【パワーメーター】千本は上った峠で。

464
大阪本館】利田 卓也 17年01月07日

img_20170105_134118_960

 

 

2017年度、初実走(初上り)に行ってきました。

 

いつものコースで、いつもの内容。

 

 

こっちに来て、千本以上は上ったでしょうか。

 

冬場で全力というわけでもありませんが、ツール・ド・おきなわ以降、怠けに、怠けた体。

今、現状どういう状態なのかを知るために。

 

このあたりが、パワーメーターの残酷なところでもあり、トレーニングの効果を数値として可視化できるところでもあります。

 

これが今回のデータ

 

screenshot_20170106-235406

 

 

練習をサボっていた時と、しっかり練習をしていた時とでは、“同じ強度” でペダルを回していたとしても

“パワー”の出方が違います。

 

なんとなく、今までより踏めてる感覚がある・・・これを数値として可視化。

 

自身の練習の成果が合っているの、間違っているのか、または現状維持できているのかを把握できる便利ツールでもあります。

 

自身の出せるパワーを把握しておくと、初めて走るコースでも『この〇〇w(ワット)以上で踏むと持たないから抑えよう』という風に自身の出せるギリギリのラインで走ることも可能なります。

≒ベストタイム

ということにもなり得ます。

 

 

 

 

 

で、

久々に15分間あたりの数値を計測しようと思い、上ってみた数値がこちら。

 

screenshot_20170106-235448

 

緑色の線は高度を示しております。

最初の上りが時間にして14分かからないくらい。Av.285w

次の上りがAv.282w。

えっちら、おっちら17分ジャストくらいだったでしょうか。

 

今回は心拍の上がり方ではなく、タイムとパワーから現在の状態を確認。

昨年のデータがあれば比較は容易に行えます。

 

今回は全開走ではなかったのですが、現状を知ることはできました。

まぁ、悪くはないかなぁ~・・・と。

 

 

他にも“一踏みした時の効率の良さ”なんていうのも検証できたりもします。

ここら辺の話はまた別の機会に。

 

 

 

 

私が普段から使用してるものはこちら

 

パワータップ P1

 

IMG_20160518_205525¥168,000ー +税

 

なんせ、ペダルを取り付けてペアリングすれば完了という超簡単な使い勝手。

しかも頑丈でございます。(笑)

 

 

 

他にも、

dsc_3353

STAGES POWER

 

dsc_3351

ROTOR POWER

 

もございます。

 

大阪本館では私の他に、盛山、光井、戸田 もパワーメーターを使用しております。

ご相談くださいませ。

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る