【自腹でGo!!】スタッフ井手一押しのロードペダル!!

468
福岡天神店】井手 稔 16年12月25日

 

 

 

img_4201

 

皆さんこんにちは、腰痛持ちで膝も悪い井手です。

 

 

 

img_4196

 

ひざを壊した私が手放せないペダルがコチラ。

 

なんで壊したのかっていうと、昔イベントの前日にシューズをかえるという暴挙に出まして

しかも当時シマノの一番いい=硬いカーボンソールクリートの位置の微調整もまだだったのを

いきなり実戦投入。

そりゃ壊すわ!という…(シマノは別に悪くねえ

 

 

 

img_4215

 

それ以来ロードのペダルはタイム。

写真はMAVICのSLR TIですがご存知のようにTIMEからOEMで供給されていたもの。

 

 

 

img_4194

 

 

図を見ればわかりやすいのですが角度だけでなく左右に2.5mmづつスライドするタイム独自の機構が秀逸。

単にスライドするだけでなく、再び中心に戻ろうとするセンタリング機能を持っています。

ペダリング中に脚に無理な力がかかったとき、逃げを作って再び元の位置に戻る。

膝に優しいこのペダルに慣れると、手放せなくなります。

 

 

反面、どうやっても動きます。(それがタイムのペダルの設計のキモですので)

ペダルとクリートの遊びを最小限にしたい人には向かないペダルです。

万人に薦められるか?といわれるとそうじゃない、好き嫌いがはっきり分かれるペダルです。

 

あと、副次的な効果として、クリートの位置決めにそこまで神経質にならなくても

とりあえず気持ちよく乗れてしまうというのがあります。

クリートの前後位置だけ母指球からあわせれば、左右はなんとなくでもイケます。

そりゃちゃんとあわせたほうがいいに決まっていますが、ものぐさな私なんかにぴったりのペダルです。

 

 

img_4197

 

最大の弱点が消耗が速い事!!

ペダルとクリートが常に横に微妙にスライドして角度も変わるので、

ペダルの面の消耗も速いです。

まあ、この面は交換が可能なので致命的ではないのですが

 

 

 

img_4216 

 

クリートもシマノに比べて明らかに減りは速いです。

歩くと覿面に減りが早まります。

この前換えたばかりなのにもうつま先のほうが減ってるー

 

 

 

 

img_4199 

 

一番悲しいのが、間違ってペダルの裏を何度も踏むと、

そのうちカーボンの板ばねが竹のように縦に割れることorz

 

 

 

img_4198

 

ペダル軸の回転は軽いのですが耐久性も高いとは言いがたい…

というかこの部分はシマノがおかしいくらい耐久性が高いので厳しい評価になってしまいます。

せめて軸が自分で開けられれば…

と欠点も多いのですが、それを補って余りある長所

 

 

 

 

img_4191 

 

一番の長所はタイム独自のフローティング機構なのですが

 

それと同じくらいの長所が軽いこと!!

 

それとエントリーモデルが安いこと!!!

 

 

今回入荷した一番安いXPRESSO 1でこの重量。

TIME  XPRESSO 1  ¥4,900-+TAX

 

この価格なら消耗品としてあつかっても許せる!!

重量もきっちりカタログ通り。

 

img_4200

 

さすがMAID in FRENCE

というかこの安さでフランス製?

 

 

 

img_4190

 

新型デュラのPD-R9100がこの重量…

PD-R9100 ¥23,560-+TAX

 

 

価格差がえらいことになっていますが、普通は高いほうが軽いです。

軽量化も突き詰めていくとグラム千円とかわけのわからん領域になっていくのですが

ここでは逆!!

 

 

 

 膝に優しくて軽いペダルをお探しの方、

クリートの位置決めがなかなか決まらないとお嘆きの方

一度タイムのペダルを試してみませんか?

嵌ればこれ以外のペダルが使えなくなること請け合いです!!

 

 

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る