【CX Team】お花畑は泥地獄。茨城シクロクロス第2戦小貝川参戦レポート!

796
府中多摩川店】間野 友輔 16年10月13日

 161010ibarakicx_01 

府中多摩川店てんちょの間野です。
10月10日(祝)はお休みをいただきまして、茨城シクロクロス第2戦、取手市小貝川リバーサイドパークでのレースに参戦してきました。
 
今季からワイズロードもシクロクロスチームを結成して各地の大会に参戦します!
青いジャージを見つけたら応援よろしくお願いします!
ちなみにInstagramアカウントもあるのでチェックしてね~♪
 
小貝川でのレースは皆勤賞。確か……4シーズン目で、最初の年だけ2回開催されたので、今回が5レース目ですが、大好きなコースのひとつです。その理由は、もともとMTBパークだった場所でテーブルトップやバームがある、国内でも数少ない上下の動きが多いコースだということがあります。それ以外にもコーナーリングテクニックが求められたり、直線での走力も必要となる、バランスのとれたコースです。そんなわけで、国内ナショナルシリーズにあたるJCX(ジャパンシクロクロスシリーズ)の開幕戦に3年連続で選ばれています。
 
今回は……
 


161010ibarakicx_07
既に何年もレースをご一緒している志木店のお客様、波多野様
 

 161010ibarakicx_08
今回が初CX。学生時代はトラックレースをしていて脚に覚えがある大宮店・伊澤

 
この2名とともに参戦してきました。

本当はあとお二方、エントリーしていたのですが、8日(土)の雨でお子様の運動会が順延になってしまい、参加できず。またどこかで……。
それと、幕張のSTARLIGHT CROSSから参戦予定の東大和店・大元も観戦に来場していました。
大元のブログもぜひご覧ください
わたくしがとうに失ってしまった、初めてシクロクロスを見る新鮮な視点があるなあ、って、ちょっと羨ましく感じました。
つまり、わたくしのブログよりもわかりやすいんじゃないかと(笑)

 
朝6時に現地着。チーム拠点を置きやすい木陰の近くをゲットし、7時から試走を開始。スタート直線は例年、刈りっぱなしの太い草の茎が重たい路面になっているのですが、今年はそういう厄介な茎が残っていない。おおむね前半のMTBパークは乾いていて走りやすく、ジャンプセクションも躊躇なく突っ込んでいける感じです。しかし前日降った雨が直線路を泥にしていて、踏んでいきたい場面でまとわりつく……。
 
試走を終えると、泥用タイヤのCHALLENGE LIMUSにはブロックの隙間に粘土質の泥がびっしり。経験上こうなることは分かっていたのですが、今回は泥抜けとグリップの良いタイヤの用意が間に合っておらず、これで走らざるを得ない。
出番は前回の七会中と同じく2レース目。結構早いので急いでバイクの泥を落とし、雑談などしながら補給を摂ったりローラーを回すなど準備を行う。
 
スタートは9時15分。15分前に召集。前回の結果で2列目、12番のゼッケンを得たが、なにしろ最初の直線が幅広いのでそれほどメリットはなかったかも。
 
 


161010ibarakicx_02
Photo by Akiteru Koda
 

スタート前。関東のカテゴリー2はわりとみんな仲が良いです。スタート直前でも和気あいあいしてます。
今回の目標は25位以内。これで66%の順位に入ることができます。シーズン中、25%以上の成績を1回、もしくは66%以上の成績を3回獲得すると、翌シーズンもカテゴリー残留ができます。
 
スタート!
シクロクロスではスタートの速度ゼロから全力で踏みます。何故ならだんだんコースは狭まってくるし、シケインという障害板が立っていて降車しなくてはいけなかったりするので、後ろにいると詰まって前との差が離れてしまうし、自分のペースで走れなくなるから。幸い、順位を落とさず最初の180度ターンを回り、おおよそ10番手でシケイン、それからテーブルトップへと入っていきました。
 
 

 
161010ibarakicx_03
Photo by Kotona Iwasa
 

ジャンプセクションもまずは気持ちよく飛ぶ!
下手に飛ぶと体力を消耗するし着地に失敗すると痛い目に遭いますが、気持ちをアゲるためにも飛びます。この夏MTBを乗ったおかげでジャンプのコツが少しわかったような気がして、躊躇なく飛べていました……が、今回に限ってジャンプセクションで誰もカメラ構えていない(笑)
 
 
パーク部分を過ぎて直線区間に。
ここはコスモスの花が咲いてたりして、パッと見メルヘンな写真が撮れるエリアなのですが、その分、土壌が柔らかい。ってことは前日の雨でドロドロなわけです。直線なのに踏んでも加速できない……。この区間には大いに苦しめられました。
 
折り返してさらにストレートが続く……。
 
 


161010ibarakicx_04
Photo by Kouji Okamoto(いちばん最初の写真も)
 


2周目に入ると、いよいよ彼が抜いていきました。
NIPPO VINI FANTINIのプロロード選手、窪木一茂選手!
昨年のロード日本チャンピオンで、リオ五輪トラック競技代表。こういう他種目で実績がある選手は主催者推薦で飛び級参加できるのですが、窪木選手の場合はもともとシクロクロスも参加しているので、ダートも走れる。とはいえ4回ほど落車はしたらしいですが。
今日の裏目標は窪木選手にラップされないことです(笑)
コース長が長くて高低差も少ないので、まずメカトラしない限りありえませんが。
 
ついていきたいところですが、フラット路面では当然彼の脚力にかないません。おまけにこっちはそろそろパワーが切れ始めている(笑)
実力的にライバル視している選手が近くにいるのですが、だんだん離されて……意地でもついていくぞと気持ちは思うけど、脚が踏めない……。
 
2周目を終えると残り3周のアナウンスが聞こえてきました。シクロクロスはレース時間が先に決まっていて、序盤のラップタイムで周回数が決まります。ひとつ前の30分レースが4周だったので、40分のカテゴリー2は6周と予想していたのですが、そこまでは速くなかったようです。
 
ところが、もう1周して戻ってきたら、残り1周、とかアナウンスしているのが聞こえ……ん?
 

161010ibarakicx_05Photo by Yuichi Iwasa
 


若干疑問に思ったものの、あと1周なら出し切ってやるぞ!と下ハン握って踏んでみる。
……ところがやっぱり間違い(聞き間違い?)だったらしく、残り2周でした。あ~タレてきた。最後の2周で数人抜かれてしまい。
 
 

Photo by 東大和店・大元
 

ゴールは32位/出走42名。
3秒前にひとり、4秒後ろにもひとりいましたが、逃げるのが精いっぱいで前の人は捕まえられなかったですね。
ってことで76%なので目標の66%ならず。またしても10%が足りない。
この人数が多くて起伏が少ないレースはチャンスだったのですがね。
泥が予想以上に脚を削ってきました……。無念。
 
しかしレース後に集まって話すことといえば、このメンバーで競り合って楽しかったね!ということ。
来季もその仲間でいられるようにしたいと思ったら、努力するしかないでしょ。うん。
 
 
一旦休んで、波多野様と伊澤のレース。
波多野様は
 
161010ibarakicx_09
ピンボケですいません。このカテゴリーでは他に見ない高いエア!
MTBもロードもなんでもやっていらっしゃる波多野様、楽しまれていましたね。
 
 
伊澤は初CXレースでしたが、試走では泥も乾きだし、見ているとそこそこ走れていたので油断していました。
詳しくは伊澤の書いたレポートもぜひご覧いただきたいのですが
 
まさか、混雑している最初のシケイン越えで失敗して落車するとは……。シケインでの降車・乗車って、いくら走力があっても初めての人には慣れないもの。そこのレクチャーをしなかったのはわたくしの失態でした。
多分コケてテンパったのでしょう。もうレース降りようとしていたので、機材の故障かと思いきや、ハンドルが横向きになっていただけなので、グイっと力で戻したら、水を得た魚のように飛び出していきました。それで女子も含め30人くらい抜いて20位でゴール。多分慣れたらすぐ昇格しますよ、楽しみです(わたくしの社内地位が脅かされる、とも言うw)。
 
161010ibarakicx_10 
周囲のギャラリーの皆様にも感謝です。
伊澤のリスタート時の温かい拍手。

彼にとっては相当ちからになったと思います。
これがあるから、シクロクロスっていいなって思うのです。

 
今回も目標に届かない成績で、留守を守ってくれた府中多摩川店のスタッフ、混雑してご迷惑をおかけしたお客様に申し訳ございません。

せめてもうちょっと良い成績取ってきたいと思います。
素晴らしい大会を運営いただきました茨城シクロクロスの皆様、一緒にレースを楽しんだ参加者・ギャラリーの皆様、ありがとうございました。また次のレースでお会いしましょう!
 
次回は10月16日(日)の前橋シクロクロス第1戦@岩神緑地に出場予定です。
次回もY's Road CX Teamのメンバー3人で出場予定ですので、応援よろしくお願いします!

  

 
【今回の使用機材】
〔BIKE(1)〕
 フレーム FOCUS 2014 MARES CX ディスクブレーキ
 シフター SRAM RED 22 DoubleTap Hydraulic Shifter
 ホイール EASTON EA90XD クリンチャー
 タイヤ Challenge LIMUS オープンチューブラー 前後1.7bar
 前後ディレーラー SRAM RED 22
 フロントチェーンホイール SRAM 46x36T
 スプロケット SRAMPG 1170 11-28T
 ブレーキ SRAM RED 22 Hydraulic Disc Caliper
 ペダル Crank Brothers EGG BEATER3
 サドル fi’zi:k ARIONE R3
 ハンドル DEDA ZERO100S.C
 ステム EASTON EC90SL
 シートピラー fi’zi:k CYRANO
 バーテープ fi’zi:k SUPERLIGHT CLASSIC
〔BIKE(2)〕
 フレーム FOCUS 2014 MARES CX カンティブレーキ
 シフター Campagnolo CHORUS ULTRASHIFT ERGOPOWER
 ホイール Campagnolo Bullet Ultra クリンチャー
 タイヤ Challenge Fango オープンチューブラー 前後1.8bar
 前後ディレーラー Campagnolo ATHENA
 フロントチェーンホイール Campagnolo CX11 46x36T
 スプロケット Campagnolo CHORUS 12-27T
 カンチブレーキ SHIMANO XTR BR-M910 / Dixna クロスカンティシュー
 ペダル Crank Brothers EGG BEATER3
 サドル fi’zi:k ARIONE R3
 ハンドル、ステム DEDA ZERO100S.C
 シートピラー fi’zi:k CYRANO
 バーテープ fi’zi:k SUPERLIGHT CLASSIC

〔共通〕
 シューズ MAVIC DRIFT
 アイウェア OAKLEY RADAR  (Prizm TRAIL)
 ヘルメット KOOFU WG-1
 ウェア WAVE ONE(ワンピース) /  le coq sportif(アンダー&グローブ)
 アフターレースウェア le coq sportif
 補給食 梅丹本舗 サイクルチャージカフェインプラス200、2RUN、電解質パウダー
 
13th October 2016 author : ワイズロード府中多摩川 まのゆうすけ
 
2016race_v2

  

ワイズロード 府中多摩川
 

電話:042-352-3308
住所:東京都府中市四谷5-42-3

営業時間
平日 12:00~20:00
土日祝10:00~19:00

府中多摩川店HPは下記のURLからどうぞ!!
特価情報や商品情報、スタッフの近況がご覧いただけます!!
http://ysroad.co.jp/fuchu/
 

161006info

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る