【インドアトレーニング】画期的フローティングシステム採用の3本ローラー!ELITE「QUICK-MOTION」

838
船橋店】渡邉 考一 17年09月16日

q motion top

 

【インドアトレーニング】

画期的フローティングシステム採用の3本ローラー!

ELITE「QUICK-MOTION」


 

【船橋店インドアトレーニングコーナーよりオススメ情報】

 

 様々なタイプがある室内トレーナーの中でも、3本ローラーは自転車に乗る能力を最もバランス良く鍛えることができるタイプです。

 

パワーや持久力だけでなく、「バランス能力」を同時に鍛えることができるのが最大の特徴です。

 

最も一般的な「後輪固定タイプ」のローラー台は、自転車が固定されているという性質上、体の使い方がどうしても実際の走行時と違ってしまいます。

 

その点、3本ローラーはローラーの上で実際に「走る」ので、実走にかなり近いトレーニングが可能です。

 

こう書くと良いことずくめのようですが、3本ローラーには大きな弱点があります。それは実走と同じように「落車」することがあるということです。

 

落車に関しては、ある意味実走よりもシビアな面があり、きれいなペダリングが出来ていないとそもそも3本ローラーに乗り続けることができません(だからこそうまく乗るトレーニングになるともいえます)。

 

このようにトレーニングを始めるまでのハードルが若干高いため、特に初心者の方はローラー台購入の際に3本ローラーを避けがちです。

 

うまく使えれば非常にメリットが多いだけにこれは非常にもったいない、ということで今回ご紹介するELITE 【QUICK-MOTION】の登場です!

 

この【QUICK-MOTION】は従来の3本ローラーに比べて乗りやすさを向上させた商品です。

 

落車してしまう大きな原因の一つが、ペダリング時のトルクのむらによって発生する、前後方向の慣性です。その前後の「ぶれ」を、本体がフローティングして減衰させることによって、落車しにくい「乗りやすい」3本ローラーとなっています。

 

 この機能は初心者の方にはもちろん、3本ローラー上で高強度で「もがく」ようなトレーニングをしたい中、上級者の方にも非常に有効です!

 

オプションの無線ユニットを取り付ければパソコンと連動して「Zwift」もプレイ可能です!

 

3本ローラーに興味はあっても、なかなか購入まで踏み切れなかったという方は【QUICK-MOTION】を試してみてはいかがでしょうか?


 

q motion2

 

 

3段階の負荷調整が可能なマグネット式のユニットを搭載しており、ライダーのスキルに合わせて様々なトレーニングが可能です。


 

q motion3

 

 横方向の脱輪のリスクを減らすため、両端が膨らんだ「つづみ型」のローラーを採用しています。


 

q motion4

 

q motion5

 

【QUICK-MOTION】最大の特徴であるフローティングシステム。

 

本体下部に備えられた車輪状の装置によって本体自体が前後に動きます。これにより自転車の前後の揺れを効果的に減衰させます。


 

q motion

 

 

三つ折りにして場所を取らずに収納が可能。コンパクトかつスタイリッシュな佇まいも魅力的です。


 

 

q motion1

 

 

■ELITE  / QUICK-MOTION

 

主要機能:フローティング機構搭載で「落車しにくく乗りやすい」3本ローラー

実走感:

負荷レベル:

静粛性:

Zwift対応:

 

販売価格:¥49,420+TAX

 

※実走感、負荷レベル、静粛性、Zwift対応の数値はスタッフによる5段階評価です。


 

■インドアトレーニング関連の過去記事はコチラ

 

 

□ZWIFT体験コーナーあります!ローラー台で楽しくバーチャルトレーニング!【ZWIFT通信 Vol.001】

 

□静かなローラーならこれ!ELITE 「KURA」!ZwiftももちろんOK!

 

□ZWIFTやるならコレ!ELITE「QUBO DIGITAL Smart B+」

 

□【インドアトレーニング】負荷連動でZwiftを最高に楽しく!ELITE【RAMPA】

 

□オンリーワンのローラー台!GROWTAC【GT-Roller Flex 3】

 

□携帯性に優れレース会場でのアップにもオススメ! FEEDBACK SPORTS 【OMNIUM】


 

船橋店ではインドアトレーニング用の周辺機器が充実

 

店内には実際に乗って試せる体験コーナーも常設しております!

 

glowtac

一覧へ戻る

Pageの先頭へ戻る