【ライドログ29×富士ヒル!】10年のブランク明け1年でおっさんが上位10%を目指してみる【こっそり参戦パート2】

1281
ワイズロード本部】永平 宏行 17年06月12日

6/12:順位が公開されたので、内容更新しました。

 

 

バイオレーサーの中の人です。
ヒルクラ10%チャレンジ、サプライズ?な2度目。
(ちなみに今シーズンのレースはこれで終了!夏だけどしばらく冬眠しようかな...)

 

 

前回ハルヒルチャレンジの様子はこちら

 

 

 

 

DSC_4558 1

 

 恒例のゼッケン付けたら、ジャージ撮る的なやつです。

 

 

 

 

本文中のパワトレの専門用語については↓こちらで解説しています。

 

パワトレ用語集

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

富士山!
Mt.富士ヒルクライム!

 

 DSC_4606

 

 

 

 

今回、富士ヒルでの10%チャレンジにあたり、
過去タイムから想定した目標タイムは、

 

 

 

 

78分45秒

 

 

 

 

いわゆる「ブロンズ」の真ん中あたり。
そこそこ厳しい目標です。
こないだわざわざ南下してヤビツ峠に出かけたのは、
「ヤビツタイムの2倍が富士ヒルタイム」
と言われているからです。

 

 

DSC_4500

 

 

39分17秒だったので、2倍すると78分34秒。
10%の目標タイムとほぼ一緒。
10%目標は達成できるかも?!

 

 

 

 

スバルラインを走ったのは、
10年前にレースじゃなくて1回(85分くらい)、
先週試走で1回(81分)、の計2回。

 

 

30代の自分を負かすことには成功していますw

 

 

当日は集団走行の風よけ効果や、
レースのハイテンションなどもあり、
大抵タイムアップするので、厳しい目標ながらも、
恐らく10%以内達成は堅い。

 

 

しかし、
10%以外の密かな目標
にはチト厳しい。

密かな目標とは、

 

 

 

 

 

 

 

 

富士ヒル挑戦一発シルバー!

 

 

 

 

 

 

 

 

富士ヒルでは、
65分ゴールド、75分シルバー、90分ブロンズ、
区分されていて、
後日同色のヘッドスペーサーが届くのです。

 

 

シルバー。
そんな簡単に獲れるものじゃないけれど、
可能性が無いわけでもない。

 

・必達目標 10%以内(78分45秒)
・第二目標 一発シルバー(75分以内)

 

 

この2つの目標目指して、頭と体を使って、
試走タイムから縮めることが本番前、
1週間の課題となりました。

ハルヒルに続いて、またも本番まで緊張の日々がスタートです。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

体の準備はこんな感じで、
レース当日に向けてテーパリングをしました。

 

 

レース前週はTSS700超/週で最後の追い込み(日曜日は試走)

 

レース週の月曜日:
20分SST×2本(これがレース前最後の高強度)
  +
通勤往復40km-L2、カロリー消費とアクティブリカバリー

 

同火曜~水曜:通勤往復40km-L2、カロリー消費とアクティブリカバリー

同木曜~金曜:完全レスト

同土曜:現地入り、20kmほどのサイクリングで脚の様子見

 

 

 

 

 

 

↓様子見サイクリングにて

 

DSC_4599

 

 

山中湖畔の素敵なカフェ&ビンテージロードバイクショップ。
素敵すぎるので、後日別記事で店内の様子をアップします。
6/13、別記事アップしました。

 

 

DSC_4602

 

 

コーヒーもおいしい♪
洒落乙な休日です。

正直レースよりも(自主規制)

 

 

DSC_4561

 

 

DSC_4562

 

 

同じく足慣らしサイクリングにて。
山中湖畔の小さな峠「三国峠」で。
機会があったら絶対行ってみて下さい!
この日は富士山に雲はかかっていましたが、
最高のロケーションです!

レースよりサイクリングの方が(自主規制)

 

 

前日乗った感触は脚の調子は良く、
前週の追い込みTSS700/週から上手く回復できたようです。
実際(本番も実力の範囲ですが)脚はよく回りました。

 

 

 

 

次は、頭を使う方の準備です。
そこで、ハルヒルに続いてコレの登場。

 

 

DSC_4576

 

 

AVgr:平均斜度、AVS:平均速度、TM:時間、AVP:平均パワー

 

 

 

【目標タイム達成シミュレーションシート】
目標タイムを達成するために平均何キロで走ればいいのか?
その際、何ワットで走ればいいのか?
これをヒルクライム計算様で計算した結果をステムに貼って、
レース中に確認できるようにしています。

 

 

といっても、いわゆる皮算用
自分のケツを叩いて、実力の範囲内で頑張ることはできても、
持ち合わせた実力以上は逆立ちしても出せない。
それが現実。
その現実を突きつけられる結果となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイム 75分15秒50
76位/1,617名中=上位5%
(≒4.7%)

 

 

(順位は年代別:45歳~49歳、総合だと7%/8,904名中)

 

 

富士ヒル2017リザルトタイトル 富士ヒル2017リザルト

 

 

 

必達目標10%以内は達成!
第2目標一発シルバーには16秒及ばず...。

 

 

ペダリングモニター_170611

 

 

 

 

 

 

 

11日22時現在、
まだ速報タイム(参考記録)しか発表が無いので、

順位が分からず10%以内を達成したか確定していませんが...

 

 

 

過去のタイムから考えると、恐らく達成したと思われます。
公式記録が出たらまたアップデートします。
(達成してなかったらこの記事削除だ!)

⇒6/12アップデートしました。

 


ちなみに茅ヶ崎店の古谷野さんのリザルト↓

 

富士ヒル2017リザルト(古谷野)

 

 

30歳~35歳クラスで14位!素晴らしい!
ワイズ社内最速だと思われます。
(こっそり参加かつ、こっそり彼以上のフィジカル持ってる人がいなければ)

は~まじリスペクトです。
あと32秒でゴールドだったのにね。
惜しい! 

 

 

 

 

シミュレーションシートに結果を追記。

富士ヒルシミュレーションと結果_170611

 

 

 

5kmごとの全区間で試走タイムを更新!
シミュレーションのパワー値より下回っているのに
一部良いタイムが出ているのは、

恐らくコース中にある下りや、
ほぼ平坦の緩斜面の影響かな?と思っています。

 

 

そんなことより、黄色いセルが問題。
試走よりは速いけど、シルバー目標タイムに達してないじゃん!
(パワー値もな!)

 

ここは経験値の浅さが出たかな~?
24kmの長丁場、ペース配分を失敗。

 

「最後に失速する恐怖心」

 

 

から中盤抑えてしまったかも。
あるいは、そもそも「皮算用」が自分の実力以上だったかも。

 

 

ひとつ、確かに言える事は、

 

 

 

 

これが今の自分の実力通りの結果

 

 

 

 

ということ。
あれこれ結果検証も大事だけど、
もっと大事なのは余裕で目標達成できる実力を付ける事。

ギリ16秒差でシルバー達成出来なかったのは
そこまでの力しかなかったから。

 

 

 

しんみりしちゃったので、話を変えて。
今回良かったこと。

 

 

5月31日の白石峠の走りで実感した、
「タイプ別の走り方」
これを実践できたこと。

 

 

自分みたいなPWRの低い体重のあるライダーは、
急斜面はいなして、緩斜面で頑張る方が向いている、
っていうやつ。

 

 

急斜面で頑張る

 

 

スバルラインは、もろ緩斜面メイン。
急斜面もそれほど急じゃない。
だから、急斜面はFTPギリギリでいなして、
緩斜面に移ったら、即立ち漕ぎしてスピードを乗せて、
それを維持。
これは有効だった。

 

 

時系列グラフ170611

 

 

 

↑時系列グラフでトゲトゲしている箇所が立ち漕ぎ
今までの自分はこんなに立ち漕ぎしませんでした。
ほぼ100%シッティング派。

 

理由は体重が軽くないので、
長時間の立ち漕ぎをすると体力を消耗してしまうから。

 

だけど、数ストローク軽く立ち漕ぎして、
スピード乗せるくらいなら大丈夫だし、

それをやらないとスピードに歴然とした差が出るので、
やらなきゃ損。

 

 

知ってる人には常識でしょうが、取り組んでいない人は是非。
(これで何人かきっと速くなれましたね♪)

 

 

 

 


 

 

 

 

 

【おまけ】

 

DSC_4608

 

 

やっぱ、ヒルクライムのあとはプロテインでしょう!
グリコパワープロダクション「ゴールデンタイムプロテイン」、
味が最高!おいしい!
運動後30分以内のプロテイン摂取がもっとも効果を発揮します。

 

 

DSC_4609

 

 

富士山は登ってませんが、スバルラインは登りましたよ♪

 

 

DSC_4610

 

 

下山後は吉田うどんを頂きました♪
もちもちシコシコでおいしい!

 

 

DSC_4612

 

 

下山装備はこれでもか!の完全装備。
モンベルのゴアレインジャケット上下、
パールイズミのゴアレイングローブ、
フリースの上着を下に着こんで、
参加賞のネックウォーマーも着けて、
五合目はともかく、下り切ると暑いというw
でもほら、雨予報も出てたしね!

 

 

DSC_4564

 

この1年のチャレンジを支えてくれた相棒。
10年間埃をかぶっていたのに、今はイキイキしています。
もし心があるならば、きっと自転車冥利に尽きるでしょう。
自分もこの自転車に感謝!

 

 

 

 

 

2度目となると、ハルヒルの時のように、
単純に喜べないけど、まあブランク10年から
45歳のおっさんが1年で良くやりました♪

 

それもこれも、
パワトレとフィッティング
のお陰です。

楽に速くなりたいのであれば、まずはフィッティング。
費用対効果が高いですよ。

 

そして機材への投資と一緒に、
パワトレで効率の良いトレーニングを。

機材(ホイールとか)とパワーメーター、
もし2者択一だったら、
パワーメーターを先に買って、
パワトレした方が絶対速くなりますよ。

両方買えればベストですがw

 

 

 

 

DSC_4548

 

 

↑@五合目、試走にて。

 

 

 

 

10%チャレンジはこれで終了。
しばらくはまったりします。
ライドログの更新も今までのような
毎週ではなくなります。
(でも乗り続けますよ)

 

 

【予告】
追って、

10%チャレンジ特設サイト
「ヒルクラ10%」
を開設します!
公開しました!
ぜひご覧ください。↓クリック

 

 

ヒルクラ10%バナー

 

一人でも多くの御同輩に、
「楽に・速く・快適に」
を味わってほしいので、
そのためのコツをまとめています。

 

 

 

 

え、ハルヒル50分切り?
富士ヒル75分切り(シルバー)?
まあ、ハーフハーフですね♪

 

 

 

 


 

 

 

 

 

大反響!
パワトレブログ、はじめました。

↓↓↓

 

%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

パワトレ実践編!
速くないからこそ御同輩の参考になる?!
↓↓↓

 

ライドログバナー

 

 

サイズとポジションの悩みは
バイオレーサーで解決!
↓↓↓

 

11012610_1532251457076498_8402670286189270593_n

 


バイオレーサーの最新情報はFacebookにて配信中!
ページへの「いいね!」をお願いします!
↓↓↓

 

FB-f-Logo__blue_72

 

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る