しいですね~、勝つまでやりましょう!」とか言ってたけど。メンドクサイナw
 
洗車してバイク2台クルマに仕舞っている間に、1レース挟んで安川が出場するMTB C2がスタート!
こちらも出走順が遅かった安川、序盤はスロースタートに見えたけど、どんどん追い上げていく。わたくしのレースが終わったあたりから雨が強くなり、コースはグリップがきかない緩い泥になり、どんどん茶色くなっていくが気にせず走る安川、カッコイイ!

結果的に6位でしたが、滑りやすいジャンプセクションでウイップ決めたりして楽しんでましたね~。
 
 
というわけで、遠路はるばる、しかも雨でしたが、
Criffordはやっぱり面白かった!
この大会の素晴らしいところは、そのローカル感。
MLクルーはじめ運営の皆さまが楽しみながらレースを作ってくださっている。

DSC_1489
大勢が走って荒れたコースをDIGしたり、こういうの、ホント頭が下がる思いです。
だから参加者も

DSC_1252
みんな笑顔!
今回、確認できている関東からの参加者はわたくしのシクロクロス仲間が一人。彼とは昨年もCriffordを一緒して、もっと関東から仲間を連れてきたいねと話しています。そこはわたくしがCriffordの魅力を伝えきれてないのかなと申し訳なく思うのですが、ちょっとでもご興味持っていただけたら、次の開催にはぜひご参加いただきたいと思います。わたくしも徹夜でとんぼ返りでしたが、それだけの価値があるイベントだってことはぜひ申し上げておきたい!
 
運営に携わられた皆さま、一緒に場を共有いただいたご参加の皆さま、ありがとうございました!
店舗のスタッフや、ひょっとしたら不在でご迷惑をおかけしたかもしれないお客様にも感謝申し上げます。
 
次のレース予定は……
7月30日(土) シマノバイカーズフェスティバル 60分XCマラソン
(&入笠釜無林道ビューツーリング)
またしてもMTBで参加です!今のところMTBイベントはこれが今季最後かな~。
定員に余裕があるイベントは今月6月30日まで募集しています。気になったらお早めに!
 

 
【今回の使用機材】

〔CYCLOCROSSBIKE〕
 フレーム FOCUS 2014 MARES CX カンチレバー

 シフター Campagnolo CHORUS ULTRASHIFT ERGOPOWER
 ホイール Campagnolo Bullet Ultra クリンチャー
 タイヤ Challenge Fango オープンチューブラー  前後2.0bar
 前後ディレーラー Campagnolo ATHENA
 フロントチェーンホイール Campagnolo CX11 46x36T
 スプロケット Campagnolo CHORUS 12-27T
 カンチブレーキ SHIMANO XTR BR-M910 / Dixna クロスカンティシュー
 ペダル Crank Brothers EGG BEATER3
 サドル fi’zi:k ARIONE R3
 ハンドル、ステム DEDA  ZERO100S.C
 シートピラー fi’zi:k CYRANO

 バーテープ fi’zi:k SUPERLIGHT CLASSIC
〔MOUNTAINBIKE〕
 フレーム Cannondale 2016 F-Si Carbon 4

 シフター SHIMANO SLX I-Spec
 ブレーキレバー SHIMANO Deore I-Spec
 ホイール STAN’S ZTR Rapid 27.5
 タイヤ SCHWALBE Racing Ralph 27.5 Tubeless ready   前後2.0bar
 前後ディレーラー FD:SHIMANO DeoreM618  RD:SHIMANO XT SHadow Plus 
 フロントチェーンホイール Cannondale Si 36/26T
 スプロケット SHIMANO HG50 11-36T
 ブレーキ SHIMANO Deore  180/160
 ペダル Crank Brothers EGG BEATER3
 サドル fi’zi:k TUNDRA M3
 ハンドル Grunge マスターフィットアロイライザー W:707mm
 シートピラー fi’zi:k CYRANO R1

 グリップ Cannondale デュアルロックオングリップ
〔共通〕
 シューズ MAVIC RASH
 アイウェア OAKLEY JAWBREAKER Cavendish (Prizm Road)
 ヘルメット KOOFU WG-1
 ウェア WAVE ONE(ワンピース) /  le coq sportif(アンダー&グローブ)
 アフターレースウェア le coq sportif
 補給食 梅丹本舗 サイクルチャージカフェインプラス200、2RUN、、電解質パウダー、 glico クエン酸&グルタミン

 
25th June 2016 author : ワイズロード府中多摩川 まのゆうすけ

  

ワイズロード 府中多摩川
 

電話:042-352-3308
住所:東京都府中市四谷5-42-3

営業時間
平日 12:00~20:00
土日祝10:00~19:00

府中多摩川店HPは下記のURLからどうぞ!!
特価情報や商品情報、スタッフの近況がご覧いただけます!!
http://ysroad.co.jp/fuchu/
 

 

 
 bnnr_roadraceouen_201606

bnnr_sram160603_3

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る