パワーメーターがあれば、流行りの自転車ゲームが楽しめます。

544
お茶の水店】真造 隆行 17年01月09日

どうも、引きこもりトライアスリートのしんぞうです。一部の親しい人以外には

練習や競技をしている姿を見られるのさえ恥ずかしいと言う私です。

先日は親しい友人にサイクリングに誘われ、集合してみれば総勢7名のグループライド

だったというサプライズを食らいまして

15895344_994878507282738_764430235985885449_n-1

「あんたたちと走ったって全然嬉しくなんてなかったんだからね!」

と捨て台詞を吐いたとか吐かなかったとか。

 

さて、パワトレブログをあげるのがスタッフ間で流行り始めました。

これに便乗しておこうかなと思いまして。

そんなインドア派のしんぞうがパワーメーターを持っているのかと言うと、

当然持っており

ひっそりと活用しています。

 

活用方法と致しましては、専らZwift用。アバターが画面上の

仮想コースを、ゲーム感覚で走り回るというものです。

パソコンに繋げて、自動で負荷が変わるスマートローラーで行うのが

標準スペックのZwiftですが、パワーメーターとant+USBドングルがあれば、

ひとまずゲームは進行してくれます。

 

登りに入ったらワットを稼いでスピードが落ちないようにするわけですが、

軽い負荷で高回転してもワットは上がるので、

そういう形でズルが出来てしまうのが

難点ではあります。

 

使用パワーメーターはGARMIN VECTOR

左ペダルだけでワットをとるSシリーズなら

左右バランスは分かりませんが、こちらの半額に近い金額で

ラインナップがあります。

ペダル本体の故障はありませんが、アクセサリのペダルポット型送信機

ピン端子が非常に繊細なやつでして、過去に三回くらい折れてます。

折れるとポットごと交換になり毎度¥12000ほどかかるので

消耗品としてはきついです。

 

あと大事な宣伝を忘れてました。

Zwiftやってみたいけどどんなものなのか

まずは試してみないと分からないなと言う人

まだまだ多いと思います。

そういう人の為にZwift ステーションと言うものがあります。

お茶の水エアロ・トライアスロン館でも

当サービスを展開してます。

(今公式サイト見てきたら体験ディーラーから漏れてるじゃねえか)

マイバイクご持参で(レディースの試乗車ならご用意があります)

ちゃんとしたスマートローラーで、

Zwiftが試せちゃいます。

準備があるので予約制ですが

お気軽にお問い合わせ下さい。

Zwiftでバイク練して、体を温めたら

ランシューに履き替えて皇居ラン。

トライアスリートにうってつけの

ハイブリットトレーニングになるのではないでしょうか。

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る