【ZWIFT活動!】8月のライドの○○%はローラーでした♪【9月も絶賛ハムスター中!】

286
ワイズロード本部】永平 宏行 18年09月14日

この度の北海道胆振東部地震、台風21号、西日本豪雨などの災害で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

 

また被災地で懸命な救助を行ない、尽力しておられる方々に深く敬意を表します。

 

 

一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

皆さん
猛暑が去って、

 

 

 

 

快適に走れる季節が
やっと来る!

 

 

 

 

と思った矢先に

 

 

 

 

雨ばっかり

 

 

 

 

ですね...

 

 

 

 

そんな中でも私は自転車乗ってますよ!

 

 

 

ローラーで...(;´д`)

 

 

 

いや違う。

 

 

 

ローラーで♪

 

 

zwf_vts_rgb_pos_blk

 

 

DSC_6822

 

 

 

 

 

8月のライドは15回・640kmのうち、9回・316kmがローラーでした。回数で言うと60%、距離で言うと50%がローラーだったということ。

 

 

ちなみに7月の様子はコチラ↓
【ZWIFT活動!】7月のライドの○○%はローラーでした♪【猛暑なら室内で!】

 

 

 

 

ローラー嫌いを自認する自分ががここまでローラー漬けになった理由とは?

 

すでに別記事で何回か書いていますが、

 

 

 

 

ZWIFT

 

 

 

 

のお陰です。

 

 

ZWIFTについて詳しくはこちら↓

 

ZWIFT小バナー

 

 

【ZWIFT活動!】ローラー嫌いがZWIFT始めてみた【楽しめるのか?俺】

 

 

 

 

もうね、バーチャルライドなんだけど慣れてくるとコースに愛着が湧くほどに楽しく・クセになる、そんなソフトです。いや、ゲームかw 自分はヒルクライム派なので今度はあの山でタイムを〇分縮めてやろう!みたいな。レース派は当然優勝や順位を狙う訳ですね。

 

 

 

 

暑かろうが、寒かろうが、暴風雨だろうが、大雪だろうが、室内で快適にトレーニングできるのがローラー台の最大のメリット。外的要因でトレーニングが中断されません。

 

 

せっかく高めた(高めたい)フィジカルが気象条件のせいで下がってしまった...
なんてことはインドアトレーニングならありません!

 

 

どんなスポーツでもそうですが、速くなったり上手くなったりするためには
「質」「量」もさることながら
「継続性」が大事

間を空けずに「続ける」ことが重要です。

 

 

極論ですが、スポーツはスキルもフィジカルも結局は体を「順応」させることが基本なので、運動習慣を途切れさせないことが能力向上のカギとなります。

 

 

「途切れさせない」ことによる能力向上の効果は、
特に発展途上の初中級者ほど大きいと思います。

 

 

サンデーライダーの皆さんが伸び悩むのはこの「継続性」によるところが大きい。

 

簡単に言うと、

 

 

 

 

平日も走りましょう!

 

 

 

 

ということですw
平日も走ったらサンデーライダーじゃないというツッコミは無しで...

 

 

 

 

インドアトレーニングで、猛暑でも雨でも雪でも継続的に運動して、本番(週末のロングライドやイベント、レースなど)を思いっきり楽しみましょう!

 

 

継続的な運動はダイエットにも効果絶大ですしね!

 

 

 

 


 

 

 

 

 

そんなインドアトレーニングを始めるのに最適なキャンペーンが終了まであと半月となっております!

 

 

Indoortrainingtop

 

 

↑詳しくはクリック♪
もう流石に「暑っ」じゃないですが

 

 

 

 

キャンペーン内容は、

 

 

 




 

 

 

 

● 売価¥30,000(税抜)以上の室内トレーナーなら
    10%分のY'sClubポイントを付与(現外5%)

 

● 売価¥80,000(税抜)以上の室内トレーナーなら
    20%分のY'sClubポイントを付与(現外15%)

 

 

【キャンペーン期間】

2018年8月15日(水)~2018年9月30日(日)

 

 

【対象店舗】

全店舗(ECサイトも含む)

 

 

【注意事項】
・このキャンペーンはトレーナー本体のみが対象です
・メーカー欠品の場合は承れない場合があります

 

 

 

 




 

 

 

 

 

ローラー台は一度揃えてしまえば、

 

 

 

 

春:花粉症でも乗れる!
梅雨:長雨でも乗れる!
夏:猛暑でも台風でも乗れる!
秋:秋雨でも台風でも乗れる!
冬:寒くても雪でも乗れる!
レース・イベントのアップにも使える!
※一部の電源が必要な機種を除く

 

 

 

 

と一年通して活用できます。

 

 

 

バイクのチューンナップも大事ですが、やっぱり自転車のエンジンは乗り手の人間。このキャンペーンでエンジンのチューンナップに投資してみるのはいかがでしょうか。

 

短期的に効果がすぐ出るものではありませんが、「継続」することで数か月~半年、年次単位でじわじわとエンジンが強化されますよ♪

 

 

 

 


 

 

 

 

 

ここからは個人的な話。

 

 

 

 

文中のパワトレ用語については↓こちらで解説しています。

 

パワトレ用語集 

 

 

 

 

個人的に富士ヒル終わると家庭事情と¥の都合で早くもシーズンオフですw
なので、ベースの再構築をテーマにローラーはほぼ全て2× 20minのSSTメニュー。7月からずっと隔日ペースで「とことんSST」です。

 

2018-08-31_0625103

 

 

 

 

8月のトータルTSSは1200くらい。
春先に1500km2500TSSとか稼いでたことを考えると練習量も強度も激落ち君。でも子供の夏休み、帰省、長期出張があったことを考えたら上出来。

 

 

とことんSSTの効果はまだハッキリとは出てませんが少なくともLTまでのパワーは落ちてないし、L3L4に厚みが増した気はしてます(厚みって何だ?!)

 

 

 

 

その証拠に。

 

screenshotshare_20180819_141329

 

 

マイ峠のタイムもベストから26秒落ちで済んでます。体重が5kg激増しているにも関わらずw

 

 

 

 

ZWIFTでも、VOLCANOでKOM獲ってジャージゲット!

 

 

2018-09-09_07004810

 

2018-09-09_07233314

 

本当に速い人は6分台なのでまだまだ。
時間帯マジックに負う所が大きいです。
(時間帯と今走ってる人ごとに更新される仕組)
それでもKOM獲れると素直に嬉しいですね。
おっさんとしては年代別で評価してほしいw

 

 

2018-09-14_06042310

 

 

今朝も(時間帯マジックで)VOLCANOのKOMゲット!
そしてQOMの方と揃いのジャージでランデブー♪
なかなかのレア画像だ(^-^;
健康的過ぎるバーチャル不倫だなw

 

 

 

 

と、練習量(距離)が平均1000kmから平均600kmに減ってもそこそこのパフォーマンスを維持できているのは、

 

 

 

 

ローラー台と
ZWIFTのお陰です!

 

 

 

 

 

 

今は長~いオフシーズンなので、とりま3か月、9月一杯まではとことんSSTを続けて見ようかと思います。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

トレーニングのはじめの一歩。
まずはここから!
↓↓↓

 

脱ビギナーバナー

 

 

 


大反響!
パワトレブログ、はじめました。

↓↓↓

 

%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

 

 

 

低脚のおっさんは1年で上位10%に入れるのか?
目指せパーソナルベスト!
↓↓↓

 

ヒルクラ10%バナー

 

 

パワトレ実践編!
速くないからこそ御同輩の参考になる?!
↓↓↓

 

ライドログバナー

 

 

サイズとポジションの悩みは
バイオレーサーで解決!
↓↓↓

 

facebook2-300x111

 

バイオレーサーの最新情報はFacebookにて配信中!
ページへの「いいね!」をお願いします!
↓↓↓

 

FB-f-Logo__blue_72

一覧へ戻る

ワイズネタてんこ盛りのコーナー "Y's Roadは一日にして成らず"

下記のコンテンツ要チェック!!クリックするとポータルサイトへ移動します

ワイズコレクション

最新の投稿

05/25 12:18

お茶の水レディース館

詳しく見る

ワイズロードスタッフストーリー

最新の投稿

05/25 09:00

横浜店

詳しく見る

ワイズの選べる試乗車サービス

最新の投稿

05/14 23:55

ワイズロード本部

詳しく見る

  • Y'sRoad監修"ブランドカタログ"

Pageの先頭へ戻る