【2017年モデル】伝統の「PRINCE」を冠するDOGMA65.1の後継 PINARELLO【PRINCE】

983
船橋店】宮野 英樹 17年01月11日

17prince5

 

伝統の「PRINCE」を冠するDOGMA65.1の後継 PINARELLO【PRINCE】

 


常に革新的なテクノロジーを開発し続けトレンドを作る【PINARELLO】

 

ASYMMETRIC(左右非対称)をバイク全体に取り入れたのもPINARELLOがいち早く、推進力の効率化に絶え間ない進化を続けています。

 

PRINCEは1998年に世界初のカーボンバックバイクとしてお披露目されました。

その後は一時的にラインナップから抜けるものの、フルカーボンバイクとして復活し更なるモデルチェンジを遂げて現在に至ります。

 

PRINCEはトップレーシングモデルである「DOGMA65.1」の金型をそのままに、カーボンを60HM3Kに変更することで価格を抑えています。

 

歴史と共に歩んできた「PRINCE」はハイエンドモデル「DOGMA F8」の陰に隠れがちですが、PINARELLOらしいデザイン性と性能を持ちあわせたバイクです。


 

17prince10

 

 

上下異径ヘッドベアリングを採用したヘッドチューブは安定感のあるハンドル操作を確保し、下り時においても抜群のコーナリング性能を誇ります。

 

ヘッドチューブ下部の凹凸部は、空気の流れをコントロールすることで空気抵抗の負担減少を担っています。


 

17prince1

 

 

PINARELLOを象徴する独特の波形状を持つ【ONDA2フォーク】は、剛性と快適性のバランスを融合させています。


 

17prince4 

17prince7

トップチューブ右側

 

17prince8

トップチューブ左側

 

17prince6

 

 

フレームの左右で負荷を適正化している【ASYMMETRICテクノロジー】は、トップチューブとダウンチューブ部分において顕著に左右非対称構造を見ることが出来ます。

 

またそれぞれ湾曲した形状で、剛性を確保しながらも振動吸収性の向上も併せ持っています。


 

17prince5

 

 

シートチューブは翼型形状を組み合わせた形になっており、空気抵抗の軽滅を図っています。


 

17prince11

 

17prince12

左右非対称チェーンステー

 

 

ONDA形状はシートステイにも採用され、パワフルなフレームの中で快適性に寄与しています。

 

シートステイ、チェーンステイも左右非対称が顕著に見れる箇所で、特にパワーのかかるドライブ側がボリューム感のある造りになっています。


 

17prince 

 

2017 PINARELLO / PRINCE ULTEGRA

 

サイズ:53 販売価格:¥465,000+税

※現金お会計時にクーポン5%:¥23,250が付与します。


 

 

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る